季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陛下のお言葉に涙が出た

陛下のお言葉は重い。

浩宮に対して、「象徴天皇とはこういうものだ」と示された。

天皇とは、日本のことを常に思いを馳せるもの。
日本各地の離島や僻地にも足を運び、沢山の公務もある。
(自分の好みで、国事行為を減らしたり増やしたりしてはいけない)
もし即位する際には、日本の社会が停滞するほどの儀式が何年も続く。
(弟宮ご一家にアトヨロで任せてはいけないよ)
摂政を置くと典範にはあるけれど、健康な天皇が行うのが当たり前。
それでも、貴方は天皇として国民の為に務める覚悟はあるか?

天皇陛下としては、「生前退位」を否定されている。
齢80超えたけれど、「健康」。
摂政を置くのは、「未成年の天皇」と「重病などによりその機能を果たし得なくなった場合」。
この場合も、天皇が、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはない。

このままだと、恐れ多いが今上陛下が御隠れになり、 次の天皇がたっても病があると御代は短い。
つまり、2度の大喪の例即位の礼と国民に負担がかかってしまう。
浩宮夫妻がポケットマネーを使いまくっているため、国庫による負担大。

そして、「残される家族・・・」の秋篠宮ご一家に負担がかかる。
姉上様は降嫁されて、動ける皇族が減る。
4年後の平成32年に開催される東京オリンピックと大喪の礼が重なってはいけないというご心配。

それならば、「健康」で「夫婦」で「日本津々浦々」を訪れることができる秋篠宮殿下に継がせたい。
又は「摂政」にし、いずれは悠仁殿下が即位して欲しい。

未来を見据え、色々思われていらっしゃる。

「お言葉」に、皇太子の文字が出てこないことは、暗に次代として任せられないとおっしゃっている。

今回、天皇陛下に対し、大きなカードを切ったつもりが、ブーメランとなって返ってくる。

浩宮、今まで名古屋を訪れても熱田神宮を参拝しなかったのに、今日に限って参拝とは。
熱田神宮へ参拝して、次代アピールのつもりだろうが、意味がない。
一時は盗難にあった草薙の剣が置かれている神宮の御祭神が秋篠宮殿下をお守りになっているし。
剣は動かせない。

平成28年8月8日と、末広がりの8。
浩宮が富士山に登った、2008年の8月8日への返しでもある。

皇太子さま、富士山に初登頂
2008/8/8(金) 11:47掲載 yahoo
 皇太子さまは8日早朝、富士山(3776メートル)に初登頂した。7日に静岡県側の富士宮口新5合目から登り始めた皇太子さまは、山腹の宝永火口を経由して8合目の小屋に到着。一泊して8日午前5時ごろ、小屋でご来光を眺め、山頂には同6時20分すぎに着いた。「富士山の雄大さを感じました。ご来光もすばらしかった」と感想を語った。(毎日新聞)




先帝陛下はご自身が亡くなられた後のことに思いを馳せ、侍従に何度もおたずねになられたという。
また書く。
ここらへんでおやすみなさい。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。