季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

賀茂別雷神社・賀茂御祖神社のご祭神について

wikiなどや色々見られる話しとちょっと違うかもしれないが、私が知っている話を書く。

ご祭神について

○カモタケツノミノミコト(加茂建角身命)
神武天皇の東征に伴った。伊賀古夜比売(イガコヤヒメ)を妻とし加茂の地に定住した。
その子 玉依比売(タマヨリヒメ)とともに加茂三社に祭る。

●イガコヤヒメ(伊賀古夜比売)
加茂建角身命(カモタケツノミノミコト)の妻。
賀茂神社に祀る。

○タマヨリヒコノミコト(玉依彦命)
加茂建角身命(カモタケツノミノミコト)の子。

●タマヨリヒメ(玉依比売)
加茂建角身命(カモタケツノミノミコト)の子。
丹塗り矢によって賀茂別雷神(カモワケイカズチノカミ)を生む。
〔賀茂神社=下賀茂神社のご祭神〕

◎カモワケイカズチノカミ(賀茂別雷神)
玉依比売(タマヨリヒメ)と丹塗り矢によって生まれた子。
丹塗り矢が大山昨命(オオヤマクイノミコト)の化身であったということから、大山昨命(オオヤマクイノミコト)が父と言われている。


-----------------------------------------

カモタケツノミノミコト(加茂建角身命)一家の話。

カモタケツノミノミコト(加茂建角身命)が神武天皇の東征に伴って軍を率いて大和にいた。
東征の時に、カモタケツノミノミコト(加茂建角身命)は、ヤタガラス(八咫烏)に姿を変えたという。

大和葛城→賀茂に移り、さらに川を遡って久我の北方の山本というところ(加茂神社の所在地)に移ってお住まいになった。

イガコヤヒメ(伊賀古夜比売)を呼び寄せて住まわせ、タマヨリヒコノミコト(玉依彦命)とタマヨリヒメ(玉依比売)が生まれた。

あるとき、タマヨリヒメ(玉依比売)が川のほとりで遊んでいると丹塗り矢が流れてきたので拾い上げ、家に持ち帰って、床のところに刺しておいた。
それがもとで懐妊して、男子(カモワケイカズチノカミ(賀茂別雷神))が生まれた。

男子が大きくなった時、祖父のカモタケツノミノミコト(加茂建角身命)が宴会を催した。
祖父のカモタケツノミノミコト(加茂建角身命)が、男子に「お父さんと思われる方にこの酒をつぎなさい」と言いつけた。

男子は酒杯を取り、天に向かってお祈りをはじめ、屋根を突き破り、天に上った。

屋根を破って天に昇られたので、祖父の名を取りカモワケイカズチノカミ(賀茂別雷神)と申し上げた。

-----------------------------------------
賀茂御祖神社・通称下鴨神社は、カモワケイカズチノカミ(賀茂別雷神)の母と祖父が祀られている。
その為、賀茂御祖神社と言う。

ご祭神
母・タマヨリヒメ(玉依比売)
祖父・カモタケツノミノミコト(加茂建角身命)


賀茂別雷神社・通称上賀茂神社は、カモワケイカズチノカミ(賀茂別雷神)を祀っている。
-----------------------------------------
賀茂別雷神社・通称上賀茂神社について、こんな話がある。

欽明天皇(539~571)時代、天候不順で作物の生育が悪く、農民の疲弊があったことを心配した天皇が神官に占わせた。
その結果が、賀茂大神の祟りであると出る。

ただちに手厚く祭祀を行った。すると、天候不順はなくなり、晴雨のサイクルが回復して、五穀豊穣となったという。

それ以来、賀茂神は祈雨(きう)・止雨、河川・治水神、農業・産業開発の守護神として崇敬を集めるようになった。

その後、桓武天皇の平安遷都の際、平安京の守り神として信仰された。

-----------------------------------------

天皇陛下が賀茂御祖神社、賀茂別雷神社に行かれるのは、神社の由縁もあるし、
・神武天皇と関わりがある
・毎年葵祭に勅使を使わしている
・去年、遷宮があった
もあるからかなと思っている。


参考資料「神話伝説 神・仏の戸籍しらべ」より
古い本だけど、神々や仏さまの由来を知りたいときは、この本が参考になる。
「古事記」



スポンサーサイト

コメント

産経新聞の記事で28年11月の「新嘗祭に」ナルを皇位に継がせる儀式を行う事が決まったと出てます。結局は順序通りに進むんですよね?なんかまるで早くナルを天皇にさせたい様に仕向けてる様に見えました。あーがっかりです。

産経新聞の記事を見たとき、凄くどうしようと焦り、思わずコメントしてしまいましたが、冷静に良く考えてみるとナルに即位なんてあり得ないと思いました、おかし過ぎるから、それに皇室と日本を神様達や英霊が守っていらっしゃるからと。この騒動を引き起こして混乱や怒りを起こした人達には当然のブーメラン来ますね。

Re: タイトルなし

ゆきうさぎ様

私も読みましたが、疑問だらけです。
「30年11月に大嘗祭」ですが、そこがなぜクローズアップされるのか?
仮に天皇陛下が生前退位するならば、平成30年に「即位の礼」と出るはずですが。

色々考えながら読んでいくと、「悠紀殿(ゆきでん)」と「主基殿(すきでん)」をご覧になった秋篠宮両妃殿下のことが思い浮かびます。

次代は間違いなくお二方に受け継がれるので、大丈夫です。
浩宮夫妻ではないです。

そうです、ブーメランが来ますよ。

コメントありがとうございました。


和月さま、いつもありがとう御座います。
和月さまの記事を読むといつもホッとした気持ちになります。
ありがとう御座います。
賀茂別雷神社と賀茂御祖神社を詳しく教えて頂きまして誠に有難う御座いました。
私は、長く生きているのに、ほんとに知らないことばかりです。
今週末には天皇皇后両陛下が御参拝なさいますので、テレビのニュースを楽しみにしています。
有難う御座いました。

購入しました

紹介されていた「神話伝説 神・仏の戸籍しらべ」をAmazonで購入しました。
国語辞典のように解説がぎっしりとつまっていて、様々な神様・仏様が網羅されているので、持っていると安心できますね。適当に開いたページを読むのも楽しいです。
中古品ですが、運よく非常に良い状態のものを入手できました。
また、記事にするきっかけがございましたら、和月様がよく使っておられる本や、お勧めの本をご紹介頂けると勉強になります。

Re: タイトルなし

いーちゃん様

いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます。

世の中に、知らないことはたくさんあります。
今まで知らなかったことを知るということは、一種の出会いですね。

私も、天皇皇后両陛下のご参拝のニュースを楽しみにしています。

コメントありがとうございました。

Re: 購入しました

dyna様

お買いになったと知り、ビックリしました。
古い本なので、もう無いかなと思っていましたが、Amazonは、なんでもありますね。
しかも、状態が非常に良いものをお買いになられて良かったです。

読むのが楽しいとコメントを頂いて、嬉しいです。

私がお勧めして良い立場のかどうか分かりませんが、良い本に巡り合って皆さんと分かち合いたい時がきたらこっそり載せますね。

コメントありがとうございました。

Re: 購入しました

和月さま
返信と、追加での本のご紹介ありがとうございます。
こちらのページにコメント致します。
近くの図書館で予約できましたので、早速明日に見てきます。
Amazonは絶版の本を探すのに重宝しています。
販売中の本のカスタマーレビューも参考にするのですが、あまり当てにも出来ないと実感しました。
例えば今回の「知られざる皇室」はレビューが投稿されていないので、ご紹介がないと、良い本だと知ることが出来ませんでした。
明日はネットではなく、活字からの情報を得る一日にしようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |