季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私見です その②

皇族とは、”皇族の自分”を見せるのではなく、与えられた立場を理解し、地位にふさわしい活動をされるのが筋というもの。

本来の皇室の活動とは、秋篠宮殿下がおっしゃった「公務は受け身」というものだと思う。

公務の流れについては、佳子さま20年の歩みという特集でこのような記述があった。

①宮内庁を通して、公務の依頼があり、各宮家に振り分けられる。
②宮内庁を通さず、宮家に直接依頼があって、決まる。
③直接、殿下並びに妃殿下に直接依頼して、決まる。

公務が決まると、行く前から、公務先に非礼がないように、時間をかけて勉強されるという。
その下勉強があってこそ、公務先での事を理解された上の発言がある。

そうすることで、公務先も来て頂いて良かった、また次があればお願いしたいと思う気持ちになる。

一つの公務が、次の公務に繋がるという「輪」ができる。

それらは、天皇皇后両陛下や秋篠宮両妃殿下の公務を見ると分かる。


残念なことに、そういう事が分からない皇族が三人いる。
自分の要求を通し、公務をすればするほど、本来の皇室の活動から遠のく。

この三人が動くと、公務に利権が付きまとっているのではと思わずにいられない。
三人とも、利権になるものが無くなったら、公務は無いだろうね。


最後に、トンガの戴冠式は、日本の皇太子夫妻に来て欲しいであって、徳仁親王と雅子さんに来て欲しいのではない。

能なしの徳仁親王とキ●ガイ雅子さんという現状を知っていれば、誰も徳仁親王と雅子さんに来て欲しいと言える訳が無いだろう。

噂を聞いていても、戴冠式で招待するとしたら、地位的に、日本の皇太子夫妻を招待せざるを得ないと思う。

皇太子単独でもやらかすようになったのに、雅子さんも同行し、ゆるゆるのスケージュルで行くとはね。

だが、色々やらかす度に、廃妃への進みが速くなっていく。




スポンサーサイト

コメント

和月様
記事更新ありがとうございます。

全くもって仰る通りです。
皇后様の傘寿のお祝いでしたかしら
雅子さんはニコニコへらへら いつものお手振り。
奥横に座る皇太子さんのことなど
全然 気になさってない。

かたや紀子妃殿下は慎ましやかに頭を下げられ身を引かれておいでになり
奥横に座られている佳子様の にこやかな
笑顔を引き立てていらっしゃる。
皇族とは 如何なる時も全体に お気を回され気遣われ ご自分というものに対しては慎ましく行動される
秋篠宮御一家には謙虚・謙遜というものを
いつも感じます。
そしてそれを感じ取るからこそ国民も
ごく自然に頭が下がるのだと思います。

皇太子夫妻には微塵もない皇族としての
お心持ちです。

あちこちドタ出ドタキャン そしてトンガですか。
そうなされば良いと思います。
そして行かれた先で 空っぽのあほ。を
これでもかというくらい晒されておいでになれば堕ちる速度も上がるでしょう。
その陰で秋篠宮御一家は着実に お力を
おつけになっていらっしゃる。

和月様の仰る通り 東宮の堕落は決定されているのですもの。
あほ。はもう放っておいても大丈夫でしょう。
今は秋篠宮御一家の更なる繁栄を祈りたいと思います。

和月様の書かれたことを読みますと
うーん成る程!と いつも思い
自分が今 できる事を考えさせられます。
感謝でございます。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

雅子さん、天皇皇后両陛下と一緒に座れるアタクシをアピールして、カメラを意識してましたね。

常に周りへ気を配られ、笑顔を絶やさない。
紀子様の素晴らしい態度には、頭が下がります。

皇族の心持ちは、しっかり秋篠宮ご一家に受け継がれていますね。

そうですね、堕ちると決まっている以上は放っていいのでしょうが、ちょっと言わずにいられない時があります(汗)

私も、秋篠宮ご一家の繁栄を祈りたいと思います。


コメントありがとうございました。

こんばんわ。
いつもより厳しい御言葉が並んでいますね。
和月さんが仰る通りです。
公務を利権や自分の権威を見せつける事に利用している皇族が三人いますね。
両陛下や秋篠宮御夫妻の無私の献身、また復活なさった信子妃を御覧になっても、邪魔な存在だとしか思わないのでしょう。
両陛下を叩く自称保守ブログも相変わらずです。

でも、何か良い方向へ向かっている予感はあります。
最近は、皇室の報道も少しずつですが変わってきたように思います。
世間の皆様の目は誤魔化せなくなっているのではないでしょうか。
トンガへの御訪問が一つの転機になるかもしれませんね。

Re: タイトルなし

雪様

こんばんは。
利権と我に捕らわれ、見えなくなっている三人は、変わらないですね。
三人の中で、一人は、自分が間違っていたと理解できる時がくると思いますが、どうでしょうね。

そうですね、風向きが変わってきたと思います。
インターネットの効果は大きいですが、何より、目で見る事が大きいです。
皇太子夫妻のニュースが流れる度、感じる違和感、不快感など色々なものを感じ取っている人たちが増えてきているのではないでしょうか。
ネットしない方までも、皇太子夫妻はもう駄目だ、即位させちゃいかんと言っている有様です。

そうですね、トンガも一つの転機となるでしょう。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。