季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

批判に本質があるかないかを見る

最近、画像掲示板などで、

東宮夫妻批判→その大元の責任は皇后陛下だー!批判
東宮夫妻批判→天皇皇后両陛下が動かないー!批判

秋篠宮ご一家を褒める→秋篠宮家が苦労しているのも皇后陛下のせいだー!批判


に持っていきたいパターンが見られる。

天皇皇后両陛下批判→皇室廃止に持っていきたい狙いもあるみたいだけど、その批判の文章を読むと、下品で不快感がある。


東宮夫妻を批判するのは、それなりの理由がある。

えり好み公務し、その度に、天皇陛下よりすごい交通規制や過剰警備を敷く。
公務して静養し、静養し疲れで静養。
自分たちの誕生日が近づくにつれ、「私だって公務してます!」ロケの公務に出てくる。
明らかに、国民の方を向いていない東宮夫妻。
本質を突く批判だから、それに賛同する人たちが増えている


天皇皇后両陛下への批判に持って行きたいから、上記のように、ただ両陛下の批判をする。
しかし、テレビを通じて、国民より多忙で、国民に寄り添い、国民の為に祈って下さると分かるから、それらは、本質を突く批判ではないと自然に分かる。
すなわち、本質を突かない批判だから、賛同できない
そして、論破されて終わり。

両陛下批判に持っていきたい人たちは、この違いが、まだ分からないらしい。

両陛下の育児、教育が素晴らしかったのは、秋篠宮殿下と紀宮さまを見ても分かるだろうに。

素晴らしい教育が、皇太子さんに通じなかったのは、皇太子さんが持つ障害に伴う性格だからだろう。

最後に、
本質を突く批判は、高まり、大合唱になる。
本質を突かない批判は、澱に消える。

これは、政治への批判にも、通じる。




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

和月さん、更新お疲れ様です。
最近見ていない画像掲示板ですが、酷い惨状らしいですね。
天皇皇后両陛下、特に皇后陛下への批判……というか、あれは批判ではなく、単なる叩きですね。
皇后陛下を叩く内容をよく読んでみると、一度はowd一家へ向けられた批判のスライドだと分かります。
両陛下を批判しない方々は、それを理解しているから同調しないのです。
また叩きの内容が非常に下品であり、ほんとうに皇室を崇敬している方達だとは思えません。
自称保守の記事も、細部を自分で調べていくと書き手に都合よく組み立てられた内容であると思いました。
自称皇室を正す批判派の人達は、どこへ思想誘導を図っているのでしょうね。

二人揃って50歳も越えてしまった夫婦、しかも御所を構えた独立した一家ですのに、いつまで親の責任とやらを問うのでしょうか?
未だ両親の指導が必要な方など、次代には相応しくありませんね。
それから、自称保守の人達を批判すると集団でコメ欄を荒らしに来るそうですが、和月さんも気をつけてくださいね。

和月様
記事更新ありがとうございます。

50歳を過ぎた夫婦に どこまで親の責任を問うのか等々
雪様の仰る通りです。
両陛下叩きをなさってるblog主の方々
その中には私も楽しく読ませていただいていた方もいます。
でも近頃 特にここ最近その叩きが酷く
なんでもかんでも両陛下が悪い!に繋げて気持ち悪いくらいです。
皆さん文章力がおありになるから沢山の方々がそう思うようになられたんでしょうね。
和月様 私は阪神淡路大震災での皇后陛下の被災者とのふれあいを
ニュースで拝見し初めて胸が熱くなり涙が出ました。
それから後の全国の被災地慰問を拝見する度
目頭が熱くなり国母とはこのような存在を言うんだと心から思いました。
被災者の皆さんが皇后陛下の御前で子供のように涙を流し
それを母の如く優しく慰められる皇后陛下。
菩薩様でもマリア様でも表現はどうでもいいんです。
神道だろうが仏教だろうがカトリックだろうが。
大切なのは国民が心を寄せられることの出来る国母という存在だと思います。
その心と覚悟が皇后陛下にはあらせられる。
だから涙が出るんです。心が暖かくなるんです。
他のどなたが言う事ではなく自分を信じる事です。
私はそう思います。
お陰様で叩きblogを読みましても全く
心が動きません。
余りに気持ち悪いのはスルーしますが(笑)
私はこれからも見届けようと思っています。
叩く方々や それに賛同する方々が
この先どう変わって行くのか。

宗教や宗派は違ってもみんな同じ
神様は自分の中におられる
そう言いますもんね。

最後に
和月様 ガッカリなさらないでくださいね。
ご苦労が消えてしまわれたことは読者も残念ですが
逆に待つ楽しみが出来ました。
ゆっくりで結構ですので ご無理なさらずにね。
いつもいつも本当にありがとうございます。

Re: タイトルなし

雪様

画像掲示板の荒らしが、酷く、見るに堪えない状況です。
雪様のおっしゃるとおりです。
皇室を崇敬している方とは思えませんね。

私が思うには、自称保守の記事の書き手、皇室を正す批判派は、皇室解体へ持っていきたいのでは?
彼らが思う図が、現実では叶いそうにもない。ならば、皇室解体へ持っていっちゃえ。
そんな感じもします。

同感です。50歳超えた夫婦、御所を構えた独立した一家に対し、親の責任を問うのはおかしすぎると思います。
いまだに両親の指導が必要なのなら、次代に相応しくないと自ら言っているようなものです。

アドバイス、ありがとうございます。
気を付けてブログを書きます。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

私も、雪様のおっしゃる事に同感です。

そして、ふくちゃん様のおっしゃる事に同感です。

特に、
>大切なのは国民が心を寄せられることの出来る国母という存在だと思います。
その心と覚悟が皇后陛下にはあらせられる。

本当に、その通りだと思います。
世継ぎの皇子を生んだだけではない、国民が心を寄せられることができる皇后陛下が"国母"という存在になられていますね。

私も、阪神淡路大震災の天皇皇后両陛下の様子に感動しました。
ひざをつかれ、被災者と目線を合わせお話になる。
ニュースを見ているだけなのに、心が熱くなりました。

>宗教や宗派は違ってもみんな同じ
神様は自分の中におられる

全く、その通りです。

励ましの言葉、ありがとうございます。
消えた記事を、アップしましたので、良かったら読んで下さいね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。