季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

『大祓の儀』

早いもので、一年も残すところ半年だね。

朝日新聞の皇室7daysによると、
6/30
『大祓の儀』が皇居・神嘉殿(しんかでん)の前庭で行われ、秋篠宮殿下が参列。


ふと思いついて、まとめてみた。
ソースは、皇室7daysと宮内庁HPより。

去年(2015年)
6/30
『節折(よおり)の儀』 天皇陛下 (皇居・宮殿)
皇后陛下 節折の儀に当たりお慎み(御所)

『大祓の儀』 紀子妃殿下  (神嘉殿前庭)

12/31
『節折(よおり)の儀』 天皇陛下 (皇居・宮殿)
皇后陛下 節折の儀に当たりお慎み(御所)

『大祓の儀』 秋篠宮殿下 (神嘉殿前庭)


二年前(2014年)
6/30
『節折(よおり)の儀』 天皇陛下 (皇居・宮殿)
『大祓の儀』 常陸宮殿下。
※秋篠宮両殿下は、 ザンビア及びタンザニア御訪問(27日~7月8日)。

12/31
『節折(よおり)の儀』 天皇陛下 (皇居・宮殿)
『大祓の儀』 眞子内親王殿下 (神嘉殿前庭)

※『大祓の儀』に眞子内親王殿下が参列されたのは、
2014/06/23
『宮内庁の山本信一郎次長は9日の定例会見で、男性皇族に限っていた祭祀(さいし)「大祓(おおはらい)の儀」の参列の範囲を女性皇族まで広げたと発表。その理由について「参列可能な男性皇族が実質的に少なくなっている」と述べた。』
からである。


三年前(2013年)
6/30
『節折(よおり)の儀』 天皇陛下 (皇居・宮殿)
『大祓の儀』  
※秋篠宮両殿下は、 クロアチア、スロバキア及びスロベニアご訪問(19日~30日)

12/31
『節折(よおり)の儀』 天皇陛下 (皇居・宮殿)
『大祓の儀』 秋篠宮殿下 (神嘉殿前庭)


いずれは、佳子内親王殿下も参列なさる時がくるね。

長雨が降り続き、朝晩と寒いね。
皆様も、お体の調子を崩されませんよう気を付けて下さいね。



スポンサーサイト

日本と外の国の違い

移民問題で思うことがある。
それで、日本と外の国の違いを書き出してみた。

外の国
●国について
 人が国を作るまたは、国は自分で作るという考えがある。

●公共の財産
私たちのもの。

●異なる文化
自分の文化が良いものと思う。
受け入れない、自国の文化を押し付ける。

●宗教
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の一神教。

●言語
複数。



日本
○国について
古事記や日本書紀を読んでも分かるように、
イザナギ神・イザナミ神が国生みした結果、日本の形が出来たという神話がある。
だから、日本という国土が先に在って、そこに自分が生まれたから日本人になった。

ということで、国がまず在り、国が自分を作り、自分を存在させているという思想がある。

○公共の財産
国のものであって、私たちのものではないので、皆で使いましょう。

○異なる文化について
相手国の文化を調べつくし、その国の流儀に則る。
文化を受け入れ、受け入れる所と受け入れられない所を自然に分け、取り入れる。

○宗教
八百万の神がいらっしゃると、森羅万象に神が存在していると考えている。
よって、多神教。
無宗教が多いとも聞くが、皆、自然に、生まれた時は神道で祝い、結婚式はキリスト教(教会で式を挙げる)で、死ぬ時は仏教となっている。

○言語
日本語。


書き出してみると、日本への移民は大変。
日本語と言っても、カタカナにローマ字、音と訓と二つの読み方がある漢字が沢山ある。
敬語、謙譲語、尊敬語など色んなパターンもあるし。
書いたらキリがないが、言葉を覚えるのは大変だと思う。

節目ごとに、行事がたくさんあるし。
でも、それは、昔は、長生きではなかったからね。
純粋に、子供が生まれたことを祝い、成長していくことを祝ったんだと思う。

日本だって、もちろん、差別や偏見はある。
「郷に入っては郷に従え」で、真面目に働き、交流をし続ければ、自然と受け入れてくれるところもある。

移民って、今までいた国に居られない理由があるから、移ってくるんだよね?
その国で暮らす限り、流儀、文化、習慣などを受け入れて暮らさないといけないわけで。

国が異なる以上、自分が持つ流儀や文化、習慣を通そうとしても、受け入られない。
それでも、私の流儀や文化、宗教に敬意を払えーというのは虫が良すぎないかとも思う。

今は、移民については、今のままで良いと思う。
厳しいと言われても、今のままで良い。

なぜなら、今の日本は、詐取したい、潰したいと思われているんだから。
ガッチリ内から外から固めないと、無理。

よく、日本について考えたうえで、移民について考えたほうが良いと思う。

今のところは、これまで。
思いついたら、追加する予定。

 | HOME |