季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浩宮、エジプトシシ大統領と会見

天皇陛下がインフルエンザに罹れられたとのこと。
一日も早い回復をお祈り致します。

<皇太子さま>エジプト大統領と会見「陛下に見舞いの言葉」
毎日新聞 3月1日(火)19時25分配信

インフルエンザと診断された天皇陛下に代わって、皇太子さまは1日、皇居・宮殿でエジプトのシシ大統領と会見された。大統領は「陛下の一日も早い回復をお祈りします」と見舞いの言葉を述べたという。

 宮内庁によると、大統領は「日本は古くからの自らの価値観を維持しつつ、発展を遂げてきました。日本から多くのことを学びたい」と述べ、皇太子さまは「日本もエジプトから学び、お互いが理解を深めることにより、両国間の関係がますます発展することを願っています」と応えた。また、大統領は皇太子さまのエジプト訪問を招請した。

 皇太子さまは見送りの際、東日本大震災に対する支援に感謝の気持ちを伝え、大統領は「過去に日本からいただいた支援に対する感謝の気持ちでもあります」と話した。

 天皇陛下は2月28日にインフルエンザと診断され、住まいの御所で療養されているが、3月1日は内閣から届いた書類に署名するなど公務もしたという。【高島博之】


この最後の文章が、読み手によってはこんな風に受け取れるなと思った。

1.インフルエンザに罹患中でも書類作業をこなされた天皇陛下。
  ↑公務に真摯に向き合われている陛下のお姿が伝わってくる。
2.浩宮に書類作業も任せられないんだと思わせること。

もちろん、書類作業は浩宮に任せられないと皆も分かるよ。


皇太子さま、エジプト大統領とご会見 インフルの陛下のご代行
産経新聞 3月1日(火)16時11分配信

皇太子さまは1日、インフルエンザを発症された天皇陛下に代わり、日本を公式訪問したエジプトのシーシー大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。

 宮内庁によると、皇太子さまが冒頭に「お会いできず残念です。日本とエジプトの関係がさらに深まることを願っています」との陛下のお言葉を伝えられ、大統領は「陛下の一日も早い回復をお祈り致します」と述べたという。

 会見に引き続き、皇太子さまが宮殿「連翠」で大統領を歓迎する昼食会を催され、秋篠宮さまが陪席された。宮殿「南車寄」まで大統領を見送った際には、皇太子さまが東日本大震災の際のエジプトの支援に感謝の意を示されたという。


シシ大統領とお別れする時になって感謝の意を述べられたって、言う順序が違う。
皇居で、シシ大統領をお迎えしてからの流れを確認。

①エジプトのシシ大統領と会見
②シシ大統領との昼食会
③車寄せでシシ大統領を見送る←『東日本大震災の際のエジプトの支援の感謝の意を示された』

①や②で言う機会があったのに、なぜ③の時になって言ったの?
もしかして、②と③の間で、誰かに「殿下、東日本大震災の時はエジプトからも支援を頂いたので大統領にお礼を」とでも言われたのかな。

③の時に感謝の意を言うと、先方に、本当に感謝しているのかが伝わらないと思う。
とってつけたような感じになってしまった。

ありのままを報道しつつ、最後の文章のようにしっかり書いてくれている。
書いてくれているからこそ、浩宮の駄目っぷりがよく分かる。
そして、代理としてもきちんと務めを果たせてないと思う。

秋篠宮殿下が昼食会に陪席されていらっしゃったから、少し安心だけれども、ちょっとモヤっとするなぁ。

お休みなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。