季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本大地震のお見舞い申し上げます

遅くなりましたが、
熊本大地震の被害に遭われた方々に心からお見舞いし、亡くなられた方にはご冥福を 申し上げます。

次々と報道されるニュースを見ながら、
怒っておられる神々もいらっしゃるけれども、力を分散し守ろうとする神々もいらっしゃると思った。

ふいに、「破壊 再生」の言葉が頭に浮かんだ。
自然の中で生きる以上、破壊はある。
そこから、人間は再生に向けて動く。

昔から、それが繰り返されて、現在に繋がっている。
そして、未来の日本へ繋がる。

厳しい被災地のニュースに、暗澹たる思いがする。
早く、余震が収まり、ライフラインが復旧しますように。
どうか、これ以上被害や死者が出ないように祈る。

今思うことは、
水道や電気とガスなどのライフラインがある状況に感謝して生きる。
地震を、他人事と思わず、備蓄、もしもの時の為に備えて動く。
家族や知人といつでも連絡とれるようにしておく。

熊本だけではなく、九州全体に心を寄せ、復旧に向けて何かの形で支援できればと思う。

スポンサーサイト

コメント

和月様 記事更新ありがとうございます。

熊本大震災‥本当に胸が潰れそうです。
正直 最初は雅子さんがあんなふざけた祭祀モドキなどするからだ!
と怒りが沸々わいて来て どうしようもなかったのですが
テレビで被災者の方のインタビューを聞きて我に返りました。
この程度で済んだのは神様が守ってくださったから

その次の日 小学低学年の兄弟がカップ麺を食べる姿が映りました。
弟がほんの少し残った麺を兄に渡すと兄が
これ少しもらっていい?
そしたら弟が全部食べていいよ
それを聞いて ありがとうと言って食べ始める兄

徳仁さんや雅子さん その周りの人達のせいにして怒っていた自分が
本当に恥ずかしく思いました。
いつの時も被災された方々には
自分の出来ることしか出来ず苛々が募ったりもいたします。
でもこういう未曾有の災害において
その苛立ちや怒りを他人のせいにしてはいけないんですね。
こういうことを通して神様方は日本人に
気づきを促されている気がいたしました。
災害の当事者にならなかった者は
災害の渦中にある者の話の中から言霊に気づき
それを糧に自分自身を向上させて行く。

本当に言葉足らずで いつも申し訳なく思っていますが
あの大変な渦中におられる中で寄り添われ
感謝の言葉を自然に言葉に出す日本人に
胸が震え泣けて来るのです。
他人のせいにして怒りに胸を震わせ泣き怒りするより
言葉の魂に満たされ感極まって泣くのが
至極真っ当な気がいたします。

和月様 この地震の分散は神様がお護りしてくださっているのですね。
熊本を始め九州の皆様が少しでもお気持ちを落ち着かせる事の出来ます様
お祈り申し上げると同時に神様方への感謝も忘れず手を合わせたいと思います。

今日未明から雨風が酷く朝には雨は止みましたが風は相変わらずです。
風はずっと西から強く強く吹き続けています。
これも浄化なのでしょうか?
だとしたらとても大きな 日本列島を包み込む程のものですね。
何故か脱皮している感覚もあるのですが‥

勝手なこと申しました。
いつも心落ち着かせるお言葉 感謝いたします。
周りに体調を崩す人がたくさんいます。
何故だろう?
和月様も御気をつけになってくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

カップ麺を分け合う兄弟のエピソードありがとうございます。
弟が兄のことも考えて麺を残され、「ありがとう」と言える兄。
その絆に、涙が出ました。

>でもこういう未曾有の災害において
>その苛立ちや怒りを他人のせいにしてはいけないんですね。
>こういうことを通して神様方は日本人に
>気づきを促されている気がいたしました。
>災害の当事者にならなかった者は
>災害の渦中にある者の話の中から言霊に気づき
>それを糧に自分自身を向上させて行く。

ふくちゃん様のおっしゃるとおりで、私も同感です。
災害から、自分自身を、普段の生活を見直し、自分自身を向上させていきます。


そうですね、苦しい時でも「ありがとう」と言える日本人がいて良かったと思いますし、
これからも「ありがとう」と言える人でありたいと思いました。

風も雨も浄化の一つですが、辛いところですね。

ありがとうございます。
地震前は、耳鳴りと異常に眠かったのですが、今は大丈夫です。

コメントありがとうございました。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。