季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下のお言葉について②

天皇陛下は、国民に寄り添い、終生天皇であると明言されている。
にも関わらず、「生前退位」のご意志ありと騒ぐマスコミ。
なんがなんでも、天皇陛下に退位して欲しい勢力がいることが分かる。

もし、仮に譲位されたら、身位はこうなる。
太上天皇>天皇>皇太子
譲位しても、太上天皇を"陛下"と呼ぶことになる。
反勢力は、そこを理解していない。

国民に負担をかけず、スムーズに皇位が秋篠宮殿下ー悠仁殿下に行くよう願われている。
昔から続いている儀式=「大喪の礼」「即位の礼」。
現代では、その儀式に加え、海外からの弔問客及び祝う客に対応しなければならない。

手順、流れをしっかり理解し、きちんと動ける皇族が必要。
恐れ多いが、天皇陛下が崩御された時、眞子さまと佳子さまが降嫁していたら、動ける皇族が足らない。

記憶力がある秋篠宮殿下なら、きちんと差配なさり、動けると思う。
一方、浩宮は能動的ではないから当てにならない。
先帝陛下が崩御なさった時の浩宮のエピソードがある。
家族で話し合われた時、「後はよろしく」とさっさと下がろうとして、紀宮さまに「無責任ですよ」と厳しくたしなめられたと。
このように難しい話は「後はよろしく」で逃げるから、もしもの時、手順を側近に指示されない限り、後はよろしくと秋篠宮殿下に任せるのが想像できる。

昭和天皇が死後の事を思われたように、今上陛下も様々なことをお思いになったと思う。
火葬にするのも負担を減らす為だったね。
私としては、一応身内の人に呪術を使う者がいるから後を任せられないと思った。
ソウカ、売国奴が入りこんでいる宮内庁だし。
ついでに言うと、初めて火葬にしたのは持統天皇。
なぜ火葬にしたのかを考えると、古代は油断も隙もない時代と分かる。
ご遺体を悪い呪術に使われたらたまらない。

話を戻す。
昭和天皇が「東宮ちゃんがいるからね」と言った時と違い、今の東宮は機能不全に陥っている
機能不全の東宮では、天皇は務まらない。
「生前退位」報道の前後から、浩宮夫妻が一家で動いているが、国民の為にではなく自分の為に動いている
浩宮、しんどいだろう。

2年持つかなと思っていたら、こんな夢を見た。
『浩宮、平成○○年○月逝去』と新聞に見出しが出ていた。
○○年のところが、うっすらと見えるような見えないような感じで、じっくり読もうとしたら、そこで目が覚めた。

悔しい。

やっぱり、天皇皇后両陛下が息子を見送ることは確定。

2年と言えば、天皇陛下も「平成30年」とおっしゃったね。
衆議院議員総選挙がある年でもあるし、
ネットで言われているように、平昌冬季オリンピックに関して何かがあるのか。

ともかく、国民と政府に対して2年という期限を設けられた。
そんな気もする。


皇位は天皇陛下のものではない。
天照大神からの預かり物であり、天と国民の橋渡し役だ。









スポンサーサイト

コメント

激しく同意します。終生天皇であらせられ、皇祖神からの預かりものである皇統を守り抜く後決意と拝察いたします。

正しい方向に進みますように

いつも拝見しておりました。
今回の陛下のお言葉は、まるで鏡のように読む者によって捉え方が違いますね。
日本語の美しさと難しさを感じました。

和月さまの書き込みに、以前見た夢を思い出しました。
夢の中で、砂利の広場から禍々しい黒い馬車が立ち去りました。
グレーのロングドレスに、黒いベールの付いた帽子姿の雅子さんが、「置いていかないで」と泣き崩れていました。
低い雲が垂れ込めた早春か晩秋のような、うそ寒い日のようです。
私は夢の中で、ああ、浩宮さんが先立たれたのだろうと思いました。

相手の不幸を願うなどということは、人として誤りだと思いますし、自らの魂を穢す愚かな行為だと思います。
当時はこのような夢を見て、日頃の願望が現れたのかと怖くなり、心身を慎もうと気を引き締めました。
でも、何か大きな流れに心が繋がり、断片を垣間見てしまったのかもしれませんね。

いろいろと騒がしいですが、人々が正しく清くいれば、よい方向に進むと信じております。

長文失礼いたしました。
これからも和月さまのブログを楽しみにしております。

和月様 力強い言霊をありがとうございます。

あと2年で平成30年〜
天皇陛下の最初のお言葉で何故か全て理解出来ました。
ですので その後 最後までゆっくりと
天皇陛下のお言葉を
ひとつひとつ噛みしめながら聞いておりました。
あの温かく優しく寄り添うように語られるお声に私も涙が流れました。

しかしながら その後の浩宮一家は
いつもと変わらず公務もどきのイベントショーを
アホみたいに展開しておりますね。
もう溜息さえ出ません。
弟宮妃殿下は熊本にお出掛けになられました。
公務もどきショーを報道する暇があれば
国民に寄り添われ真摯に本当の公務をなさっている方々を取り上げていただきたいものです。
でもまぁマスコミには何の期待も信頼もありませんが
ネットがそれに替わりつつありますね。
お天道様は見ている
ネットがその光に感じることがあります。
マスコミが浩宮一家を取り上げれば上げるほど
疑問を感じる国民が増え続けるでしょう。
そして私のような者がネットへと誘われ
本当の真実を知って覚醒めて行くのでしょうね。

和月様
これからもその指針となって光の中へ導いていただくお力を
どうぞ日本の国民のためにお使いになられます様
どうぞ宜しくお願いいたします。
今年は秋を感じるのが昨年より早い気がいたします。
風が教えてくれている気がして吹かれる度
不思議と幸せな気持ちになります。

Re: タイトルなし

白砂様

同意ありがとうございます。
そして、励みになりました。

コメントありがとうございました。

Re: 正しい方向に進みますように

凛様

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

そうですね、日本語は難しい。
だからこそ、美しい日本語が生まれるのではと時々思います。

夢の話ありがとうございます。
凛様も夢の中で繋がり、見たのだと思います。

私もそう思います。
清く正しく生きると良い事があると信じて生きていきます。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

紀子妃殿下の被災地訪問が取り上げられないのは、私的でお忍び訪問だったからみたいですね。
もし、公務で被災地訪問をすると、また「順番が違う」と発狂する雅子さんに言われるかもしれないです。

例えマスコミに取り上げられなくても、秋篠宮両妃殿下は粛々と公務なさいます。
でも、紀子妃殿下の活動を知ることができるのは、ネットで、紀子妃殿下の被災地訪問についてのコメントを発掘して広めて下さる方がいるからですが、その方に感謝します。

そうですね、今年は夏が短いです。
でも、まだ日中の暑さは厳しいですね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。