季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の生前譲位は海外王室とは違うのだ

思いがけず、時間が取れたので頂いたコメントに返事をしたのでよろしくです。

NHKだけでなく、各テレビ局も、天皇陛下の「生前譲位」を報道しているね。
その中で、生前譲位について「確かなニュースソースはないですけども」って言ってた番組があった。
確かなニュースソースもないのに、報道するの?
頂いたコメントにもあったように、このような問題は芸能人のスクープと違って軽々しく報道するものではないというのに。
不快感でいっぱい。

また、陛下の誕生日会見や文書のお言葉から、所々抜粋し、「生前譲位」の意志が見えるでしょ?!と繰り返し報道する。
そこが、嫌らしい。

また、ニュース記事でも、ソースは「政府関係者」「宮内庁関係者」ってあるが、分かっている人はこのような重要な問題を漏らさない。
本当に決まったのであれば、内閣も宮内庁もすぐ認めるよ。
だから、「政府関係者」「宮内庁関係者」=小和田さんたちではないのか。
そう言えば、東京にいるみたいだね。

ということは、クーデターの一種か。
こうやって、外掘を埋めれば、陛下が退位を決めるとでも思うのか(呆)

海外王室と違い、陛下の生前退位や崩御は、元号が変わるなど国民の生活、ひいては日本に多大な影響を及ぼす。
公私混同をなさらない陛下が、生前退位していく海外王室を例にして自分も高齢だからと生前譲位を決めるとは思えない。
200年前の例にならい、譲位というのも無いね。
ましてや、昭和天皇のお姿を見てこられた陛下にとって、「生前退位」は考えられないのでは。
終生、天皇であり続けるだろう。

結局、この「生前譲位」ニュースを作り上げた人は、天皇というものをよく分かっていない。
周りから「生前譲位」と騒がれれば、陛下が退位すると思っているのかな。
天皇陛下は、地位を投げ出すようなお方ではない。

なるほど、小和田父は、藤原道長気取りでいるのか(呆)

これも、ブーメランとなって返ってくるというのに、まだ分からないとは、呆れる。

元々、水面下であった愛国派VS売国派の戦いが表に出てきた。
決着はつくので、心配いらない。
それでも、心配だったら、天皇皇后両陛下への感謝、ご長寿を祈れば良い。
真の光を取り戻した日本が上に上がるをイメージしながら、天皇皇后両陛下、秋篠宮両殿下のことを思い、祈るのもまた良い。


I1273hinoki.jpg
スポンサーサイト

コメント

引っ込みがつかなくなった愚か者たち

 先の13日のブログ記事を当日夜に読みながら、和月様の冷静さに感銘を受けていました。
 あの愚劣なニュースの洪水の中、不愉快な事態の推移をきっちり追及し、ポイントを簡潔に纏め、時機を逃さずアップして下さった手際の良さと落ち着いた分析に感心していました。
 自分も非常時の対応では、こうありたい、とも。
 
 そんな思いで床に就いたせいか、翌朝の大手各紙の余りのレベルの低さには呆れ果てた。
 とにかく根拠不明確な予断と邪推、決めつけのオンパレード。
 ま、それ以前に、紙面から「皇太子さまに譲位」「女系天皇」の文字が叫びを上げていたので、笑ってしまった。
 よって首謀者は、OWD父と愚かな仲間たち。
 面はすぐに割れた。何も勿体ぶって「関係者」なんて名乗ることないのにw

 で、この首謀者たちについて、私の今の感想は二つ。
 一つは、人としてやってはいけない一線を越えたという印象。
 彼らの今回の所業、神と国民に誠心誠意尽力されている陛下に対し「政治への関与」の濡れ衣を着せ、「もう続ける能力がない」と貶め、「力づくで浩宮と交代させてやる」と恫喝する行為。
 すべては故意にやっていることで、それだけに実に罪深いと思う。
 だが、ここまで踏み込んで陛下に弓を引いたことで、彼ら自身も引き返せなくなった。
「自分は陛下に二心ナシ」なんて嘘は、もうつけない。
 ある意味、自分で自分を炙り出してしまった点に、私は注目する。

 もう一つは、彼らの幼稚さ、子供っぽさ。
 なぜなら、一連の経緯には、前記の「一線を越えた」覚悟とか緊張感が全く伝わって来ないから。
 確かに、芸能スクープと同じノリ。
 加えて、彼らのやり口には、自分が思い描いた通りに、都合よく周りも動くだろうという「独りよがり」「詰めの甘さ」も感じる。
 陛下の静養中を狙って発表なんて、奇襲攻撃の積りだろうけど、不信感を招いた分、逆効果だったと思う。
 それと、今回の報道は、陛下への不敬もさることながら、読者・視聴者(つまり国民)を舐めきった態度が顕著。
「読者なんて、この程度で簡単に騙せるさ」という彼らの思い上がりが、記事の安易な飛ばしっぷりから伝わって来る。
 私は、彼らが幼稚さを装っているのではなく、歳だけ喰っていても、真実、彼らの精神が幼稚なのだと思う。
 周囲を見下す態度で生きてきたから、周囲のようには人として成長できなかったオトナ子供って感じかな?
 この先、たぶんこの思い上がりで、彼らは墓穴を掘ると思う。
 一時的には混乱を演出できるかも知れないが、「浩宮様を一日も早く天皇に」とか「女系もぜったい天皇に」なんて熱い声が、いつか国民からホ―ハイと湧き起こる日を夢見ているのかね?
 ムリムリw

 まあ普通に推論しても、この先は、自らを炙り出した彼らがもう逃げられなくなって勝手に自滅して行く展開が見込まれそうですし、
まっとうな国民は落ち着いて構えておくべきなんでしょうね。
 やはり、和月様の仰る通り、祈りが大切なんだと思います。
 祈りこそ、神様が人に与えて下さった大切な仕事。
 どんな状況で生きる人にも出来る、喜びと充実に溢れた仕事。
 陛下にならい、日々祈りたいと思います。


P.S.
和月様、体調万全ではない中での素晴らしい仕事ぶりに敬意を表します。でも、どうかご自愛を。コメント返信もいつも嬉しく拝読してますが、体調優先の時は、心おきなく無視して下さい。
 どうか、お大事に。

和月様 心身ともに大変な時に事細かな記事更新
本当に頭の下がる思いです。

今回のこの話が出ました時 ちょうどバタバタの真っ最中でして
第一報を聞いて心臓がドックンドックン
慌てて こちらへ
和月様のお言葉に心臓も平静を取り戻したようです(笑)
ド凡人の私は言葉も見つからず流れに身を任せておりました。
で今に至るのですが何気にふと思いました。
今もってマスコミは「退位」を繰り返し報道し煽り続け人々の心を揺さぶり
それによって揺さぶられた人々が この異常気象を皇祖神様や神様方の怒りだと
なんだか足元が安定していない状態。
でもその神様方は至って平穏に いつも通りに過ごされている。
目の前の乱れに奔走され地に足をつけることを忘れている人間は
和月様や神様方と繫がられている方々によって気づき自分自身で地に足をつけることをする。

何を言ってるのかわからなくなってきました(苦笑)
神の国日本の民は神様方の元 信じる心で自分達それぞれの暮らし行き方を一生懸命
守り過ごして行けばいいんですね。

本当に言葉足らずで申し訳ありません。
和月様から伝わる感覚が私には このように感じられました。
いつなん時も慌てることなく過ごして行こうと思います。

和月様 どうぞご無理なさいませんように。
神様方のご加護をいつも分けていただいて感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

Re: 引っ込みがつかなくなった愚か者たち

宝船様

まず、労りの言葉ありがとうございました。
体調は持ち直しましたので、気合を入れて乗り切りたいと思っています。

宝船様のおっしゃるように、彼らも後に引けなくなったと思います。
事が進むと、天皇陛下に千代田、国民を甘くなめていたからでしょう。

日本人なら、こういう問題は事が進むどころか、慎重に話を進めると分かっていると思いますが。
やはり、この件に関わった彼らは、日本人でありながら日本人ではないと思いますし、皇室の根本を分かっていないとも思いました。

そうです、真っ当な日本人はこのニュースに対し、静観していると思います。
日々、祈ることも大変良いことですが、その前に、祈ろうとする心も素晴らしいです。

共に祈りましょう。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

あのニュースには、驚きましたね。
そうですね、国民が、日々、真の心を保ち、一生懸命生きることです。

ありがとうございます。
体調は持ち直しましたので、気合を入れて乗り切ろうと思います。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。