季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅子さんの枕詞

雅子さんが出るたび、使いまわされる枕詞一覧。
(後でまた追加するかも)

「○年ぶりに~」
「ご体調を整え」
「○○に雅子さまも出席」


例えば、毎年開かれているお茶会に、出席して当たり前。
宮中晩さん会があれば、出席して当たり前。

なのに、体調がーアタクシ病気なんですのと逃げ続け、出ない雅子さんが出るだけで、
「○年ぶりに~雅子さまも出席」って報道するの?

逆でしょ?メインはお茶会や宮中晩さん会であって、雅子さんはメインじゃない。

あれだけ、「11年ぶりにご体調を整えられた雅子さまが宮中晩さん会に出席~」と報じたものの、園遊会は休み。

園遊会「22年も連続欠席」なのに。

晩さん会に集中して体調を整えたっていうなら、園遊会もできるはずだよね?

つまり、どの公務もやる気になれば出られるってことだよね?

「体調の波で~」は、雅子さんが嫌なことから逃げる都合のいい言い訳。
嫌なことから逃げ続ける雅子さんを、持ち上げるマスコミが分からん。

こりゃダメだ。

公務している皇太子さんと雅子さんを見るたび、「公務とは受け身だ」とおっしゃった秋篠宮殿下の言葉が年々重く感じる。

殺到する公務の依頼にできるだけ答えようと日本津々浦々を巡っていらっしゃる秋篠宮両殿下。

だからこそ、自然と国民の心が秋篠宮ご一家に向いていくんだよ。

公務先にお土産を請求し、天皇陛下でもなさらない大きな交通規制を敷き、台本ありの公務ロケを周りに強いる東宮夫妻に誰が次代はこの方だと頼もしく思えるだろうか。
誰が敬愛するだろうか。

一昨日の園遊会の秋篠宮殿下
enyukai14.jpg
厳しい顔をされている秋篠宮殿下の顔が、どことなく先帝陛下を思い出させる。
そう思うのは、私だけだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。