季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

2つのつぶやき

また、長いつぶやき。

皆、年を取ったら同じ。

実際の年齢より若く見える方もいれば、実際の年齢より老けてみえる方もいる。
美しさを保とうと努力されたり、保とうとしても難しいということもある。

要するに、年の取り方は人それぞれ。
また、生き方が顔に表れるが、生き方によって表れ方は人それぞれ。

皇后陛下のは、心労もあったからだが、いじっていないよ。
私は、優しいお顔で、好き。

ま、思うのは自由だけれども、画像掲示板の荒らしのような叩きは、逆にブーメランとなって返る。
それと、荒らしの中に、自分もいずれは年を取り、老人になるということを想像できない方がいるのかな。

または、老いることを拒み、若いままでいたいのかな。

ふと、そんな事を思った。



整形して容貌を整えても、死んだら元の顔に戻る。

(誤解の無いように、言っておく。
トラウマやコンプレックスを抱えている方は、整形することで、乗り越える。
そういう意味では、整形は良いと思う。

又、コンプレックスやトラウマを持ちつつも、あるがままの顔を受け入れ、生きていく方もいると思う。
それは、すごいことで、自分を好きになる=愛する行動に繋がる。
葛藤もあるけれど、俯瞰でみれば、修行だなと思う。)

化粧や、小顔マッサージ、栄養がある食事をとるなど、美容の努力をして、外側を磨く。
外側だけでなく、内側も磨き、人生を送る。

当たり前のように思われる方もいるかもしれない。
でも、
外側を磨くのに一生懸命で、内側を磨くのがおろそかになってたりして、バランスが悪いこともある。
また、逆のパターンもある。

中々、難しいこと。
(これは、皆の共通の目標でもあると私は思う。)

話がそれてしまった。
整形の話に戻る。

規則正しい生活をしないで、外側を磨こうと努力しないで、整形をする。
体の不調があれば、医者にかからず薬を飲んで治す。
どことなく、人間なのに、ロボット風味なのが怖い。

雅子さんの写真を見て思った。




スポンサーサイト

コメント

和月様
記事更新ありがとうございます。

仰ること、その通りです。
ごくごく当たり前で自然なことですのに
世の中の発展と共に、人の心は便利さを求め
大切な事を置き去りにしてしまうのですね。
心の豊かさは言葉に出ると思いますが
両陛下を叩く方々は本当に心が枯渇しているのでしょうね。
溜息が多くなって来たら大和言葉を読んでみたり
邦楽を聴いたりしています。
言葉は言霊として古の鳴り物の音は
身体の内なる日本人としての血を呼び醒ましてくれる感覚です。
なんて偉そうに書いてしまいましたが
単純に、とても懐かしく精神がリラックスします(笑)
津軽三味線もそうですが音や言葉に
自然や人の心が重なっているので
心の奥底まで響いてくるのでしょうね。
日本人に生まれて良かったと素直に思います。
和月様 美しい言の葉、ありがとうございました。

すごーく冷えて来ました。
今までが暖か過ぎたので身に堪えます。
なんと来週は寒波が!
腰痛持ちには辛いですが、こういう時のお友達
コルセットちゃんと二人三脚で頑張ります。
和月様もどうぞ、お身体ご自愛ください。
ありがとうございました。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

こんばんは。
返事が遅くなり、すみませんでした。

そうですね、発展とともに、大切な部分を忘れてしまったと思う時があります。
こればかりは、皆が思い出して取り戻すしかないですね。

昔(特に古代)は、言霊信仰もあり、言葉に重きを置いていました。
できるだけ、負の言葉は使わずに生きたいですね。

暖冬に慣れてしまった為か、少しでも気温が下がると寒さがこたえますね。
カイロなどを貼ったりして乗り切るしかないですね。

ふくちゃん様もお体をご自愛下さい。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |