季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で3月も終わり

年度末で、ここんとこ忙しかった。
帰りにふと空を見上げると、つぼみの状態や咲きかけの桜が目に入った。
満開になる時のが楽しみ。


デンマーク皇太子夫妻の出迎えは、皇太子さんのみ。
出迎えはせず、中で合流の雅子さんというパターン、ウィリアム王子殿下の時もそうだったな。

不思議なのは、皇太子夫妻とウィリアム王子殿下やデンマーク皇太子夫妻との写真が全く出てこない。

ほんとに会ったのか?
それとも、会ったものの英語が通じず、微妙な雰囲気が流れたとか?

大丈夫じゃない気がする。

ともかく、静養の時はマスコミを呼び、わざわざ取材させるくせに、こういう時は取材させないのはおかしい。




スポンサーサイト

コメント

和月様
3/31中にコメントを!と思いながら、月が変わってしまってすみませんでした。

花起こしの雨、って言うのですか?私の居住地でも雨が続いて急に桜がパァ~ッと咲き誇り、四六時中、目の保養をしています☆
東宮からはこんな四季折々の爽やかな話は聞こえて来ないですね。

賓客のおもてなしは国家の体面に関わる事なのに、雅子さんは本当に人として失格ですよ。
妻をきちんと教育出来ない皇太子も知恵遅れとしか言いようがありません。

国連のパン事務総長との証拠写真を撮っていたのはどういう訳でしょうか。
ニュースでも映像が出たのです。
反日自虐史観で国連とズブズブの小和田恒が健在な証拠では?
皇太子夫妻が小和田恒の傀儡らしき様子は汲み取れますし。

私は毎日宮内庁、政府にメールしていますが、もっともっと声を上げる人が増えるのを切に願っています。

はちみつ様

花起こし雨・花の雨と、風情ある日本語ですね。
雨に負けず、桜が綺麗に咲き、その美しいこと。
日本に生まれて良かったと思う時です。

今の東宮家に、爽やかさが無いから、そんな話も聞こえませんね。
四季を感じられる爽やかな話と言えば、弟宮ご一家です。

国家の体面<「私」がやりたい事 の雅子さんですから、皇太子妃として失格。
人として失格の言葉に、太宰治の「人間失格」を思い出しました。
タイトルがまさに当てはまりますね。

おっしゃるとおりです。
それと、血が呼ぶ面会かもと思いました。

コメントありがとうございました


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。