季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は、「訪問先」に光を当てる

皆も分かっていると思うが、浩宮夫妻の被災地訪問は、形だけ。

『被災地に行って、5年も被災地に心を寄せている浩宮夫妻』「画」が欲しいだけ
その「画」が、結婚記念日や浩宮夫妻の誕生日に、公務の様子として放映される。

だから、「被災地」にスポットが当たらず、浩宮夫妻の奇行に注目がいく。

・選別された場所で、説明を聞くという形を設定。
・選別された被災者と台本ありの懇談を設定。

・「画」を気にして行動をするも、
文書で「被災地に心を寄せていく所存」と言っている割には、無関心と不勉強の態度が丸分かり。

・被災地の警察官以外に、都道府県から応援の警察官を動員し、関係各所を調査、交通規制。
・泊まるホテルに、何々が食べたいと注文。

・被災県に、高級なお酒、お菓子など、土産物の献上をさせる。
・浩宮夫妻の場合は、「献上」とは名ばかりのおねだり


被災県にとって、負担が大きいと思うが、よく受け入れたな。
やっぱり、地位が影響するのか、それとも、新しく決まった東宮大夫の出身地が「岩手」だからか。

浩宮夫妻の訪問は、ものすごく、金がかかる。

浩宮だけの訪問も、金がかかる。
・選別された場所で、説明を聞くという形を設定。
・公務先の警察官以外に、都道府県から応援の警察官を動員し、関係各所を調査、交通規制。
・公務先や受け入れ県へ、お酒、お菓子など、土産物の献上をさせる。


こういう話は、都道府県の間で伝わるから、浩宮や浩宮夫妻の公務依頼は自然と減る。
色々と聞くが、やっぱり評判は良くない。
これほど言われる”皇太子夫妻”は、他にいないね。

被災地を利用して欲しくない。
不快感でいっぱい。

津波の動画を二回リクエストした雅子さんは、なぜあのホテルで津波の動画を見せられたかが分かっていない。
動画を撮られたホテルの社長さんは、動画を撮影中、想像を超える様子に気絶してされた。
ホテルで、その津波の動画を見せるのは、3/11に何があったか、津波に飲み込まれていく町なかを見て、怖さなどを感じ取って、防災などの思いを共有して欲しいからだよ。

悲しいね。

最後に、上手く言えないけど。
私たちは、浩宮夫妻の”皇太子夫妻”を見るが、そうではない本当の”皇太子夫妻”も見ることができる。
そういう時にいる。

海外へ誇れる本当の”皇太子夫妻”がたつという兆しが見える。

まぁ、地位は今のままだけれど、公務やお召し物が”皇太子夫妻”なんだけれどね。
楽しみ。

スポンサーサイト

コメント

コメント失礼します。
「うわー、すごおい」の「おー」でまちがいないでしょうね。
常人であれば、そこに飲み込まれた人の命を感じ、見るに堪えないと思うはず。それをアンコール?どういう神経をしているのかと!
彼女には、人の痛みなど感じることができないということが露呈した事件だと思います。
まったく慰霊なんかできるはずがありません。するつもりもないのでしょう。

話は変わりますが、前のエントリーで植樹祭のことを書いてくださいました。
知人がレセプション他に出席しており、
「初めて両陛下の前で君が代を歌ったが、自然と涙が出てきたし、日本人で良かったとあの時ほど思ったことはなかった。」と話してくれました。
特別、皇室が大好き 、という方ではありません。
つまりはこれが普通の日本人の感覚なのでしょうね。

Re: タイトルなし

グリーン様

> 「うわー、すごおい」の「おー」でまちがいないでしょうね。
それで間違いないと思います。

そうです、雅子さんや浩宮も、人の痛みを感じる、または相手の立場に立って思いやるという部分が欠けているのです。

良いお話をありがとうございました。
私も、皇室に関心を持たなくても、両陛下にお会いすると、自然と涙が出るというエピソードを聞きます。

グリーン様がおっしゃるように、普通の日本人の感覚から出てくる自然な感情だと思いますね。


コメントありがとうございました。

いつもながらの鋭い分析! 

私も雅子夫人の「津波動画を2回リクエスト」には驚きました。あきれました。
このエピをあえて語られた 社長の思いが伝わってくるようで・・・。静かな怒りのようなものを感じました。
そして「涙された」という記述が一切ないことにも。
実際涙されていても そのことを出さず 2回リクエスト・・の件を公に公表したことに意味を感じます。
しかし この夫婦 どこに行っても 屑エピソードを 次から次へと繰り出しますね。
ここまで落ちて 嫌われて それでも能天気に手を振り続けて 今の地位にしがみつく根性は何なのか。
日本人らしくない・・・・というか 日本人じゃないですよね。

Re: いつもながらの鋭い分析! 

卵丼 様

私も、社長の思い、静かな怒りを感じました。
だから、あえてこのエピソードを語られたのだと思いました。
そうですね、「涙された」以外にも、「絶句された」など、津波に衝撃を受けたという記述もないですよね。

涙のエピソードや心温まるエピソードが全く出てこないが、屑エピソードはどんどん出てくる。
浩宮夫妻にそういう部分が欠落しているのと、公務について、しっかりと勉強していないのもあるかと思います。

浩宮は、日本人ですが、テンノーになるボクだからと、今の地位にしがみついています。
雅子さんについては、卵丼様もおっしゃるように、日本人らしくない、むしろアチラの国を連想させる人ですね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。