季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンガまとめ

今回のトンガをまとめると、こうなった。

・行きの飛行機で、皇太子さんより先に入りかけた
・離陸する時、体をのけ反らせてまで、お手ふり
・花束をもらった後、挨拶する人と手順を間違え、ペコペコ挨拶
・戴冠式では、左手にプログラムを持ったまま、左手の甲を右手で叩き、拍手
・昼食会では、手袋をバッグにしまわず、テーブルにポイッと置く
・話しかけるも、国王陛下の姉上ピロレブ王女と会話が通じなかったのか、通訳が素早く入った
・邦人との懇談に、ドタ出
・帰りの飛行機で、皇太子さんを右に押しやり、お手ふりし続ける


服装を整え、表に出てきても、こういう風に何か失敗をやらかす。

国民は、やはりトンガに行かせるべきではなかったと思うが、
雅子さんたちは、成功と受け取るのだろうな。

行きも帰りも、夜(夕方)。
早く帰れば、朝か昼ぐらいになったのに、なぜ?
御所へ上がり、天皇皇后両陛下へ、帰国の挨拶をしたくないとか?

ともかく、元気に戴冠式や昼食会をこなし、帰国。
それなのに、「体調がー」で休むのは、納得できない。

雅子さんが、おつむの障害+心の病気とは知らない人が、「お元気そうね」とあきれていたよ。
露出する度に、雅子さんおかしいと気づき始めている人が、増えている。

最後に、オランダの時と違って、あまりマスコミが盛り上げていないのが気になったが、いっぱい見なくて済んだので良かった。


雨が降ったりして、気温が上がったり下がったりして、体の調子を崩しやすい。
皆さんも、ご自愛下さい。
スポンサーサイト

コメント

酷かったですね・・

いつも記事UPありがとうございます。

今回のトンガも見る者にとって本当に苦行でしたね。
出発のニラニラ、飛行機の小さい窓いっぱいの醜悪な顔二つ。動き出す機内から振り返ってまで手を振るって小学生??
トンガでも乱杭歯むき出してみっともなかった・・。おでこ前回のオールバックってなんなんでしょう・・。ハッ!おでこ出すのってまさか佳子様の真似・・・???M子さんだと、お相撲さんにしか見えないんですけど。

アレラが羽田に着いた頃、お台場付近が交通規制で渋滞中ってラジオの交通情報で聞きました。まさにアレラの為だったんでしょうね。どうせ家帰ってもやることないんだからあんな近距離渋滞くらい我慢すりゃいいのに!と憤りを感じました。運転手に任せてカーテン閉めて寝てれば家に着くんですから・・世の中の働く人々の邪魔は本当にやめてほしいです。税金搾取もね・・。



和月様
記事更新ありがとうございます。

確かに今回のトンガ行きで雅子さんが
変だと気づかれた国民は少なくないと思います。
あの立ち振舞いは本当に形だけ
アテクシ ちゃんと聞いてます
アテクシ きちんと理解してます
そうやればやるほど程度の低さを露呈してるのに情けないですね。

あほ外交(?)している間に秋篠宮殿下は
陛下とともに東南アジアの主要国首脳の方々との皇室外交を務められました。
陛下と並ばれ首脳の方々とご挨拶される
お写真を拝見した時
今上陛下と次代様だと確信いたしました。

和月様が仰られてましたように
こういう形で上にあがられておられるのですね。
そしてその姿を私達国民にも
きちんとわかるように示してくださる神様方。
本当に有り難い事だと改めて感じ入った
出来事でした。

金子みすゞの詩を思い出しました。
昼間のお星さま
星の王子さまでも見えないものの大切さを語ってますね。
国や言葉や習慣など さまざまな違いはありますが
やはり人間の本質は同じなのでしょうね。

私達より和月様こそ お身体お労りください。
知らず知らずのうちにアレラの攻撃を受けてらっしゃるかも知れません。
本当にお気をつけてください。
そしてお風邪なども召しませんように
お祈り申し上げます。

Re: 酷かったですね・・

マナ様

本当に苦行でした。

前から、おでこを出してオールバックにしていました。
誰かが、雅子さんのオールバックを褒めたから、ずーっとし続けているとか。
遠目から見たら、おっさんに見えるので、あの髪型を褒める人はセンスのない男ですね。

そして、たるんだ皮膚を吊り上げ、リフトアップする為に、オールバックにしてるのかもしれません。

佳子さまの真似だとしたら、気持ち悪いですね。
お年を考えなさいと言いたいです。

またしても、混雑している時間に交通規制して帰ったのですか。
私も、憤りを感じます。

コメントありがとうございました。

和月さん、お疲れ様です。
今回の御訪問は、見てるいる方も疲れました。

とどめは、御所で東宮夫妻を迎えた愛子さんです。
車が到着する前からおじぎを始め、長い髪の毛が、ばさっばさっと落ちる様子が気味悪く……お迎えの練習は何度もなさった事でしょう。
三人揃った画像も修正疑惑があるそうですね。

何もかも虚飾に満ちた東宮夫妻。
御回復アピールの為に他国や現地日本人の方々を利用する東宮夫妻。
梅雨が明ければ、夏の御静養に励まれるのでしょう。

でも、今までのようにはいきませんよ。
秋篠宮家の皆様と厭でも比較される事になる。
週刊誌を使ってsage記事を書かせても、国民の目は誤魔化せなくなるでしょうね。

ふくちゃん様もおっしゃってますが、夏風邪が流行っているようです。御自愛くださいませ。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

トンガ国内でも、「病気と聞いていたのに、元気そうだった」とポカーン状態の人たちがいるそうです。

すみません、気を悪くなさらないで下さいね。
皇室外交というより、皇室親善の言葉が、今上陛下や秋篠宮殿下に相応しいと思います。

私も、その写真を見ました。
皇太子さんがいないと、こんなにスッキリして爽やかなのか!と思いました。
おっしゃるとおり、今上陛下と次代の方だと感じました。

労りの言葉をありがとうございます。
サンダルウッドを焚いたりして、浄化に努めていますので、大丈夫です。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

雪様

車が到着する前から、お辞儀してましたね。
お辞儀の練習を何度もされたのなら、髪がバサバサっと落ちると分かりますよね。
落ちないように髪をまとめると思うんですが、どうしてあの髪型にこだわるのでしょうね。

修正しても、どこか不自然さが出る。
ごまかしきれないものがあるのですが、分からないんでしょうね。

>虚飾に満ちた東宮夫妻
まさしく、その通りだとうなずきました。

体裁を取り繕っても、中身が空っぽで伴わないから、不自然さを醸し出す。
露出する度、東宮夫妻を見る人たちは、東宮夫妻はダメだと、厳しい目で見るようになります

労りの言葉、ありがとうございます。
夏風邪にかからないよう、気を付けていきます。

コメントありがとうございました。



かの国の人々

和月さま、更新、ありがとうございます。

この項を読んでいて、ふと思いついたのですが、東宮と小和田勢は、嘘をつくことを「悪いこと」とは思っていず、「必要なこと」と思っているのではないでしょうか? 

罪悪感がなく、まさに呼吸をするように嘘をついている様子を見ていると、「自分たちが幸せに(日本人の幸せ観ではなく、韓国人の言う、『大金を借りて贅沢に生き、1ウォンも返さずに死ぬ』という幸せ観)生きる為にしていることなのに、どうして非難されるのかわからない」といった、ゆるぎない自己主張を感じるものですから。

幸せ観というより、人生の勝ち組として、死ぬまでそれを貫いてやるといった、強烈な思い込み、ですかね。


Re: かの国の人々

まめはな様

まめはな様のおっしゃるとおり、雅子さんや小和田家に、かの国の思考回路と共通点を見出します。
例えば、
・嘘をつき続けると、真実になると信じる
・勝ち負けにこだわる
・親切に接してきた人を、自分より弱い人と見なし、強く出る
などですか。

雅子さんに流れている血を思えば、皇太子妃でいるために「必要なこと」と思っているかもしれませんね。
日本人にしてみれば、どこが必要なことだと疑問を感じますが。


コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。