季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

ハローウィンについて

ここ数日、「東京ではハローウィンが人気で盛り上がっています~」とニュースに出ているのを見て、いつのまにかハローウィンが行事化されていることに驚いた。

でも、あの騒ぎは、一体何だろう。
異世界、魔の道を開けて何になるのだと思っていると、それが目的で盛り上げている人がいると言う。

なるほど、盛り上がっているのはマスコミとその一部だけ。

魔の道を無理やり開いたものの、生かされない場合、東京は、特に”掃除”が機能しているから、数日くらい経てば塞がってしまうのではと思う。

日本人は、あのハローウィンに惑わされてはならない。
あの盛り上がりに加わって欲しくないと呟いてみる。

三笠宮殿下薨去す(※10/31 追記)

今朝、時計の針が早く進むという夢を見た。

※10/31 追記 
気がつくと、真っ白な壁で囲われた洋室にいた。
ここはどこだろうと思って見まわすと、右端にいつの間にか鳥の壁時計があったことに気づいた。
近寄って見ると、時計の針は8時35分ぐらいを指している。
と思ったら、急に針が進んで止まらない。
(短針や長針が、勢いよく右回りにぐるぐると回っている)




三笠宮さま逝去 「斂葬の儀」11月4日
 2016/10/27 23:02 日本経済新聞

 宮内庁は27日、同日朝に亡くなられた三笠宮崇仁(たかひと)さまの本葬「斂葬(れんそう)の儀」を11月4日に執り行うと発表した。喪主は妻の百合子さま(93)。天皇、皇后両陛下は27日夕、三笠宮さまのご遺体が安置された東京・元赤坂の宮邸を弔問された。

三笠宮さまは昭和天皇の末弟で、天皇陛下の叔父。27日朝に入院先で容体が急変し、午前8時34分、医師が逝去を確認した。100歳だった。
 皇位継承順位は5位だった。逝去によって皇室は19人に、皇位継承資格者は皇太子さま(56)、秋篠宮さま(50)、悠仁さま(10)、常陸宮さま(80)の4人になった。宮内庁の山本信一郎長官は27日の記者会見で「皇族の減少といった問題が現在の皇室には存在し、大きな課題だ」と危機感を表明。制度に関わる問題だとして「政治、国会の場で検討してもらうことになる」と述べた。

 斂葬の儀は皇室墓所の豊島岡墓地(東京・文京)で営まれる。ご遺体は火葬後、同墓地内に埋葬される。

 三笠宮さまの逝去を受け、天皇陛下は27日午後に予定していたフィリピンのドゥテルテ大統領との会見を取りやめられた。11月1日に天皇、皇后両陛下が主催予定の秋の園遊会も中止となった。両陛下は7日間、百合子さまは90日間、喪に服される。



昼頃にニュースを知り、夢はその事かと納得した。

三笠宮殿下の死で、時が早く進められ、物事が明らかになる。

というのも、色んな意味で、三笠宮殿下がフタになっていた状態だから。
三笠宮殿下がフタしていた分、時間が早く進められる。

さっそく、変な「生前退位」→昔からある「譲位」に変わる動きが出た。
2016.10.28 06:47 「産経新聞は今後、「生前退位」ではなく「譲位」とします」とする記事を出した。
産経ニュースより

朝日新聞も。
2016.10.29 08:40 「朝日新聞は「生前退位」から「退位」表記に 広報部「内容に応じてふさわしい言葉を」」
産経ニュースより

ここで、色んなのが出るかもしれないので、念のために書く。

天皇陛下のお言葉に、「皇太子に譲位したい」という言葉は無かった。

天皇陛下は、終生天皇であるという形をお示しになられつつ、崩御した後の皇位継承について、生きているうちに決めたいというご意志があり、譲位(皇位継承)の話をされた。

天皇陛下→浩宮と順当に継承されるんであれば、天皇陛下は「譲位したい」で終わるはず。

わざわざ、「誰に譲位したい」とおっしゃったなのならば、その誰かは浩宮以外の皇子である。

浩宮をすっ飛ばして、その皇子殿下に譲りたいというご意志があるということ。

すなわち皇子殿下=秋篠宮殿下のことである。


摂政は要らないという考えも、2つある。
①浩宮の摂政は必要ない。
②が、皇子殿下の摂政ならば構わない。
若宮殿下が幼い為、皇子殿下が摂政→皇太子に即位→登極という道を望まれている。

皇位継承者について、三笠宮殿下がお隠れになってあと男性皇族が3人と言われようが問題なし。
天皇陛下を除くと、常陸宮殿下、秋篠宮殿下、悠仁殿下の三人。
まだまだ大丈夫。

浩宮は、圏外につき、除く。
事実上廃太子だが、皇太子の位のまま亡くなる。

そもそも、100歳の三笠宮殿下に皇位が回ることってあり得ない。
不謹慎だが、いつお隠れあそばすか分からないんだから。



最後に、オリンピックメダリストが来る予定だった園遊会が中止になり残念。
でも、雅子さん廃妃!コースには変わりなし。







負のブーメランが返る

皇后陛下の揚げ足を取る人達は、

「A級戦犯」
「祭祀簡略化」
「秋篠宮がタイに愛人がいる」
「皇后が操っている」

などの言葉を使うから分かりやすい。
これらの言葉に惑わされませんよう注意願う。

忠告しておく。
天皇皇后両陛下、秋篠宮家の守りは固い。

揚げ足をとったり、批判したり、言葉汚くののしったりしても、無駄。

度を過ぎた言葉や行為は跳ね返され、直接、ブーメランとなって返るよ。




以上、断末魔の叫び、悪あがきってことで、放置しておく。





お見舞い申し上げます

鳥取地震に遭われた方にお見舞い申し上げます。

テレビや他の皆さんも言っていると思いますが、大きな地震に注意して欲しいと思います。


今さらかもしれないが、今、日本がある所もそうだが、地球が活動期に入っている。
なので、発生する全ての地震が八百万の神々に関係あるとは限らない。

地球という星の中で生きる以上は、自然と向かい合い、共存していくことが必要だからである。
私たちとしては、自然に畏敬の念を持ち、生かされていることの意味を考えながら、災害が起きても被害が最小限になるよう工夫し続ける必要がある。
なぜ、自然災害の多い日本に生まれたか、今の日本に生まれたかの意味も考えて欲しいと。

大丈夫、共に頑張りましょう。


共存共栄が理想だなと思っていると、一瞬ではあったが、御簾越しに天皇陛下の祭祀のビジョンが浮かんだ。
天皇陛下の祈りがあって、被害が最小限になっているそうだ。
今、地震が発生しても、最小限で済んでいるのは、天皇陛下の祈りがあるからだと聞かされた。

天皇陛下、ありがとうございます。

私も災害が発生しても最小限になるよう祈りたいと思う。

負けない、頑張りましょう。


おやすみなさい。
皆さんに良き日が多くありますように。

岩手訪問



雅子さま、岩手訪問取りやめ=愛子さま看病続き―宮内庁
時事通信 10月20日(木)16時30分配信

 宮内庁東宮職は20日、皇太子妃雅子さまが21日から2泊3日の日程で予定していた第16回全国障害者スポーツ大会出席のための岩手県訪問を取りやめ、皇太子さまが1人で訪問されると発表した。
 体調不良が続いている長女愛子さま(14)=学習院女子中等科3年=に付き添っており、東宮職医師団が現在の雅子さまの体調では難しいと判断したという。
 東宮職によると、愛子さまは先月26日以降、学校を休み、今月18日からの中間試験も欠席した。雅子さまは看病をしながら公務に取り組んできた疲れが出ており、岩手県を訪問できないことを残念に思っているという。
 皇太子ご夫妻は20日、皇居で行われた皇后さまの誕生日祝賀行事に出席。未成年の皇族が御所でお祝いのあいさつをする行事もあったが、愛子さまは欠席した。 


出る予定ではなかったのに、出ることになった。
と、思ったら、今度は愛子さんの看病を盾に、岩手は前日キャンセル。
看病は口実で、雅子さんに愛子さんを思う母の心はないよ。

キャンセルは、岩手で、欲しいと要求した食品を断られ、ぶんむくれた。
表向きは購入だが、実態は強奪に近い。

岩手は大変だが、いつも通り雅子さんが来るパターンと来ないパターンの2つを作成済みなので、大丈夫。
とはいえ、プランの変更なので大変なんだけれど、浩宮1人でいいよ。

«  | HOME |  »