季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浩宮夫妻の周りは、YESマンしかいないと分かっているけれど、
「そうでございますね」
「さようでございますね」
の相づちに気分良くなるとは、なんと狭い世界のことか。

雅子さんの考えていることは、チグハグで奇異だが、それを実現させる気でいる。
実現しても、突っ込み所があって見破られるのだが。

4月3日もそうだった。
神武天皇二千六百年式年祭の儀、浩宮は名代ではなかったらしい。

雅子さんは、参内する様子を撮らせとけば、カメラの入らないところだからバレないと思っていた様子。

が、参内する時間が一部のマスコミや、ツイッターで明らかになってしまい、突っ込まれた。

実際は、掌典長が皇霊殿で奉仕したという事。

なのに、週刊誌や一部の新聞では名代になっている。
宮中祭祀に詳しくない人が書かせたんだろうと丸分かりだ。

雅子さんは、
今までは、YESマンや外務関係などで固めた鉄壁の中で、やりたい放題だったのが、自らの行いによって、崩れる。

(雅子さんが思い描く)内の世界に潰れ、外の世界と、乖離が進む。



お休みなさい。

スポンサーサイト

コメント

記事更新ありがとうございます。

雅子さん 外と内が反転して来たということでしょうか。
他の視える方で そう仰った方がおられました。
今回の和月様の仰ることもそうですが
私には昔 ひぃばぁちゃんやお年寄りから
よく言われた
だぁれも見てないと思ったら大間違いや
神様は ちゃ〜んと見てござる
それを思い出します。
大人になった時 あれは自身の良心を育てるためだったんだな
そう思っていましたが 何故かこの頃
それ以外に もっともっと大きなものを感じます。
それは何?
漠然と感じるだけで ぜーんぜん言葉に出来ません。
相変わらず のんびり屋のあほでございます(笑)
でも和月様のお言葉は私の第何感かはわかりませんが
ピリッと刺激をいただいているのが実感出来ます。
こんな私でさえこうなのに雅子さんの魂は
幼すぎる だけでは語れない気がいたします。
あの人は いったい何なのでしょうか?
どんなあほでも これはわかるでしょう
程度の事もわからない
そんな魂ってあるのでしょうか?
本当に不思議だと考えてしまいます。
でも考えても全然わからないので もういいや と捨ておいてます。
私には理解不可能な人です。
和月様に その都度 教えていただいている‥これが本音です(笑)

和月様のお言葉は す〜っと素直に心に入って来ます。
言霊のお言葉は凄いですね。

耳鳴りもまだ少しまだありますので
和月様は大丈夫かしら といつも思っております。
どうぞご無理なさらないよう穏やかにお過ごしください。

宮中祭祀

和月さま、おはようございます。
記事の更新ありがとうございます。

和月さまの感情を排された言霊を伺い、ホッとしています。
トロイアの木馬が乗り込んでも自滅するだけで、神様の国、日本は護られますね。
皇室が未来永劫に存続出来ますように祈ります。

阪神淡路から9年後に新潟中越、その7年後に東日本大震災、その5年後に今の熊本大震災。
まだまだ続くのでしょう。
都内のこの人口密集具合を見ると、此処で何か災害が有れば今迄の比では無いですね。
宮中祭祀が簡略化されてしまい、神様が荒ぶっておいででしょうか。
簡略化はきっと天皇陛下の御本意ではないのだと思いますが、
和月さまにはわかるのでしょう。

和月さま、どうかまたいろいろと御教授下さい。
よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

> 雅子さん 外と内が反転して来たということでしょうか。
> 他の視える方で そう仰った方がおられました。
そうです。

そうですね、私も自分の良心を育てる為と、神さまと繋がっている事を教えているのだと思っていました。
大人になった今、道徳の教育であり、良き道へ行くよう正しているのだと思います。

雅子さんの魂は、未熟。
幼すぎるという言葉では、片付けられないということに同感です。

普通は、今生でできる事をし、魂を磨いて…と輪廻転生を繰り返すのですが、雅子さんの輪廻転生は、難しくなったようです。

労りの言葉ありがとうございます。
耳鳴りはあるけれども、大丈夫と自身に言い聞かせて頑張っております。

コメントありがとうございました。






Re: 宮中祭祀

いーちゃん様
返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

神さまの国であるから、皇室が存在する。
その事を日本人が忘れない限り、続くでしょう。

そうですね、祭祀の簡略化は、天皇陛下の御本意ではないと思います。

天災は、天皇陛下が祭祀を熱心に勤められておられようとも、起こりうるものです。
被害が大きくならないよう願われていると思います。

祈りも大切です。
一方、民も、災害に対する備えなどをしておかなければならないと思います。
それでも、亡くなられる方もいると思うと、難しいところですが。

熊本大震災については、被害に遭われた方々のことを思うと、余り詳しく言えませんが、
穢れ無き場に穢れを持ち込んだ者がいたことに怒ったようです。
倒れた御柱を戻すのに時間がかかるようですし、色々あって、まだ熊本が不安定です。

被害が大きくならないよう、祈ります。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。