季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地移転問題について

「築地移転問題」について、移転はない。
土地はそのままで、建物だけ建て替える。


築地市場は、水産物、青果(野菜・果物)、鳥卵(鶏肉および鶏卵)・漬物・各種加工品(豆腐・もやし・冷凍食品等)を扱う市場である。

豊洲新市場は、問題がありすぎて何の為に建てたのか分からない。

①土壌汚染問題で「食」と「体」の安全性が不透明
土壌汚染がどれくらいあるかの結果はまだ上がっていないはず。
魚や市場で働く業者たちの健康問題に関わることなのに。

②構造上の問題で、「掃除」は海水NG×なので、真水かほうきで掃けばOK
築地では、海水で床を掃除し、「清潔」と「食の安全」を保ってきたが、豊洲では構造上不可能。
東京都が言う「掃除」は、虫が湧くので清潔が保てない。
「東京都」真水で掃除OK→水たまりができると虫が湧いてしまう。
「東京都」ほうきで掃いて→虫が湧いて出てしまう。

築地で行われている海水での掃除が、理に適っている
だから、新市場に移っても海水での掃除がしたいという業者の望みが、東京都に通じていない。

③水槽の海水を冷やす氷を作る設備が無い
釣れた時に締める浜締めもあるが、基本的に生きている魚を産地から仕入れて扱う。
魚を水槽に入れ、水温に気を配り氷をいれたりして鮮度を保つ。

豊洲に移ったら、機械で水温調節をする事になる。
電気代がかかるし、停電の時は使えないから魚の鮮度が保てない。

以上の理由で、氷を必要とする業者は多いと聞く。

④店舗のスペースが築地より狭い
店舗のスペースが狭く、業者が仕事しづらいと不評。

⑤搬入口が狭く、側面が開くトラックに対応できない。
トラックの後ろ側からしか搬入できない。
側面が開くトラックの参考画像(wikiより)
wikiForwardwing.jpg

搬入口を広くとり、色んなトラックに対応できるようにするのがベスト。

⑥業者が築地→豊洲へ移転するには、大金がかかる
コストの問題で、業者は大金を払って引っ越さねばならず、移転の目途がついていない所も多い。

まだまだ問題があるが、ここで終わりたい。

実際に働く業者が移転しても大丈夫だと安心して働けるように環境を整えるのが良い。
しかし、豊洲新市場は卸市場の「機能」と働きやすい「環境」、「食の安全」が軽視されている。
本末転倒とは、まさにこの事。
業者が、全て整っている卸市場の築地に残りたいと思うのは至極当然である。

東京都は、大金をかけて「利権」のからんだ中身が無い建物を建てた。
日本の「食の安全」「食への信用」を破壊する事になるのに。

今、海外から観光客が築地を見学したがっているが、彼らの目には海水掃除で清潔が保たれている「築地」で沢山の活魚が取引されているのが新鮮に映るからだ。

マスコミは、小池知事を叩くより、なぜこんな市場になったのかと取り上げるべきではないか。

東京都が移転せよとこだわっていたのは、東京駅や日本橋に近い都心の一等地である「築地」にある。
跡地に何を建てるか作るかは白紙ということだが、今のままでは利権が関わる跡地になるだろう。
オリンピック開催もあるし、無茶苦茶な街づくりが行われてしまうのではと不安になるね。

だから、小池知事が、かねてから言っていた「築地はそのままで、建物だけ建て替えましょう」を実行する。


頂いたコメントは、後で返事しますので少しお待ちくださいね。
スポンサーサイト

ブログを休んでいる間、繰り返し思い出す写真

syouwatennou15354.jpg

imk5zj.jpeg

ブログを休んでいる間、脳裏に上の2枚の写真がよく浮かんでいた。

今上陛下単独でのアップ写真が無い。
と思ったら、駅を出発する電車の中でお見送りの方に対して、お立ちになっている写真が余り無いからだと気づいた。
こうなったのも、浩宮夫妻が、同様に立ってお見送りを受けないからだろう。
(乗車したらすぐ席にドッカリと座っている感じ)

最後に、昭和天皇と香淳皇后の写真もアップ。
f3de3186a0a16fb8070e7d65d7ec760e.jpg

今、あまりお召し列車を動かされることは無いけれど、いつか秋篠宮殿下と妃殿下がお召し列車に乗られるお姿を見たい。


「皇太子一家の最後の夏休み」

8/16~20 須崎御用邸
8/24~那須御用邸

”皇太子ご一家”として思うままに動ける夏休みは最後。
後は、思うように動きたくても動けない。

9/1に、浩宮だけ公務の為東京へ帰るが、また那須に戻る。
何故かというと、仲良し家族というアピールの為もあるが、”皇太子”の浩宮がいないと帰りの交通規制もできないからね。

ごセイヨー報道で、駅で愛子さまや雅子さまと話しました~という人は、あらかじめ話す人と決められている人だ。
つまり、仕込みで、台本もある。
前もってこの人と話すと聞かされているから、知らない人だけど話せる。
(または、知っている人だけど初対面の振りして話すパターンもあるかも)

被災地訪問の被災者と面会の時や、山の日の公務も、そう。

皇太子一家(特に雅子さん)が、知らない人と話すスキルが無い。
自分からはどんな話をしたらいいのか分からないし、相手からどんな話をされるかも分からなくて怖いみたいだね。

そういえば、(療養に入るまで)出席した園遊会も会釈で誤魔化していたみたい。
しかし、皇太子妃として動くのなら、秋の園遊会に出席して招待客と話さなければいけないと思うけど、会話は無理だろうね。
(親の知人を会場に滑り込ませて挨拶した事は除く)

東宮大夫が、「皇太子殿下は天皇陛下のお言葉を重く受け止めているように思います」って言ってたが。
浩宮は、天皇陛下のお言葉を重く受け止めていないよ。
「生前退位」のニュースに驚いたけれど、やっぱり他人事
だから、例年通りセイヨーハシゴするわけで。
天皇皇后陛下が東京を離れている間、留守番という形で東京に残らない。

最近、「女性天皇」の動きが見られることについて、不完全燃焼に終わるので心配ない。
今、官は東宮の周りに優秀な人材を配置し、包囲網を作っている途中なのだから。

天皇陛下に矢を向けたことは、歴代の天皇陛下に矢を向けたも同じだと思うのだが、矢を向けたアレラには分からない。
そして、過去の女性の天皇陛下はアレラが言う「女性天皇」とやらと一緒にされたくないだろうと思う。
男子に皇統を繋げる思いで就かれたのだから。

アレラの「女性天皇」は、皇族男子による皇位継承の廃止が目的。
最終的に皇室を廃止し、日本を解体したいのだろうけれど、そうはいかない。
皇統が約2600年も続いてきたように、
天皇陛下ー秋篠宮殿下ー悠仁殿下にと続き、その後も続くからだ。


つぶやき

仕事の事もあり、しばらくブログをお休みしていた。
少しずつ更新していこうと思う。


リオオリンピック日本代表選手の活躍が、とても素晴らしかった。
諦めずに立ち向かえば夢は叶うのだと、改めて感じた。
それと、「安倍マリオ」に感動して涙が出た。

でも、2020年(平成32年)に東京オリンピック開催できないんだよね。
日本の事だから、詳しく言えないけれど、これは確か。
でも、開催の時期がズレるだけで、東京オリンピックは開催されるから大丈夫。

君が代のように、一人一人皆が日本が上に上がるのを意識して、前を向いて生きて行こう。


今年は、夏が短いが、台風の通りがいつもと違う。
余り台風がこない北海道が大変な被害に見舞われている。
お見舞い申し上げます。


天皇陛下のお言葉について②

天皇陛下は、国民に寄り添い、終生天皇であると明言されている。
にも関わらず、「生前退位」のご意志ありと騒ぐマスコミ。
なんがなんでも、天皇陛下に退位して欲しい勢力がいることが分かる。

もし、仮に譲位されたら、身位はこうなる。
太上天皇>天皇>皇太子
譲位しても、太上天皇を"陛下"と呼ぶことになる。
反勢力は、そこを理解していない。

国民に負担をかけず、スムーズに皇位が秋篠宮殿下ー悠仁殿下に行くよう願われている。
昔から続いている儀式=「大喪の礼」「即位の礼」。
現代では、その儀式に加え、海外からの弔問客及び祝う客に対応しなければならない。

手順、流れをしっかり理解し、きちんと動ける皇族が必要。
恐れ多いが、天皇陛下が崩御された時、眞子さまと佳子さまが降嫁していたら、動ける皇族が足らない。

記憶力がある秋篠宮殿下なら、きちんと差配なさり、動けると思う。
一方、浩宮は能動的ではないから当てにならない。
先帝陛下が崩御なさった時の浩宮のエピソードがある。
家族で話し合われた時、「後はよろしく」とさっさと下がろうとして、紀宮さまに「無責任ですよ」と厳しくたしなめられたと。
このように難しい話は「後はよろしく」で逃げるから、もしもの時、手順を側近に指示されない限り、後はよろしくと秋篠宮殿下に任せるのが想像できる。

昭和天皇が死後の事を思われたように、今上陛下も様々なことをお思いになったと思う。
火葬にするのも負担を減らす為だったね。
私としては、一応身内の人に呪術を使う者がいるから後を任せられないと思った。
ソウカ、売国奴が入りこんでいる宮内庁だし。
ついでに言うと、初めて火葬にしたのは持統天皇。
なぜ火葬にしたのかを考えると、古代は油断も隙もない時代と分かる。
ご遺体を悪い呪術に使われたらたまらない。

話を戻す。
昭和天皇が「東宮ちゃんがいるからね」と言った時と違い、今の東宮は機能不全に陥っている
機能不全の東宮では、天皇は務まらない。
「生前退位」報道の前後から、浩宮夫妻が一家で動いているが、国民の為にではなく自分の為に動いている
浩宮、しんどいだろう。

2年持つかなと思っていたら、こんな夢を見た。
『浩宮、平成○○年○月逝去』と新聞に見出しが出ていた。
○○年のところが、うっすらと見えるような見えないような感じで、じっくり読もうとしたら、そこで目が覚めた。

悔しい。

やっぱり、天皇皇后両陛下が息子を見送ることは確定。

2年と言えば、天皇陛下も「平成30年」とおっしゃったね。
衆議院議員総選挙がある年でもあるし、
ネットで言われているように、平昌冬季オリンピックに関して何かがあるのか。

ともかく、国民と政府に対して2年という期限を設けられた。
そんな気もする。


皇位は天皇陛下のものではない。
天照大神からの預かり物であり、天と国民の橋渡し役だ。









陛下のお言葉に涙が出た

陛下のお言葉は重い。

浩宮に対して、「象徴天皇とはこういうものだ」と示された。

天皇とは、日本のことを常に思いを馳せるもの。
日本各地の離島や僻地にも足を運び、沢山の公務もある。
(自分の好みで、国事行為を減らしたり増やしたりしてはいけない)
もし即位する際には、日本の社会が停滞するほどの儀式が何年も続く。
(弟宮ご一家にアトヨロで任せてはいけないよ)
摂政を置くと典範にはあるけれど、健康な天皇が行うのが当たり前。
それでも、貴方は天皇として国民の為に務める覚悟はあるか?

天皇陛下としては、「生前退位」を否定されている。
齢80超えたけれど、「健康」。
摂政を置くのは、「未成年の天皇」と「重病などによりその機能を果たし得なくなった場合」。
この場合も、天皇が、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはない。

このままだと、恐れ多いが今上陛下が御隠れになり、 次の天皇がたっても病があると御代は短い。
つまり、2度の大喪の例即位の礼と国民に負担がかかってしまう。
浩宮夫妻がポケットマネーを使いまくっているため、国庫による負担大。

そして、「残される家族・・・」の秋篠宮ご一家に負担がかかる。
姉上様は降嫁されて、動ける皇族が減る。
4年後の平成32年に開催される東京オリンピックと大喪の礼が重なってはいけないというご心配。

それならば、「健康」で「夫婦」で「日本津々浦々」を訪れることができる秋篠宮殿下に継がせたい。
又は「摂政」にし、いずれは悠仁殿下が即位して欲しい。

未来を見据え、色々思われていらっしゃる。

「お言葉」に、皇太子の文字が出てこないことは、暗に次代として任せられないとおっしゃっている。

今回、天皇陛下に対し、大きなカードを切ったつもりが、ブーメランとなって返ってくる。

浩宮、今まで名古屋を訪れても熱田神宮を参拝しなかったのに、今日に限って参拝とは。
熱田神宮へ参拝して、次代アピールのつもりだろうが、意味がない。
一時は盗難にあった草薙の剣が置かれている神宮の御祭神が秋篠宮殿下をお守りになっているし。
剣は動かせない。

平成28年8月8日と、末広がりの8。
浩宮が富士山に登った、2008年の8月8日への返しでもある。

皇太子さま、富士山に初登頂
2008/8/8(金) 11:47掲載 yahoo
 皇太子さまは8日早朝、富士山(3776メートル)に初登頂した。7日に静岡県側の富士宮口新5合目から登り始めた皇太子さまは、山腹の宝永火口を経由して8合目の小屋に到着。一泊して8日午前5時ごろ、小屋でご来光を眺め、山頂には同6時20分すぎに着いた。「富士山の雄大さを感じました。ご来光もすばらしかった」と感想を語った。(毎日新聞)




先帝陛下はご自身が亡くなられた後のことに思いを馳せ、侍従に何度もおたずねになられたという。
また書く。
ここらへんでおやすみなさい。

お言葉全文



天皇陛下「象徴の務め難しくなる」 お言葉全文
2016/8/8 15:00  日本経済新聞

戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。

 私も80を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に80を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉(しゅうえん)に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2カ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることはできないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

 国民の理解を得られることを、切に願っています。




お言葉を受けて、安倍首相のコメントがこちら。

首相「しっかりと考える」…天皇陛下のお言葉
2016年08月08日 21時56分 読売新聞

天皇陛下のお言葉表明を受け、安倍首相は8日、「天皇陛下が国民に向けてご発言されたということを重く受け止めている」と首相官邸で記者団に語った。

 そのうえで、「ご公務の在り方などについては、天皇陛下のご年齢やご公務の負担の現状にかんがみる時、天皇陛下のご心労に思いを致し、どのようなことが出来るのか、しっかりと考えていかなければならない」と述べた。

 政府は皇室典範改正や特別法の制定に向け、秋にも有識者会議を設置して議論に着手する方向で検討している。



まとまりのない呟き

テレビで情報操作しても、インターネットがある限り、真実に突き当たる。
突き当たった者から人へと伝わり、真実が明らかとなる。

インターネットは、光でもあるが、光に紛れて闇も動いているので、情報取捨選択に要注意である。

浩宮夫妻では、日本を支える柱を立てられない。
一応皇太子とその妃殿下という立場でありながら、身魂を磨かなかった。
太陽のように明るく、清らかで穢れなき、清く真っすぐで偽りのない心や体でいることを放棄した。

日本を支える柱を支える天皇皇后両陛下に続き、秋篠宮同妃両殿下も柱を立てて支えられる事ができる。
それは、身魂を磨いているからである。

ふいに、前に書いた記事を思い出した。
「上がりて下がりてゆく末に」

日本が、民が、上に上がって欲しくないから、情報操作する。
不安を煽り立て、争いを生み、憎しみを作る。

それらに引きずられてはならない。

つとめて上を意識し、身魂を磨く。
「上がりて下がりてゆく末に」に書いた真の心とは、太陽のように明るく、清らかで穢れなき、清く真っすぐで偽りのない心である。

生きている限り、真の心であろうとするのは、難しいことだが、真の心に近づくようにつとめるのも大切だと思う。

一つの光が、新たな光を生み、繋がることを意識していく。
意識が、人を作る。

おやすみなさい。


真のお姿

前記事に載せた『半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ』記事は2013年。
その時点では、同等に扱われているが、今はどうか?

同等ではなく、実質”次代”として扱われている

”皇太子夫妻”で見ると、浩宮夫妻。

しかし、”皇太子同妃両殿下”で見ると、秋篠宮同妃両殿下。

分かりやすく言うと、”皇太子夫妻”の浩宮夫妻の後ろに、”皇太子同妃両殿下”の秋篠宮同妃両殿下が立っている。
そして、輝きのない前者に対し、後者は輝いている。

秋篠宮殿下は、皇太子殿下であられた頃の天皇陛下と同じ”次代”を継ぐ輝きをはなっていらっしゃる。
紀子妃殿下は、身魂を磨かれた結果、輝かれている。
妃殿下の輝きは、優しくてお人柄がしのばれる。

やはり、両殿下とも、覚悟を強く決めておられる。

実質、”皇太子同妃両殿下”でいらっしゃるということだが、
”皇太子同妃両殿下”として拝見する時が来るのもそう遠くはないだろう。

「生前退位のご意向」と報じられた後、今上陛下はどう思われていらっしゃるのかと考えていたところ。
静かなお怒りが伝わってきた。
この件は、今上陛下の本意ではないと思った。

誰かが、陛下のお言葉を使って都合のいいように改ざんした。
「天皇」としての務めを十分に果たせない者がその地位に留まることがないように」
「生前退位の意向を示すように」
と、お言葉があったが、誰にお言葉があったのか。

ここで、「生前退位」がヒントになる。
天皇の場合は、位を譲るといって、「譲位」。
位を退くといって、「退位」するのは、皇太子。

すなわち、浩宮へ言ったのではないか。

だが、この件をリークしたのは、浩宮ではない。
念の為に言っておくが、秋篠宮殿下でもない。

他に、このお言葉を知る者がいる。

会見と騒いで、天皇陛下のお言葉を引き出したい勢力がいる。

会見があろうとなかろうと、天皇陛下は天皇陛下であり続ける。
浩宮夫妻が”皇太子夫妻”で動けるのも今夏まで。

浩宮夫妻の動きは見苦しいが、しばらくの辛抱。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。