季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇居の「門」

テレビでニュースを見た後で、Youtubeの生前退位の意向後初 両陛下ご一家で昼食会 を見た。

秋篠宮殿下と黒田清子さまは、同じ所を車で通られているようだが、浩宮は違う所を通っている気がすると思っていた。

そしたら、今日、朝日新聞デジタルに、秋篠宮殿下と清子様と、浩宮がどこを通ったと詳しく書かれていたのを見つけた。
下に、転載する。

天皇ご一家、集まり昼食会
朝日新聞デジタル 2016年7月24日05時00分

 天皇陛下は23日、お住まいの皇居・御所に皇太子さま、秋篠宮さまを招き、昼食をともにした。長女の黒田清子さんも同席した。天皇陛下の「生前退位」の意向が明らかになった後、ご一家が集まるのは初めて。

 この日は午前11時半過ぎから、黒田さん、秋篠宮さま、皇太子さまが別々に車で皇居に入り、約2時間にわたり御所で過ごした。ご一家は時折御所で食事会を開いている。内容は非公開だが、今回の事案が話題にあがったとみられる。午後2時10分過ぎ、乾門から秋篠宮さまと黒田さんが別々に車で出ていき、秋篠宮さまは集まった報道陣らに頭を下げてあいさつした。皇太子さまは桔梗(ききょう)門から車で皇居を出たという。

 関係者によると、天皇陛下は天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を持ち、皇后さまや皇太子さまらに伝えているという。(多田晃子、島康彦)



秋篠宮殿下、清子さまは、帰りは乾門から出られたということだが、行きもそうではないかと思う。
浩宮だけ、先に桔梗(ききょう)門から出た。

ちなみに、桔梗(ききょう)門で調べると、皇居参拝者や勤労奉仕の人達が出入りする門で、皇族が出入りする門ではないようだ。

皇居の「門」について、前にこんな記事があった。


半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ
2013.06.04 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20130604_188618.html

「おサイフ」の中味も違えば、護衛の数、皇居を出入りする門まで、皇太子家(東宮家)と
秋篠宮家には大きな「格差」がある。産経新聞記者・大島真生氏が解説する。

 平成18(2006)年9月6日、41年ぶりの男子皇族となる秋篠宮家の第三子、悠仁さまが誕生された時、
「悠仁親王」命名の儀の会見は宮内庁記者クラブの隣にある「報道室」で行なわれた。報道室とは宮内庁が
日常の記者発表やプレスリリースを行なう場所である。
 その5年前、平成13(2001)年12月1日、皇太子家に長女、愛子さまが生まれた。天皇陛下から授けられた
「敬宮愛子」の命名の儀の会見は、文化勲章の受章者らが記者会見を行なう宮内庁3階の大講堂であった。
 誕生の際の一般記帳についても、愛子さまは、誕生の翌日から宮内庁で行なわれたが、悠仁さまは「宮家」
だからとの理由で一般記帳が行なわれなかった。
 皇太子家と宮家では、皇居を出入りする際に通る「門」にも違いがある。天皇陛下および内廷皇族(皇后、皇太子ご一家)は「半蔵門」が用いられるが、他の皇族は「乾門」を使用する。秋篠宮さまも半蔵門を使うが、「陛下から特別にお許しを得てのこと」とされており、土日に私用で皇居を訪れる時には、遠慮して乾門を通っている。
※SAPIO2013年6月号


ということで、浩宮の独断でこの「桔梗(ききょう)門」を通ったなんてことは絶対無い。

天皇皇后両陛下がお住まいになる皇居の「門」だから、天皇陛下のお許しがないと通れない。

天皇陛下から、浩宮は桔梗(ききょう)門から出るようにと言われたからだろう。
この意味は、大きい。

ところで、取材のカメラが入っていたから、浩宮は行き帰りも桔梗(ききょう)門を通るという情報が入っていたのだろうか。

ところで、この記事からは、秋篠宮殿下の身位が分かる。
秋篠宮殿下は平日は半蔵門をお使いになられ、休日に私用で参内される時には、乾門をお通りになるってこと。
つまり、浩宮と秋篠宮殿下は同等に扱われているという証だ。

眞子さま佳子さまも、半蔵門をお使いになられているのは自然なことである。

たかが「門」されど「門」、奥深い。


スポンサーサイト

「ポケモンGO」

話題になっている「ポケモンGO」、危ないね。

ゲームはゲーム
現実は現実

と、しっかり線引きして欲しい。

ゲームに夢中のあまり、危険な目に遭って怪我とか色んなニュースが入っている。
危ないと注意を促しながらも、流行になっているから取り上げるというテレビが多いが、もっと取り上げるニュースはあるはずだ。
東京都都知事選挙とか、もうすぐ開催されるリオオリンピックとか、中国とかね。

私には、テレビがあおりまくっているようにしか見えない。

生きているのだから、ゲームより、現実。
スマホを鞄にしまい、街歩きを楽しみ、今の季節を感じていこうと言ってみたい。

最後に、街歩き中に撮った芙蓉です。
9Zoinhcp1.jpg


皆さんも、家の戸締りなど用心されますよう、そして、お体の調子を崩されませんよう気を付けて下さいね。

浩宮一家のは「参拝ロケ」で、参拝にあらず

体調は大丈夫だったが、ネットする時間がやっとできたのでアップ。


皇太子ご一家、神武天皇陵参拝=愛子さまは初めて-奈良・橿原市
時事通信より
皇太子ご夫妻は21日、長女愛子さま(14)=学習院女子中等科3年=を伴って奈良県を訪れ、橿原市の神武天皇陵を参拝された。愛子さまの訪問は初めて。
 今年は神武天皇の没後2600年に当たるとされ、4月には天皇、皇后両陛下も同天皇陵を参拝している。宮内庁によると、ご夫妻は以前から愛子さまと3人での参拝を望んでおり、中学校の夏休みの機会に実現した。
 ご一家は新幹線や近鉄を乗り継いで奈良県入りし、午後2時すぎに同天皇陵へ到着。ご夫妻はモーニングなどの正装に、愛子さまは制服にそれぞれ着替え、陵の前へ進んで拝礼した。(2016/07/21-16:40)


ニュースを見るまでもなく、浩宮一家の神武天皇陵参拝は、手段の為に「参拝ロケ」したんであって、「偽参拝」と分かっていた。
後で、動画や写真を見ると、やっぱりそうだなと思った。

浩宮一家の行動を書き出していく。

これから参拝する為に奈良へ移動するのに、お手振り

参拝が、午後3時。
皇族が参拝する時間にしては、遅すぎる。

参考に、4月3日神武天皇2600年式年祭で、秋篠宮両殿下を伴って神武天皇陵を参拝された天皇皇后両陛下の記事を見返した。
写真の日付が10時27分とあったので、午前中に参拝されていたことが分かる。

次代としてのアピールという大義がある割には、遅すぎる参拝。
原因は、雅子さんが早く起きられないからだろう。

ニュース動画では、一列で歩くところと、三人並びで参拝というよりお辞儀するところだけ
ということは、玉ぐしを捧げたのは、神官で、浩宮夫妻と愛子さんは玉ぐしを捧げていない
だから、そこだけ切り取り編集で、報道させた。

その後、橿原神宮を参拝することもなく、京都へ移動した。

ほんとに、手段の為に「参拝ロケ」だったよ。

だから、「偽参拝」であって、ノーカウント。

大体、「中学校の夏休みに~」「愛子を連れてきたかった」と報道させるのもおかしい。
皇族なら、卒入学の時など節目の時に参拝するんだから、わざわざ理由づけしない。
参拝が遅かったことに対するする「言い訳」だね。

被災地の時もそうだけど、手段の為に「参拝ロケ」するのも許せない。
しかし、「手段の為に」がブーメランとなって返っているから、大丈夫。
うーん、複雑。

しかし、今回分かったことがあった。
今回の参拝について、雅子さんは「行きたくないのに行かされた」って。
でも、若くて綺麗で優秀な私がお手振りしてやったら皆から注目されて嬉しかったらしい。

だから、毎回お手振りするのか。
ついでに、雅子さんの脳内は、実際の年齢(52歳)の私<20代の頃の私で時が止まっている模様。
服のフィッティングが苦手なのもあるのだろうが、昔のドレスやスーツと同じものを作らせて出てくるのは、そういうことかと納得した。
見かけも、中身も、年相応に年が取れていないことに納得。

だれだって、年を取った自分というのはショックだけれど、現実を受け入れつつ、なんとか綺麗に年取れないか努力しているんだよ。
見方を変えれば、年を取る=この年まで生きて来られたってこと。
そして、生きていることに感謝して生きていく。

話に戻って、
雅子さんが、現実を直視せざるを得なくなった時、反動はすごいだろう。



日本は「譲位」

宮内庁が否定、内閣も否定しているのに、「生前退位」と取り上げるマスメディアにうんざり。
正確なニュースソースもないまま「天皇陛下、生前退位のご意向」とぶち上げまくったから、引っ込みがつかないんだろうね。

そもそも、「生前退位」という言葉が、しっくりこない。
我が国では、昔から天皇が「譲位」すると、太上天皇(を略した上皇)に就かれたという歴史がある。

ということで、海外王室の「生前退位」とは異なり、日本は「譲位」
だから、「譲位」が正しいのだけど、ニュースソースとこの言葉を使った彼らが日本人ではないから「生前退位」を使っているとしか思えない。


私は、譲位しなくても、かつて、大正天皇の摂政宮(せっしょうみや)に就かれた昭和天皇の例があるように、今上陛下に摂政宮をおくということを考えればよいと思う。
しかし、今の皇太子の地位にある浩宮では務まらないのは、皆さんご存知。
そこで、秋篠宮殿下が浩宮の摂政につかれたほうが良い。

終生、天皇陛下も天皇を務められることができる。

数年前から、秋篠宮両殿下の立場が変わってきている。
今年、アレラがその事を知る。

アレラのシナリオを、考えてみた。
「天皇陛下、生前退位のご意向」とぶち上げる

憲法違反になる?
海外の王室も、高齢で退位された~と繰り返す

浩宮一家が神武天皇陵へ参拝
皇太子さまがいるので、任せられても大丈夫だ

退位

ナルちゃん、テンノーに。
まだある皇室の宝を売りさばき、ナルちゃんテンノーを韓国や中国へ謝罪させるというシナリオを描いてたかもしれないが、無理。
この件に関わった者、考えた者、全てブーメランとなって返ってくる。

何度も書いたと思うが、流れは、変えられない。

日本の生前譲位は海外王室とは違うのだ

思いがけず、時間が取れたので頂いたコメントに返事をしたのでよろしくです。

NHKだけでなく、各テレビ局も、天皇陛下の「生前譲位」を報道しているね。
その中で、生前譲位について「確かなニュースソースはないですけども」って言ってた番組があった。
確かなニュースソースもないのに、報道するの?
頂いたコメントにもあったように、このような問題は芸能人のスクープと違って軽々しく報道するものではないというのに。
不快感でいっぱい。

また、陛下の誕生日会見や文書のお言葉から、所々抜粋し、「生前譲位」の意志が見えるでしょ?!と繰り返し報道する。
そこが、嫌らしい。

また、ニュース記事でも、ソースは「政府関係者」「宮内庁関係者」ってあるが、分かっている人はこのような重要な問題を漏らさない。
本当に決まったのであれば、内閣も宮内庁もすぐ認めるよ。
だから、「政府関係者」「宮内庁関係者」=小和田さんたちではないのか。
そう言えば、東京にいるみたいだね。

ということは、クーデターの一種か。
こうやって、外掘を埋めれば、陛下が退位を決めるとでも思うのか(呆)

海外王室と違い、陛下の生前退位や崩御は、元号が変わるなど国民の生活、ひいては日本に多大な影響を及ぼす。
公私混同をなさらない陛下が、生前退位していく海外王室を例にして自分も高齢だからと生前譲位を決めるとは思えない。
200年前の例にならい、譲位というのも無いね。
ましてや、昭和天皇のお姿を見てこられた陛下にとって、「生前退位」は考えられないのでは。
終生、天皇であり続けるだろう。

結局、この「生前譲位」ニュースを作り上げた人は、天皇というものをよく分かっていない。
周りから「生前譲位」と騒がれれば、陛下が退位すると思っているのかな。
天皇陛下は、地位を投げ出すようなお方ではない。

なるほど、小和田父は、藤原道長気取りでいるのか(呆)

これも、ブーメランとなって返ってくるというのに、まだ分からないとは、呆れる。

元々、水面下であった愛国派VS売国派の戦いが表に出てきた。
決着はつくので、心配いらない。
それでも、心配だったら、天皇皇后両陛下への感謝、ご長寿を祈れば良い。
真の光を取り戻した日本が上に上がるをイメージしながら、天皇皇后両陛下、秋篠宮両殿下のことを思い、祈るのもまた良い。


I1273hinoki.jpg

皇太子ご一家、21日から奈良・京都へ

陛下の「生前譲位」ニュースに驚いたが、今日体の具合が悪くてしんどかった。
原因は、これ。

皇太子ご一家、21日から奈良・京都へ
時事通信 7月13日(水)17時13分配信

 宮内庁は13日、皇太子ご夫妻が長女愛子さま(14)=学習院女子中等科3年=を伴い、奈良県橿原市の神武天皇陵への参拝などのため、21日から1泊2日の日程で奈良、京都両府県を訪問されると発表した。
 ご一家は21日、新幹線と近鉄で奈良県入りし、神武天皇陵に参拝。22日は京都御所などを視察し、帰京する。
 同庁によると、愛子さまの神武天皇陵参拝は今回が初めて。ご夫妻はかねてより初代天皇とされる同天皇陵に愛子さまを連れていきたいと希望しており、中学校が夏休みに入るこの機会に、ご一家での訪問が決まったという。 



なぜ、今なのか。

2014年7月15日に、浩宮夫妻が愛子さんを伴って昭和天皇・香淳皇后の御陵を参拝
同年7月29日に、浩宮夫妻が愛子さんを伴って伊勢神宮へ参拝

それから、約2年と、ずいぶん、間が空いているよ。

伊勢神宮へ参拝するなら、神武天皇陵へ参拝できる機会も作れたはず。

そして、約2年の間に、神武天皇陵へ行く機会も作ろうと思えば作れたはず。

遡ってみると、初等科入学の時と、参拝する機会があったと思うが、愛子さんの障害があり療育が上手くいかず、参拝は難しかった。
難しかった訳は、幼少の頃に始まった愛子さんの療育に雅子さんが口を出し、療育方針&療育チームを破壊&解散させたから。

2014年に参拝した時は、親、特に雅子さんの都合もあったからだが、愛子さんの療育が上手くいくようになったと見ていた。

2年後の空白を経て、今になって参拝するのは何故か?
先ほどの「天皇陛下「生前退位」のご意向」ニュースを合わせて考えた。
「遅くなったけど愛子も連れて神武天皇陵へ参拝するよ」アピール、すなわち、次代アピールとも取れるなぁ。

でも、神武天皇陵、伊勢神宮参拝、武蔵野陵参拝と皇族なら誰もが通る道なんだが、浩宮一家は初めから軽視していた。

今さら、参拝しても遅い。
次代は、誰かもうご存知でいらっしゃると思うし、皇居からも見ておられると思うので。

心の狭い私としては、迷惑なので、京都と奈良に行かなくても結構。
止めてくれと言いたい。

最後に、雅子さんが公務に出るようになったが、大きいお尻にでかい火がついている状況だからなぁと思って見ていた。
今さら、公務に出ても遅い。
九州の被災地へ行くのも遅い。
とてつもなく蒼い海の底から、雅子さんを引きずり込もうとする手がいっぱい見える。
水俣も、拒否&来るなら引きずりこんでやるというので、分かれているっぽいね。
来たら、旗がたつ。

以前書いた気もするけど、浩宮夫妻は進むも地獄、戻るも地獄


頂いたコメントの返事は、遅くなりますが、金曜日に返せればと思っている。
すみませんが、少しお待ちくださいね。

いつも、読んでくれてありがとうございます。
コメントもありがとうございます。


おやすみなさい。

追記:天皇陛下「生前退位」のニュースについて(長文です)

書き漏れたことを追記。

天皇陛下が仮に「生前退位」をする方向にいくとして考えると、「官」の動きはどうか?
「「官」は、誰が即位すると見ているか」に書いたように、「官」は浩宮夫妻の即位はないと見て動いている。

浩宮夫妻を次代から外す為には、弟宮殿下を摂政宮につけるだろう。
そして、浩宮が重篤な状態に陥るのを待ち、皇室会議を開き、浩宮を廃太子する。
弟宮殿下が新東宮に就く。

こういう風に、順当に継承が受け継がれるようにする為、動き回るだろうね。

という訳で、浩宮夫妻へ即位の可能性なしと見放されている「官」からのバックアップはない。

即位に関しては、「我が国の天皇陛下は違う」で書いた通り、今の浩宮は病もあり、器の問題で、容量オーバーで耐えられない。

浩宮夫妻は、自らの行いで、敵を作りすぎたね。
そして、身体的にも難しくなっている。
自業自得。

よって、京都御所にある高御座は、弟宮夫妻がお立ちになることで決定。

天皇陛下「生前退位」のニュースについて(長文です)

コメントを頂いたように、天皇陛下 「生前退位」の意向とのニュースが飛び込んできた。
皆、まず落ち着こう。

このニュースを最初に報じたのはどこかと、ニュースを見ていったら、NHK

①天皇陛下 「生前退位」の意向示される NHK 7月13日 19時00分
このNHKニュースを皮切りに、以下のニュースが続く。

天皇陛下 「生前退位」のご意向 産経新聞 7月13日(水)20時7分配信

天皇陛下、「生前退位」のご意向 政府関係者 フジテレビ系(FNN) 7月13日(水)20時35分配信

天皇陛下が生前退位の意向=数年内、周囲に伝える―宮内庁が意向公表検討 時事通信 7月13日(水)20時43分配信

<天皇陛下「退位」意向>驚きと共感「ゆっくりされて」 毎日新聞 7月13日(水)21時36分配信

天皇陛下、生前退位の意向 読売新聞 7月13日(水)22時36分配信

反日のNHKから、こういうニュースが出たことに疑問を覚える。
何かあるね。

ともかく、そのNHKの記事を少し抜粋して、以下に載せたので、少し読もう。


天皇陛下 「生前退位」の意向示される
7月13日 19時00分 NHK

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。

天皇陛下は、82歳と高齢となった今も、憲法に規定された国事行為をはじめ数多くの公務を続けられています。そうしたなか、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。
天皇陛下は、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、今後、年を重ねていくなかで、大きく公務を減らしたり代役を立てたりして天皇の位にとどまることは望まれていないということです。こうした意向は、皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられているということです。
天皇陛下は、数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。
これについて関係者の1人は、「天皇陛下は、象徴としての立場から直接的な表現は避けられるかもしれないが、ご自身のお気持ちがにじみ出たものになるだろう」と話しています。
海外では、3年前、皇室とも親交の深いオランダの女王やローマ法王などが相次いで退位を表明して注目を集めました。
日本でも、昭和天皇まで124代の天皇のうち、半数近くが生前に皇位を譲っていますが、明治時代以降、天皇の譲位はなくされ、江戸時代後期の光格天皇を最後におよそ200年間、譲位は行われていません。
皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位の規定はなく、天皇陛下の意向は、皇室典範の改正なども含めた国民的な議論につながっていくものとみられます。



なぜ、陛下が生前譲位しなきゃならんのだ。
確かに、200年前は生前譲位して上皇(院)になられたこともあったけど。
今の天皇陛下は、先帝陛下のように、何事があっても終身天皇をお勤めになられるだろうと思う。
公務を減らすというのなら、その後継者問題を何とかしないとね。

浩宮夫妻が即位する可能性は、ないよ。
東宮なら、持っているべきの物がないし、即位費用と言われるポケットマネーが足りない。
身体的に祭祀も無理。
主人が堕落してレベルが落ちているように、東宮職員もレベルが落ちているから無理。

陛下に仕える職員、侍従(千代田)とは違い、行事や儀式を上手くこなせられない職員ばかり。

その例が、去年の愛子さんの展示。
935a6-p.jpg
このシーツのしわ、職員ならあり得ないレベル。
沢山いる東宮職員の中で、誰もが「シーツのしわが・・・」と言わないのかとびっくりした。
仮に即位されたとして、東宮職員も持ち上がりで千代田に行くことを考えると、無理無理
ずさんさ、低レベルがたくさん露わになる。

同年の秋篠宮ご一家の展示に使われたシーツは、ビシーッと敷かれて、しわ一つなし。
職員が、しっかり心を配り、働いている証だと感心した。

そして、浩宮夫妻だが、今のスカスカ公務にゆるゆるとしたタイムスケージュル状態に慣れきっている。
即位後、もっともっと忙しくなるが、その状況に耐えられるか。
その前に、即位の儀式の時点で耐えられないだろう。

ここで、繰り返すが、浩宮夫妻の即位と立后はない

そして、天皇陛下の生前退位はない。

やはり、宮内庁も否定のニュースが入った。

「そうした事実一切ない」=宮内庁次長は報道否定-生前退位
2016年7月13日 23時2分 時事通信社
 天皇陛下が天皇の地位を生前に皇太子さまに譲る意向を宮内庁関係者に伝えられたとの報道を受け、同庁の山本信一郎次長は13日夜、報道各社の取材に応じ、「そうした事実は一切ない。陛下は憲法上のお立場から、皇室典範や皇室の制度に関する発言は差し控えてこられた」と否定した。

 午後8時半ごろ庁内で各社の取材に応じた山本次長は、「陛下が生前退位の意向を宮内庁関係者に示されたという報道があったが、そうした事実は一切ない」と繰り返し強調。「長官や侍従長を含め、宮内庁全体でそのようなお話はこれまでなかった」と話した。

 記者からは皇室典範改正の可能性についても質問が飛んだが、「皇室典範や制度にわたる問題については内閣や国会で対応するものだ」とコメントを避けた。静養のため葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在中の陛下の体調については「お変わりなくお過ごしだ」と説明した。 

選挙(※7/9追記)

テレビでは、リオオリンピックと、都知事選のことが沢山ニュースになっているね。

東京都を、都民の事を考える人が都知事になって欲しい。
けれど、肝心の立候補者が、利権や自分の事を考えてばかりでは、どうしようもない。
パフォーマンスなど、要らない。
タレント枠なんていうのも要らない。

選挙に関して、一つある。
私は、テレビや写真を通して、違和感を感じる人には投票しないことにしている。
一応、ネットで調べて、その人の政策、言葉を見るけど、やっぱり違和感がぬぐえない。

逆に言えば、この人ならと思う人、もしくは、違和感がない人に投票する。
こちらも、ネットで調べて、政策などを見て判断する。

今回は、見るまでもない。
皆、違和感が沢山ある。

たかが”感”、されど”感”

”感”とは、これまで重ねてきた経験からくる”感”など色々ある。
私の場合は、直感からくる「感」というもの。

皆も、”感”を大事にしつつも、政策など情報も取り入れることをお勧めする。

党は、どうかって?

まともな日本人なら、七年前の民衆党政権のことを覚えているはず。
あの悪夢の三年(2009~2012)は、民主党に任せたらどうなるかと勉強になったと思いたい。
自民党に入れた私でも、悔やまれる三年だった。

現在、民主党→民進党に名前を変えているが、中身は変わらない。

一方で、自民党にも色々あるが、自民党しかない
個人的には、安倍さんが頑張っている限り、自民党に入れたい。
その後は、また考える。

まずは、参院選
10日、投票に行く。

秋篠宮両殿下と自衛隊

皇室画像掲示板より

もう他のブログでご覧になっている方もいると思うが、素晴らしい写真なのでアップ。

秋篠宮両殿下が舞鶴市を訪れた時に、海上自衛隊が列を組み歓迎された時の写真だそう。

1akimai13.jpg

1akimai1.jpg

1akimai14.jpg

1akimai12.jpg

どこの誰かさんみたいに、こういう風にして撮ってというわけでもない。
秋篠宮両殿下が舞鶴に来られることを知った海上自衛隊側が、自発的に動いたものである。

秋篠宮両殿下への敬意、そして、次代は誰かと分かっているということ。

その様子が、写真からも分かると思う。

見ていると、すごく胸が熱くなった。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。