季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋篠宮ご夫妻、視覚障害を持つ高齢者の施設をご訪問


秋篠宮ご夫妻、視覚障害を持つ高齢者の施設をご訪問
09/28 20:27 FNNニュース(動画あり)

秋篠宮ご夫妻が、視覚障害を持つ高齢者の施設を訪問された。
秋篠宮ご夫妻は、28日午前、東京・青梅市にある盲養護老人ホームなどの施設を運営する、社会福祉法人「聖明福祉協会」の創立60周年式典に出席された。
この福祉協会は、20歳で失明した本間昭雄理事長が、1955年、全盲の老人介護を目的に設立したもので、秋篠宮さまも、式典の中で、その苦労をねぎらう、お言葉を述べられた。
また式典では、この福祉協会のもう1つの事業としている、視覚障害者大学生への支援制度で、奨学金を受けた女性の報告が行われ、秋篠宮ご夫妻も、真剣な表情で話を聞かれていた。


秋篠宮ご夫妻 社会福祉法人の記念式典に
9月28日 13時53分 NHKニュース
秋篠宮ご夫妻は28日、目の不自由なお年寄りの施設を運営する東京の社会福祉法人の創立60周年の式典に出席されました。
「聖明福祉協会」は東京・青梅市にある目の不自由なお年寄りの老人ホームなどを運営する社会福祉法人で、皇室との関わりも深く、天皇皇后両陛下や皇族方が折に触れて施設を訪問されてきました。
28日は、施設のホールで創立60周年の記念式典が開かれ、秋篠宮ご夫妻も出席されました。この席で秋篠宮さまは、これまでの関係者の尽力に敬意を表したうえで、「協会がますます発展されることを祈念します」とおことばを述べられました。
「聖明福祉協会」は目の不自由な大学生の奨学金事業も行っていて、式典では、奨学金で大学を卒業し、現在はNPO法人の職員として、フィリピンで障害者教育の普及に取り組む石田由香理さんがスピーチしました。この中で石田さんは「障害のある子どもたちでも、自分でできることがあると発見できるような社会をつくりたい」などと語り、秋篠宮ご夫妻は熱心に聞き入られていました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。