季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

満ちるもの

久しぶりの秋篠宮ご一家の様子に癒されています。

秋篠宮殿下、紀子妃殿下の守りは前より強くなって、清浄な気で満ちています。
清い空気と言えば、この写真を思い出しました。

199211n.jpg
1992年1月1日 元日発表された両陛下画像です。

先帝陛下も、両陛下や秋篠宮ご一家をお見守りなさっているご様子。


それと、私が見た事と現世に相違が出ています。
あちらとこちらの時間の流れが違うのもありますが、書いてもひっくり返されるようなのです。
上の方で、せめぎ合い、ひっくり返さんとする動きがあるということです。
決まった大本はひっくり返さんとしても難しいと思うのですが、
しばらく、書かないほうが良いみたいです。

当分、焦らず、静かに見守っていきましょう。

スポンサーサイト

コメント

安心しました

和月さま

秋篠宮様御夫妻の守りが強くなっていると知っただけで、もうそれだけで安心しました。
こんな事でどうなるのだろうと、祭祀をしない方々で、日本は守られるのかと、報道を見ると誰でも不安になります。

でも、和月さまの記事を読んで安堵しました。

和月さまの記事を心待ちにしています。

初めてコメント致します。

初めまして。これまでお邪魔してもずっと拝読するだけでしたが、初めてコメント致します。
いつも和月様の書かれる文章には心が洗われ、凪ぐような思いをさせて頂いておりました。昨年晩秋から寂しい思いをしておりましたが!本日更新されているのに気付き、心から嬉しさというか安堵というか、安らぎを頂きました。ありがとうございます。
実はつい先ほど、かねがね読むまいと思っていた、以前少し両陛下に批判的な内容に転じつつあると感じていたブログを、本当についうっかり読んでしまったのです。その内容たるや今や批判どころか、論理的批判に見せかけ口を極めて両陛下を罵るような内容のものになっていて、読んでしまった瞬間に心が嫌な感じに傷ついて荒れていくのを感じていたところ、偶然にも和月様がブログを更新なさっている所へたどり着けたのです。文章を拝読しているうちに、心がすうっと洗われ、凪いでいき、浄められていくのを感じました。本当にありがとうございました。
今後はまた和月様の文章が紡がれるのを待って、またお邪魔するようにして、他の嫌な雰囲気のする所には行かないようにしようと思います。
初コメントで長々失礼致しました。救われた思いをお伝えしたくて。お目汚し、申し訳なく思います。

Re: 安心しました

いーちゃん様

伊勢神宮での秋篠宮殿下の写真を見た時は、武人の守りがついていらっしゃいました。
今は、ご一家も含め、さらに守りが強化されているようです。

それと、秋篠宮両殿下が東日本大震災6年目の追悼式に出席されたことは大きいです。

確かに現況に不安を覚えますが、人心を無視した公務をして祭祀はしない方々には天皇皇后は務まりません。
天皇陛下を始め、安倍首相は次代を見据えて動かれています。


コメントありがとうございました。

Re: 初めてコメント致します。

澪様

初めまして。
仕事の都合で突然お休みしたので、申し訳ありませんでした。

当ブログを読んでそのように感じて頂いて嬉しいですが、ちょっと照れくさいです。
でも、たくさん読んで下さってありがとうございます。

更新は、少しずつになると思いますが、また読みにいらしてくださいね。

コメントありがとうございました。

お待ちしてました

久しぶりに来てみたら…更新されてる!
思わず嬉しくなりました。
お仕事大変ですね。どうかくれぐれもご自愛ください。

そうですか…今は現実に起きている様に刮目すべしということなのでしょうね。

また和月さんのお話を伺えるのを楽しみにしております。
失礼いたしました。

Re: お待ちしてました

やすし様

長くお休みして申し訳ありませんでした。
ありがとうございます。
少しずつ更新になると思いますが、また読んで下さいね。

そうです、皇室や政治、国際のニュースは刮目ですね。

コメントありがとうございました。

おかえりなさいませ

和月さま、お元気で本当によかった。
またこうして和月さまの言葉に触れることができ、嬉しく思います。
これからも美しく力ある言葉を紡いでいってください。

Re: おかえりなさいませ

凛様

長くブログをお休みしたことで、心配おかけして申し訳ありませんでした。
そう言って頂いて嬉しいです。

少しずつ更新していきますね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |