季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

毒親の操り人形は上手に振舞えない


トンガ王室にとって重要な戴冠式を、キ●ガイを治すための荒療治に使うな。

2回もオランダ行ったが、良くなったか?

むしろ、悪化していく。

だから、オランダ新国王即位式に同行した大野医師が、今回はいないわけだ。


先生、分かってるよね。

トンガ行かせたって、雅子さんのゴビョーキは治らないって。

なんたって、雅子さんにだけしか見えないモノが見えるようになっているんだから、おしまい。

だから、あちこちに視線をさまよわせる。


ちなみに、キ●ガイが治らないのは、おつむの障害+雅子さんに流れている異国の血ゆえにだ。

なのに、毒親が、雅子さんを操り動かした。

だが、操り人形は、おつむの障害ゆえに、上手く事を運ばない。

そうして、ますます自爆の道へまっしぐら。




スポンサーサイト

コメント

和月様
記事更新ご苦労様です。

オランダといい今回のトンガといい
なぜ行けば病気が治る と思うのか・・・
この辺りの思考は全く理解不能です。

雅子さんは考えることを とうの昔にやめた人
本能のままに生きる原始的な動物
それだけならまだ良かったのに人間としての業は しっかりと持っている
だから どうしょうもない・・・
親として娘のことを真剣に考えなさい!
と このあほ両親に言いたいです。

戴冠式の映像見ましたが皇太子妃の器ではないと改めて思いました。
彼女にとって皇太子妃とは偉いんだぞ~
身位が皇后の次なんだぞ~
的な とても単純な解釈。
国を背負う品格が必要不可欠で
そのためには努力する人の何倍・なん十倍
それ以上の努力がいること
国民に敬われるには見えないところでの
大変なお務めがいること
全くわかってらっしゃらない。
わかろうとしないのではなく全然理解不能なんだろうなぁとこの頃思います。

キョロキョロ動く落ち着きのない目は
何かを探しているかのようにも見えます。
怖いものがいないか
目の端になんか見えた気がする
確認するため横目で見てみる
自分の立場も今いる場所も関係なしで
自分の内側との関係のみに従事してる
そんな風にしか私には見えないのです。

彼女の そんな部分を見てしまうと
投げ出しては駄目だ!と強く思います。
上手くいかなくても失敗しても
途中で諦めたり投げ出すのは人として
してはいけないんだと。
かたや紀子妃殿下は宮家の妃殿下としてなら・・・
という当初の予想を大いに裏切られ
今や皇太子妃としても通用されるほどの
ご立派な妃殿下におなりになられておいでです。
私達国民は人としてどうあるべきかを
皇室の光と影のお二人から
しっかりと学ばなければならないのかも知れません。
そうするようにとの天の神様方のご意向なのでしょうね。

今回のトンガでの映像
チラ見した私でさえ頭が重くなりました。
和月様においては記事文作成のため
たくさんの映像や写真を御覧になられたはず
どうぞお身体ご自愛なさってください。
ありがとうございました。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

雅子さんの親は、娘<自分たちの利益や体面 ですから。
適応障害と発表された頃、雅子さんの母が知人に、「皇室が面倒見るからいいのよ」みたいな事を言って、引き取らない考えを示したことがあったようですよ。
この話を聞いた時、日本人の感覚じゃないと思いました。

そうですね、落ち着かない目は、内だけしか見えてないと思います。

投げ出すというか、雅子さんはどうやったらうまくできるかということに頭が及ばない。
だから、投げ出す。そして、他人のせいにする。
それで、上手く行ったと思う思いがあるのでは。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |