季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

仕事の事もあり、しばらくブログをお休みしていた。
少しずつ更新していこうと思う。


リオオリンピック日本代表選手の活躍が、とても素晴らしかった。
諦めずに立ち向かえば夢は叶うのだと、改めて感じた。
それと、「安倍マリオ」に感動して涙が出た。

でも、2020年(平成32年)に東京オリンピック開催できないんだよね。
日本の事だから、詳しく言えないけれど、これは確か。
でも、開催の時期がズレるだけで、東京オリンピックは開催されるから大丈夫。

君が代のように、一人一人皆が日本が上に上がるのを意識して、前を向いて生きて行こう。


今年は、夏が短いが、台風の通りがいつもと違う。
余り台風がこない北海道が大変な被害に見舞われている。
お見舞い申し上げます。


まとまりのない呟き

テレビで情報操作しても、インターネットがある限り、真実に突き当たる。
突き当たった者から人へと伝わり、真実が明らかとなる。

インターネットは、光でもあるが、光に紛れて闇も動いているので、情報取捨選択に要注意である。

浩宮夫妻では、日本を支える柱を立てられない。
一応皇太子とその妃殿下という立場でありながら、身魂を磨かなかった。
太陽のように明るく、清らかで穢れなき、清く真っすぐで偽りのない心や体でいることを放棄した。

日本を支える柱を支える天皇皇后両陛下に続き、秋篠宮同妃両殿下も柱を立てて支えられる事ができる。
それは、身魂を磨いているからである。

ふいに、前に書いた記事を思い出した。
「上がりて下がりてゆく末に」

日本が、民が、上に上がって欲しくないから、情報操作する。
不安を煽り立て、争いを生み、憎しみを作る。

それらに引きずられてはならない。

つとめて上を意識し、身魂を磨く。
「上がりて下がりてゆく末に」に書いた真の心とは、太陽のように明るく、清らかで穢れなき、清く真っすぐで偽りのない心である。

生きている限り、真の心であろうとするのは、難しいことだが、真の心に近づくようにつとめるのも大切だと思う。

一つの光が、新たな光を生み、繋がることを意識していく。
意識が、人を作る。

おやすみなさい。


「ポケモンGO」

話題になっている「ポケモンGO」、危ないね。

ゲームはゲーム
現実は現実

と、しっかり線引きして欲しい。

ゲームに夢中のあまり、危険な目に遭って怪我とか色んなニュースが入っている。
危ないと注意を促しながらも、流行になっているから取り上げるというテレビが多いが、もっと取り上げるニュースはあるはずだ。
東京都都知事選挙とか、もうすぐ開催されるリオオリンピックとか、中国とかね。

私には、テレビがあおりまくっているようにしか見えない。

生きているのだから、ゲームより、現実。
スマホを鞄にしまい、街歩きを楽しみ、今の季節を感じていこうと言ってみたい。

最後に、街歩き中に撮った芙蓉です。
9Zoinhcp1.jpg


皆さんも、家の戸締りなど用心されますよう、そして、お体の調子を崩されませんよう気を付けて下さいね。

日本の生前譲位は海外王室とは違うのだ

思いがけず、時間が取れたので頂いたコメントに返事をしたのでよろしくです。

NHKだけでなく、各テレビ局も、天皇陛下の「生前譲位」を報道しているね。
その中で、生前譲位について「確かなニュースソースはないですけども」って言ってた番組があった。
確かなニュースソースもないのに、報道するの?
頂いたコメントにもあったように、このような問題は芸能人のスクープと違って軽々しく報道するものではないというのに。
不快感でいっぱい。

また、陛下の誕生日会見や文書のお言葉から、所々抜粋し、「生前譲位」の意志が見えるでしょ?!と繰り返し報道する。
そこが、嫌らしい。

また、ニュース記事でも、ソースは「政府関係者」「宮内庁関係者」ってあるが、分かっている人はこのような重要な問題を漏らさない。
本当に決まったのであれば、内閣も宮内庁もすぐ認めるよ。
だから、「政府関係者」「宮内庁関係者」=小和田さんたちではないのか。
そう言えば、東京にいるみたいだね。

ということは、クーデターの一種か。
こうやって、外掘を埋めれば、陛下が退位を決めるとでも思うのか(呆)

海外王室と違い、陛下の生前退位や崩御は、元号が変わるなど国民の生活、ひいては日本に多大な影響を及ぼす。
公私混同をなさらない陛下が、生前退位していく海外王室を例にして自分も高齢だからと生前譲位を決めるとは思えない。
200年前の例にならい、譲位というのも無いね。
ましてや、昭和天皇のお姿を見てこられた陛下にとって、「生前退位」は考えられないのでは。
終生、天皇であり続けるだろう。

結局、この「生前譲位」ニュースを作り上げた人は、天皇というものをよく分かっていない。
周りから「生前譲位」と騒がれれば、陛下が退位すると思っているのかな。
天皇陛下は、地位を投げ出すようなお方ではない。

なるほど、小和田父は、藤原道長気取りでいるのか(呆)

これも、ブーメランとなって返ってくるというのに、まだ分からないとは、呆れる。

元々、水面下であった愛国派VS売国派の戦いが表に出てきた。
決着はつくので、心配いらない。
それでも、心配だったら、天皇皇后両陛下への感謝、ご長寿を祈れば良い。
真の光を取り戻した日本が上に上がるをイメージしながら、天皇皇后両陛下、秋篠宮両殿下のことを思い、祈るのもまた良い。


I1273hinoki.jpg

選挙(※7/9追記)

テレビでは、リオオリンピックと、都知事選のことが沢山ニュースになっているね。

東京都を、都民の事を考える人が都知事になって欲しい。
けれど、肝心の立候補者が、利権や自分の事を考えてばかりでは、どうしようもない。
パフォーマンスなど、要らない。
タレント枠なんていうのも要らない。

選挙に関して、一つある。
私は、テレビや写真を通して、違和感を感じる人には投票しないことにしている。
一応、ネットで調べて、その人の政策、言葉を見るけど、やっぱり違和感がぬぐえない。

逆に言えば、この人ならと思う人、もしくは、違和感がない人に投票する。
こちらも、ネットで調べて、政策などを見て判断する。

今回は、見るまでもない。
皆、違和感が沢山ある。

たかが”感”、されど”感”

”感”とは、これまで重ねてきた経験からくる”感”など色々ある。
私の場合は、直感からくる「感」というもの。

皆も、”感”を大事にしつつも、政策など情報も取り入れることをお勧めする。

党は、どうかって?

まともな日本人なら、七年前の民衆党政権のことを覚えているはず。
あの悪夢の三年(2009~2012)は、民主党に任せたらどうなるかと勉強になったと思いたい。
自民党に入れた私でも、悔やまれる三年だった。

現在、民主党→民進党に名前を変えているが、中身は変わらない。

一方で、自民党にも色々あるが、自民党しかない
個人的には、安倍さんが頑張っている限り、自民党に入れたい。
その後は、また考える。

まずは、参院選
10日、投票に行く。

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。