季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浩宮一家のは「参拝ロケ」で、参拝にあらず

体調は大丈夫だったが、ネットする時間がやっとできたのでアップ。


皇太子ご一家、神武天皇陵参拝=愛子さまは初めて-奈良・橿原市
時事通信より
皇太子ご夫妻は21日、長女愛子さま(14)=学習院女子中等科3年=を伴って奈良県を訪れ、橿原市の神武天皇陵を参拝された。愛子さまの訪問は初めて。
 今年は神武天皇の没後2600年に当たるとされ、4月には天皇、皇后両陛下も同天皇陵を参拝している。宮内庁によると、ご夫妻は以前から愛子さまと3人での参拝を望んでおり、中学校の夏休みの機会に実現した。
 ご一家は新幹線や近鉄を乗り継いで奈良県入りし、午後2時すぎに同天皇陵へ到着。ご夫妻はモーニングなどの正装に、愛子さまは制服にそれぞれ着替え、陵の前へ進んで拝礼した。(2016/07/21-16:40)


ニュースを見るまでもなく、浩宮一家の神武天皇陵参拝は、手段の為に「参拝ロケ」したんであって、「偽参拝」と分かっていた。
後で、動画や写真を見ると、やっぱりそうだなと思った。

浩宮一家の行動を書き出していく。

これから参拝する為に奈良へ移動するのに、お手振り

参拝が、午後3時。
皇族が参拝する時間にしては、遅すぎる。

参考に、4月3日神武天皇2600年式年祭で、秋篠宮両殿下を伴って神武天皇陵を参拝された天皇皇后両陛下の記事を見返した。
写真の日付が10時27分とあったので、午前中に参拝されていたことが分かる。

次代としてのアピールという大義がある割には、遅すぎる参拝。
原因は、雅子さんが早く起きられないからだろう。

ニュース動画では、一列で歩くところと、三人並びで参拝というよりお辞儀するところだけ
ということは、玉ぐしを捧げたのは、神官で、浩宮夫妻と愛子さんは玉ぐしを捧げていない
だから、そこだけ切り取り編集で、報道させた。

その後、橿原神宮を参拝することもなく、京都へ移動した。

ほんとに、手段の為に「参拝ロケ」だったよ。

だから、「偽参拝」であって、ノーカウント。

大体、「中学校の夏休みに~」「愛子を連れてきたかった」と報道させるのもおかしい。
皇族なら、卒入学の時など節目の時に参拝するんだから、わざわざ理由づけしない。
参拝が遅かったことに対するする「言い訳」だね。

被災地の時もそうだけど、手段の為に「参拝ロケ」するのも許せない。
しかし、「手段の為に」がブーメランとなって返っているから、大丈夫。
うーん、複雑。

しかし、今回分かったことがあった。
今回の参拝について、雅子さんは「行きたくないのに行かされた」って。
でも、若くて綺麗で優秀な私がお手振りしてやったら皆から注目されて嬉しかったらしい。

だから、毎回お手振りするのか。
ついでに、雅子さんの脳内は、実際の年齢(52歳)の私<20代の頃の私で時が止まっている模様。
服のフィッティングが苦手なのもあるのだろうが、昔のドレスやスーツと同じものを作らせて出てくるのは、そういうことかと納得した。
見かけも、中身も、年相応に年が取れていないことに納得。

だれだって、年を取った自分というのはショックだけれど、現実を受け入れつつ、なんとか綺麗に年取れないか努力しているんだよ。
見方を変えれば、年を取る=この年まで生きて来られたってこと。
そして、生きていることに感謝して生きていく。

話に戻って、
雅子さんが、現実を直視せざるを得なくなった時、反動はすごいだろう。



スポンサーサイト

コメント

参拝の様子が 今日の「皇室日記」の映像にありました。
和月さまのおっしゃる通り 参拝の際 玉ぐしは神官がささげていました。
凄く違和感を感じました。

和月さま、お忙しい中、更新ありがとうございます。

三人が玉串を捧げなかったのは、神道ではないからでしょうか? 皇太子はブラジルで某カルト宗教の集まりに参加した写真が上がっていますし、肥臀下にも同じ宗教信者との噂があります。今回の愛子さんが影武者なら、やはり鳥居をくぐれない方でしょうし。神様のお怒りが国民に向くことが怖いです。もう災害は起きないでほしいです。

和月様
お身体が安定されていらしたようで安堵いたしました。
でも用心に越したことはありません。
どうぞご無理の無いようにお過ごしください。

浩宮一家が玉串を捧げないのは潔斎していないからとの声もありますね。
その為に代行という形を敢えて取り線引きしたのだと。
しかし もしそうであっても
あの夫婦は何ひとつ気づくことはない。
行ったよ という既成事実を残すことだけが全てなんでしょうね。
形なんて実際あるにはあるけど ただの外枠でしかないでしょ?
そんな空っぽのもの意味がないと思います。
大切なのは中身
先帝両陛下 今上両陛下 そして秋篠宮同妃両殿下からは
見えない空気を伝って その思いが国民に届けられる
そんな感覚がありましたし これから先も切れることなく繋がって継続されていくのだと そんな思いがいたします。
浩宮一家には これからもたくさん公の場に出て来て
国民の危機感を煽り気づきを促していただきたい。
でもこの参拝のお写真 本当に見るに耐えられないものばかり。
和月様が仰ってらした渦を巻きながら堕ちていく
その怖ろしさを垣間見た気がいたします。
真の日本国民としての自覚を持たなければと
改めて精神の体幹がブレないよう意識しております。

いつも此処ぞという時に力強いメッセージ
ありがとうございます。
でも本当にご無理なさいませんように。

お手振りも 侘びしく見えた 誤算拝

「譲位のご意向」を派手にブチあげた直後だけに、
ショボさがひと際目立っていたアレラのご参拝。

「私たち、もうすぐ次代です」のお披露目じゃなかったのかい?
 本来なら「位を譲り受ける側」が醸し出すはずの熱気・緊迫感・高揚感が、まるで無かった。

 おカネにすぐ転ぶ風見鶏のマスゴミさんも、
 前週はおバカのOWD・反日とコラボして、ひと儲けしたみたいだが、早くもモチベーションダウンの様子。
 
 そう言えば、マスゴミさん、
陛下のご意向は、みんなで勝手な憶測を言って盛り上がっていたけど、「皇太子さまのご意向」は完全スル―だった。
「次代への決意と抱負」の報道も、見ていない。
 皇太子さまに失礼ではないかw
 ナル君に決意も抱負も無いのは分かっているが、陛下のご意向までデッチ上げた創作力なら、できる筈。
 これでは皇太子さまの人格否定、ネグレクトw
(ついでに雅子さんの記事は結構あったが、どれも内容は「皇后やれるのか?」レベルの話)

 そのくせ、マスゴミさんは、譲位の際の弟宮のお立場は、一斉に話題にしていた。
 実際は「皇太弟」でなく摂政即位で決着だろうが、「徳仁テンノウ」の話が無くて、譲位⇒弟宮と一足飛びに思考が跳んでるところが面白い。

 ま、女系天皇・女性宮家の話の方は、今回のリ―ク元とOWD向けのご祝儀記事だろう。
 けれど、女系のヨタ話より「今上陛下の現行責務を、誰がどのように引継ぐか?」こそ、間違いなく喫緊の真剣な課題。
 これを語る部分にこそ、風見鶏メディアの本音も出ると考える。
 結局、メディアも分かっている様子。
「浩宮じゃ使えねーよ。即位しても、せいぜいがお飾り。次代のキーマンは、あくまで弟宮」なんて、会議で言ってそう。
 ただ、連中は分っていても、商売第一。クルクル廻る風見鶏。
 おバカな私も煽られて、ふだん買わない新聞各紙・新潮・文春みんな買ってしまったw

 だけど、ご参拝のこのショボさ、やっぱり後が続かないOWD劇場。
 担ぐ御輿が浩宮夫婦では、結局、どう足掻いてもダメw
 メディアが次代の抱負を報じなくても、誰も文句を言わない。
 これこそが、もう誰もが見抜いている証拠。
「あの夫婦に、天皇皇后の地位は務まらない」と。
 いくら情報操作をしても、たぶん、もう人相で見抜かれている。
 彼らの悪事を知らない人も、二人の顔を見て感じている。
四十過ぎたら、自分の顔には責任を持て。
 堕落の年月重ねたあの夫婦、悪徳・怠惰・下品さが、もう誰でも分かるほど、はっきり顔に表われている。
 だから、「もはや、勝負あり」なのだ。

・・と、アレラの「落日」をヒシヒシと感じつつ、
 あれこれ考えさせられた“誤算拝”でした。
「流れは、変えられない」を、私も私なりに納得した次第。

Re: タイトルなし

卵丼様

やっぱり、神官が玉ぐしを捧げていましたか。
あれから考えていたんですが、武蔵野陵参拝と伊勢神宮参拝の時も、皇太子一家は玉ぐしを捧げていない様子でした。

凄く違和感を感じます。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

まめはな様

その線は、ありそうですね。
浩宮一家の行く先で、某カルト宗教信者が招集されて雅子さんをお出迎えするらしいよという話を聞いたことがあります。

スキー映像の愛子さんは別人ですが、スキー映像以外の愛子さんは本物でしょう。

お怒りが国民に向くのではなく、神様のお怒りに国民が遭うと私は思います。

また、自然の中で生きている限り、災害に遭うのは不可避のことです。
その時、私たちはどう行動するかにかかっていると思います。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

潔斎もしていないと思います。

次代として皇族として参拝したよという既成事実を作る為にであって、中身について深く考えられていないのが丸分かりですね。
そうでしょうね、夫妻は何も分からないと思います。

浩宮夫妻が公の場に出てくるほど、気づきと危機感を促すことがもっと出てきます。
これも、ブーメランですね。

ありがとうございます。
無理しないように、気を付けています。

コメントありがとうございました。

Re: お手振りも 侘びしく見えた 誤算拝

宝船様

天皇皇后両陛下が皇太子同妃両殿下であらせられた時のような、「次代を受け継ぐ者」としての緊張感・責任感がまったく無かったですね。
京都・奈良へ向かう時も、緊張されているような様子ではなく、ニヤニヤと笑ってお手振りでした。

マスコミは風見鶏ですから、金もらえれば圧力がかからない限り何でも書きます。
アゲておいて、落とす時は急降下で落としますし。
そう分かっていながら、私も文春を買って読んでしまいました。

いくら情報操作をしても、堕落の年月を積み重ねた結果、浩宮夫妻が表に出てくる度、次代は務まらないとハッキリ分かります。
週刊誌などで情報操作し、誤魔化せた時代ではないのに、誤魔化せると思っているのかがおかしいですね。
今は、ネットが普及し、動画や画像、ニュース記事などが半永久的に残るようになっていますし。


コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。