季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀子さまと佳子さま


紀子さま、愛育病院開院式へ 移転前に悠仁さまを出産
朝日新聞 2015年1月21日20時15分

1421850995275.jpg

愛育病院の開院式でテープカットする秋篠宮妃紀子さま=21日午前、東京都港区、代表撮影

 秋篠宮妃紀子さまは21日、東京都港区のJR田町駅東口に移転した愛育病院の開院式に出席した。紀子さまは2006年9月、東京・南麻布にあった移転前の同病院で長男悠仁さまを出産している。
 同病院は皇室とゆかりが深い。天皇陛下の誕生を祝い、昭和天皇から贈られた下賜金をもとに恩賜財団母子愛育会が設立され、愛育病院が開設された。紀子さまは同会の総裁を務めている。
 この日、紀子さまは病院内を見て回り、開院式でテープカットした。悠仁さま出産時に主治医を務めた中林正雄・社会福祉法人恩賜財団母子愛育会総合母子保健センター所長によると、紀子さまは「とてもいい病院になりましたね」「これから大変でしょうが、一生懸命頑張ってください」などと話したという。(島康彦)


紀子さまが、発光なさっている。
お召し物の色に、ちょっと早い春がやってきたような感じがした。


紀子さま、佳子さまがキルト展ご鑑賞
msn産経ニュース 2015.1.22 13:11

秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さまは22日、東京都文京区の東京ドームで始まった「第14回東京国際キルトフェスティバル」を訪れ、開会式に臨んだ後、出展作品を鑑賞された。
 同フェスティバルには例年、紀子さまお一人で臨席されており、佳子さまが同席されるのは初めて。佳子さまは幼少期から手芸に親しまれている。
 日本キルト大賞は、神奈川県厚木市の主婦、三坂悦子さん(67)の「無音」。雨粒が川面を打ち、波紋が広がる様子を藍色を基調に表現した作品で、紀子さまは「とてもすてきな作品です。藍色は日本人にとって落ち着く色ですね」、佳子さまは「温かい感じがします」とそれぞれ感想を述べられたという。


lif1501220018-p1.jpg
東京国際キルトフェスティバルの開会式で受賞者に声を掛けられる秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さま=22日午前、東京都文京区(代表撮影)
lif1501220018-p3.jpg
第14回東京国際キルトフェスティバルの開会式に出席された秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さま=22日午前、東京都文京区の東京ドーム(代表撮影)
lif1501220018-p2.jpg
日本キルト大賞を受賞した三坂悦子さんの説明をお聞きになる秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さま=22日午前、東京都文京区(代表撮影)


同じトーンでの装いも、素敵。
母娘の公務も、良い~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。