季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

夢の日記

4月下旬、秋篠宮両妃殿下の夢を立て続けに見た。

うろ覚えになったけど、共通しているのは、秋篠宮両妃殿下が穏やかで、透明感が漂っていた。

拝見していて、安心できたのを覚えている。


また、別の夢を見た。

気がついたら、私は京都の町中にいた。

ある道を通ろうとしたら、突然誰かに制止された。

そして、(制止した)誰かに、
「結界が切れた
だから、この先は通れないのだ」と言われた。

京都の結界が切れた?と、ビックリしているうちに目が覚めた。

印象に残ったので、日記として残してみる。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |