季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

(*5/23追記あり)舛添と東宮の金問題

今、たっくさん報じられている舛添問題が、東宮問題と似通ってて笑えない。

の区別がついていない。

そう、公私混同しているということ。

私は票入れてないが、今回のことで、舛添さんのうさん臭さ、アチラの国の血筋が浮かび上がったと思う。



公私混同している人が、上に立ったら駄目だと分かるね。

東宮を見ても分かるように、公私混同する人の娘を嫁にしたら駄目。
アチラの国みたいに、家の乗っ取りを企むからね。

皇室の場合は、乗っ取りは上手くいかないから大丈夫。

東宮の金問題も、舛添さんみたいに、会計の流れが明らかになって欲しいが、長い分時間がかかる。

また追記する。

基本は、プライベートと公費は分け、さらに公費の中でも分けるべきものは分ける。
これが、当たり前。

公費をプライベートのと分けず、公私混同して、全て公費として使っていることが問題。
しかし、公費の公私混同問題では、政治家の誰かさんもやっているから、舛添さんだけではない。

ただ、舛添さんのやり方が、東宮のお金問題を彷彿させるんだよねえ。
こっちは、国の監査が入ってるとか。

舛添さんが、会見で、「第三者を入れ、厳しく精査をしてもらう」と繰り返しているけども、舛添さんが選んだ第三者の目は信用できない。
公正に、厳しく精査できるかどうかそこは怪しい。

何度会見しても、無駄。
納得できない答えが、返ってくるだけ。

潔く辞職されたらいいのに、都知事の椅子にしがみついている様も、やはり雅子さんのオトーサマを思い出す。

最後に、東宮問題を思い出すことすなわち、舛添さんの先行きは東宮問題の先行きと同じ。

スポンサーサイト

コメント

和月様 記事更新ありがとうございます。

私も舛添都知事の問題が出た時
あのご夫妻と全く一緒だと思いました。
だって余りにも見事な反転ですもの舛添さん。
同じ様に あちらも少しずつでもいいから
事が表立ってくれれば‥
そう願います。

秋篠宮同妃両殿下の素晴らしい安定感を
拝見するにつけ
あちらのご夫妻の情けなさに溜息ばかりです。
それにしてもイタリア訪問中の両殿下。
日本国民に誇りを持たせてくださるが如く
のお姿ですね。
紀子妃殿下におかれましては
光が当たり輝いているかの様なお写真の多いこと。
特にローマ法王様(教皇様ですか?)と
ご一緒のお写真は眩い限りでした。
先帝両陛下のお写真を拝見すると目頭が熱くなる私ですが
何故か秋篠宮同妃両殿下のお写真、動画を
拝見しても目頭が熱くなるこの頃です。

一生懸命、真面目に頑張っている人々が
報われる世の中でなければ
と 色々なところで言われておりますが
その先頭に立って実行されていらっしゃるのが秋篠宮御一家です。
両陛下とともに国を背負われ国民に
身を持って示してくださっている。
本当に有り難いことです。

この五月は雨が多いですね。
浄化の雨とよく聞きますが私には
自然の命を もっともっと育もうとしている感じがします。
木々や草花などの自然のエネルギーを強くする為
神様がいざなっていらっしゃる‥‥
って全く意味はないんですが
ただなんとな〜く思うだけでして(苦笑)

それにしても朝晩と昼間の気温差にはビックリ!
風邪をひかれる人が多いですね。
和月様も朝晩は温かくしてお過しください。
日本は言霊の国
いつもそう教えてくださることに感謝いたします。

公私混同

和月さま。
何時も素敵な記事をありがとうございます。

秋篠宮さまのイタリアでのお写真に、本当に有難い気持ちになります。
そして私も都内在住ですが、勿論このお方に投票しませんでしたが、残念ながら情けない限りです。
和月さまの鮮やかな表現の御蔭さまで、胸のモヤモヤが少しだけスッキリしました。
ムヒカ氏のような政治家に現れて欲しいものです。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

表立ってくれれば…と言えば、浩宮夫妻が患っている病が表に表れてきています。

秋篠宮同妃両殿下のイタリア訪問が終わりましたが、これからネットでクグって見ます。
両殿下が教皇様にお会いしたのは、大きかったです。

>一生懸命、真面目に頑張っている人々が
報われる世の中でなければ
と 色々なところで言われておりますが
その先頭に立って実行されていらっしゃるのが秋篠宮御一家です。
両陛下とともに国を背負われ国民に
身を持って示してくださっている。
本当に有り難いことです。


私も、同感です。
秋篠宮同妃両殿下がいて良かったと、安堵しています。

本当に、朝晩と日中の気温差が激しいですね。
私も、それでちょっと体調を崩してダウンしていました。
今は復活しましたので大丈夫ですが。
ふくちゃん様も体の調子を崩されませんようご自愛下さいね。

コメントありがとうございました。

Re: 公私混同

いーちゃん様
返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

今の日本では、ムヒカ氏のような政治家が現れるのは難しいでしょう。
生き馬の目を抜くような世界ですし、
国民も、政治に無関心という姿勢を止め、関心を持つようにしなければならないと思います。
関心を持っても変わらないではなく、テレビなどを通し、どんな政治家か見極めなければならない。
見る心、見る目を養うことも大事だと思います。

コメントありがとうございました。

人間性の卑しさが滲み出る混同ぶり

 和月様、追記ありがとうございました。
「確かに公私混同なのだが、もっと醜いよな」と感じつつ、言葉にできず思いあぐねてましたが、追記のおかげで腑に落ちました。
 結果、当方の理解は、タイトルの通り。
 舛添氏の場合、金銭にルーズとか、ドンブリ勘定とかの混同ではなく、これとは真逆。
① 一応、悪いこととは分かっているから「コソコソ」やる。
② でも、役得は使い切らねば損というイジマシイ根性なので、「ごく少額でも見逃さず」「ひっきりなしに」やり続ける。
 ・・というトホホな混同ぶり。

 つまり、確信犯的な役得依存症。
 おそらくは劣等感の塊で、他人から尊敬されていないことも薄々承知だから、絶えず役得を体験し続けることでしか、自分の存在価値を感じることのできない可哀相な人なのかも知れない。
 だが、ともかく人として、卑しい、セコい、情けないw
 東宮・OWDと重なって見える理由も、これで納得できました。
 そして、ここから確信できたのは、舛添氏も東宮・OWDも、悪人の中でも紛うことなく「小悪党」の部類であること。
 彼らは、スケールの大きな大悪人ではない。
 目前の利得に執着するばかりで、先が見えず視野も狭い小人物。

「潔く辞職されたらいいのに」には、全く同感です。
 深傷を負わぬうちに再浮上の可能性を残すため文春発売と同時に電撃辞任、などという決断は、舛添氏には出来なかった。
 こういう決断のできない者は、政治家としても器量不足。その意味でも、要らない奴・・と、小生も都民ゆえドライに見限ってます。
 で、「舛添さんの先行きは、東宮問題の先行きと同じ」も同感。
 小生、視える人ではないが、なんだか見えて来ますね・・ジタバタと悪あがきしてるが、はたから見れば墓穴を掘っているだけ、というしょーもない終局の場面がw
 東宮問題の結末の予告編でも見る思いで、当分、舛添氏の動向を見守ろうと思います。

 ・・と、さっきコンビニに立寄ったら、今週の文春、今度は舛添氏の愛人問題。
 ただ内容は、とても笑えないシロモノ。
 何のスキャンダルであれ、人間の陰惨さを感じさせるのが、この人の本質かな、と思いました。

Re: 人間性の卑しさが滲み出る混同ぶり

宝船様

>「小悪党」の部類
> 彼らは、スケールの大きな大悪人ではない。
> 目前の利得に執着するばかりで、先が見えず視野も狭い小人物。
に、全く同感です。

そうですね、色々出てくる問題を見ると、舛添さんの本質=「小悪党」の本質が浮き彫りになっていると思いました。

今、「第三者の目で精査してもらう」で、追及から「逃げて」いる姿も、見苦しくてみっともないのですが、「子悪党」だからそこまで頭が回らないのでしょう。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |