季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両陛下、パラオより帰国

天皇皇后両陛下が、パラオ慰霊から無事に帰って来られた。
こちらの動画では、秋篠宮殿下と両陛下の挨拶が映っていた。
挨拶する秋篠宮殿下のお顔が、安心されているように見えた。

皇太子さんの方は、秋篠宮殿下の横にいたためか、半分隠れており、影が薄かった。
お迎えでは、対照的というのは感じなかったが、現場では対照的だと思う。

両陛下の慰霊の旅を振り返ると、
1995年、「戦後50年」で、長崎、広島、沖縄、大空襲を受けた東京の下町を訪問。
2005年、「戦後60年」で、サイパン訪問。
2015年、「戦後70年」で、パラオ訪問。


戦争が起こり、大勢の命が失われたこと、戦争を忘れてはならない、英霊たちの魂を慰めるため、人生をかけて、慰霊の旅に行かれる両陛下。
その様子を、TVで見た国民も何かを感じたと思う。

慰霊の旅を、ただの慰霊、「点数稼ぎ」としか受け止められない人には分からないが、大きな意味がある


私は、日米の慰霊碑に、無私の心で黙祷されたお姿に、胸が熱くなった。
それと、黙祷されている時、両陛下の周りが発光しているように見え、天照大神の子孫ということを感じた。

慰霊の思いは、昭和天皇から今上陛下に受け継がれている。

戦時中に生まれた両陛下だが、次代は戦後生まれ。
皇室も、本当の戦後になる。

今上陛下から次代へ、戦争の記憶や慰霊を受け継ぐことができるかどうか。

皇太子さんは当てにならないけど、秋篠宮殿下や悠仁さまがいらっしゃるから大丈夫だと思う。

かつて、昭和天皇のお側でお話をしたり、昭和天皇のお姿を拝見された秋篠宮殿下のように、
悠仁さまも今上陛下のお姿を見て、育っていかれるのだろうなぁ。
そう思うと、この10年は大きい

これからの10年は、どうなるのだろうか。


今のところは、平成32年まではある。
今年のカレンダーを見ながら、平成37年でみようとするけど、
(私のレベルが足りないのか分からないが、)今のところみられるのは平成32年まで。

その先も、平成の御代が続きますように。


スポンサーサイト

コメント

和月様
記事文、読ませていただいて う~んと胸が、いっぱいになりました。
黙祷される両陛下の、あのお姿
そして彼方、前方の大海原に起つ無数の白波
決して忘れることの出来ない光景です。

お迎え時の皇太子さん お顔が赤かった!
お酒、飲んでるんじゃないか?‼
他スレで話題になっておりました。
その日、雅子さんと愛子さんがお出掛けで
一緒に飲んだんじゃないか とのこと
真偽は、わかりませんが拝見したお写真の
皇太子さんは、ひとり明後日の方向を向いておられた。
お写真には真が写ると言います。
皇太子さんに次代は無理です!
秋篠宮両殿下がおられることは大きな救いですが、
だからといって皇太子さんが次代でいい訳ではありません。
今回、特にそう思っておりましたら
たまたま先帝両陛下の、お写真が画面に現れました。
そのお写真を拝見しておりましたら
涙が溢れて仕方ありませんでした。

平成の世が、せめて、うまく事が運ばれるまで続きますように
八百万の神々様の御光を賜りますように
いつも心で願っております。

不安で乱れてしまいそうですが
和月様のお言葉に、いつも助けられております。
ありがとうございます。

和月様、こんばんわ。
パラオの記事、ありがとうございます。
私は以前パラオへ旅行に行った事がありますので、日本の皆さんにもっと親日国パラオの事を知ってほしいなと思っていました。
今回、天皇皇后両陛下がパラオをご訪問された事により、パラオに興味を持ってくださった方が増えて、大変嬉しく思っています。
また、土田喜代一さんの明るい表情とお言葉を聞き、無念の戦死をとげられた多くの英霊の方々があきつしまにて日の本に帰還されるであろうと信じております。
国籍、人種を問わず、総ての犠牲者の方々に祈りを捧げられた両陛下の無私の献身に感謝を捧げ、今後はパラオと日本の絆がより深くなる事を願っています。

和月様
記事の更新ありがとうございます。

皇太子のお出迎えの態度、偉そうに…(怒)
お見送りの時も、秋篠宮殿下は深々とお辞儀をされているのに、皇太子は顎を上げて見下ろす目線、薄ら笑い、何ですか、あの下品な顔つきは!!
もう既に天皇になった気でいるのでしょうか。
今上陛下がご無理を重ねてお弱りになっていくのを、舌舐めずりして待ち構えているような卑しげな感じです。

昭和帝が断固反対した女を娶った不敬と思慮の浅はかさは、とても象徴天皇の器ではなく、皇祖神の加護などあり得ないと思います。

私も、天皇陛下のご健康とご無事を願い、平成の御代の内に皇室が正しく整う事を一心に祈ります。

Re: タイトルなし

ふくちゃん様

コメントを読んで、パラオより帰国された両陛下のお迎え写真などを見てきました。
皇太子さん、ちょっと顔が赤いように思います。
秋篠宮殿下や安倍首相など他の方々は、表情が厳しいのに、皇太子さんだけがうっすらニヤニヤ笑っていました。
うわぁ、対照的です。

おっしゃるとおり、皇太子さんに次代は無理ですね。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

雪様、こんばんわ。
おっしゃるとおり、両陛下の慰霊のニュースが報じられて以来、パラオに興味を持つ方が増えているとニュースで見ました。
喜ばしい事ですね。

土田喜代一さんのインタビューで、英霊の思いも込めて語られているようで、胸が熱くなりました。
戦後70年にして、日本へ帰還の道がやっとできたのかなとも思います。

そうですね、パラオと日本の絆がもっと深まることを私も願わせて下さい。
コメントありがとうございます。

Re: タイトルなし

はちみつ様

他の方のコメントを受け、改めて写真や動画を見ました。
皇太子さんが、偉ぶってて、薄ら笑いしてましたね。

見送りの時、迎えの時も、両陛下の厳しい顔つきが気になりました。
それに対して、皇太子さんは何とも思っていないようなのが、なんとも言えません。

皇太子さんは、自分は恋愛結婚ではなく、周りが決めた結婚で了解すればよろしかったのに。
色々思うところはありますが、何より皇太子さんが考えることをやめ、周りに流されるまま「私」を取ったことが大きいですね。

コメントありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。