季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動いた分の反動が大きい

明日で、8月も終わり。
9月になれば、もう少しブログを書けるかも・・・と思いたい。

久子さんのことを書こうと思う。

学歴ロンダリングなど、色んなエピソードを知る。
久子さんは、雅子さんの母、小和田優美子さんと旧知の仲だけあって、似ている。
子供への愛情自分の体面だから。

まさに、類は友を呼ぶ。

ふいに、前に書いた記事「因果応報」を思い出した。

●「久子が動けば動くほど、自分に返ってくる」
お金、利権、自らの繁栄を求め、動いた結果がこんな形で返ってくる。

手始めに、東宮家がいなくなり、次に小和田家、三笠宮殿下がいなくなる。
その時になって、本来の末端宮家の立場を思い知る。
生活は、久子さんの思い通りにいかない。

長女は、早くに亡くなる。
二女と三女は、結婚するが、長女の死で、久子さんと疎遠になる。

一人寂しく、雅子さんと同じくらい、長く生きる。

だから、●「その先は、本人が思い描いた晩年ではない。」


狂った雅子さんと違い、久子さんは正常な精神で、かつて嫉妬して嫌がらせした秋篠宮一家の輝かしい姿を見るのは屈辱だろうね。

それが、久子さんの蒔いた種を刈り取る時だから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。