季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

プーチン氏から名刀

プーチン氏から名刀、首相から鎧甲…記念品交換
2016年09月03日 07時14分 読売新聞
 
ネットでも言われているが、ロシアのプーチン大統領が安倍首相に贈り物をした。
その贈り物が、昭和天皇の即位の礼で用いられたという刀。


【ウラジオストク=寺口亮一】2日の日露首脳会談では、安倍首相とプーチン大統領が記念品を交換した。

 プーチン氏は1928年(昭和3年)に昭和天皇の即位の礼で用いられたという名刀1振りを、首相は鎧甲を贈った。

 ロシア側の説明によると、刀は即位の礼に用いられた12振りのうちの1振り。戦後、米国、オランダに流出したものをその後、ロシアが入手したという。

 プーチン氏が「これ(鎧甲)を身に着けて仕事しようか」と冗談を飛ばすと、会談に同席した世耕・ロシア経済分野協力担当相が「首相がこの刀を職場で使わないようにしてほしい」と応じ、笑いを誘った。



刀の流出ルートは、戦後、アメリカ→オランダ→ロシア。
どういう経緯で流出したかが分からないが、残りの11振りは、皇室にまだ残っているのかが気になる。

今回の刀のプレゼントは、誰もが感じると思うが、「返還」という意味合いが強い。

今年は、本当に色々あるなぁ。

また台風ができたようです。
皆さんも、気を付けて日々をお過ごし下さい。

最後に、大雨被害、土砂災害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

コメント

粋ですね〜

プーチンさんは粋な事をなさいますね。
ても、そんな貴重な国の宝が日本に戻って来るなんて、本当に嬉しい事です。
プーチンさん、有難う御座います。
プーチンさんに座布団一枚です。
うちから贈った夢ちゃんは元気でしょうか。
賢い子だから、きっと可愛がられているのでしょう。

オバマさんともプーチンさんとも仲良く出来るなんて、日本だけですから、羨ましいなぁと地団駄踏んでる国もあるでしょうね。
日本がラッキーなのは、きっと皇室という存在があり、神様が守って下さる国だからですね。
和月さま、素敵なお話を有難う御座いました。

Re: 粋ですね〜

いーちゃん様

国の宝が戻ってくるのは嬉しいですが、プーチン大統領は油断のならない人ですので、複雑です。

ラッキーというか、恵まれているのは島国だから他国の干渉を受けにくかった。
皇室の元に、独自の文化を育んだことが良かったからかもと私は思います。
オバマ大統領やプーチン大統領と対等に接できるのは、安倍首相だからだと思います。
安倍首相は、通訳を介さず、英語でお話しになるそうですから。
忌憚のない話ができて、お互いの意図をくみ取ることが可能と思います。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |