季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

本当は、「訪問先」に光を当てる

皆も分かっていると思うが、浩宮夫妻の被災地訪問は、形だけ。

『被災地に行って、5年も被災地に心を寄せている浩宮夫妻』「画」が欲しいだけ
その「画」が、結婚記念日や浩宮夫妻の誕生日に、公務の様子として放映される。

だから、「被災地」にスポットが当たらず、浩宮夫妻の奇行に注目がいく。

・選別された場所で、説明を聞くという形を設定。
・選別された被災者と台本ありの懇談を設定。

・「画」を気にして行動をするも、
文書で「被災地に心を寄せていく所存」と言っている割には、無関心と不勉強の態度が丸分かり。

・被災地の警察官以外に、都道府県から応援の警察官を動員し、関係各所を調査、交通規制。
・泊まるホテルに、何々が食べたいと注文。

・被災県に、高級なお酒、お菓子など、土産物の献上をさせる。
・浩宮夫妻の場合は、「献上」とは名ばかりのおねだり


被災県にとって、負担が大きいと思うが、よく受け入れたな。
やっぱり、地位が影響するのか、それとも、新しく決まった東宮大夫の出身地が「岩手」だからか。

浩宮夫妻の訪問は、ものすごく、金がかかる。

浩宮だけの訪問も、金がかかる。
・選別された場所で、説明を聞くという形を設定。
・公務先の警察官以外に、都道府県から応援の警察官を動員し、関係各所を調査、交通規制。
・公務先や受け入れ県へ、お酒、お菓子など、土産物の献上をさせる。


こういう話は、都道府県の間で伝わるから、浩宮や浩宮夫妻の公務依頼は自然と減る。
色々と聞くが、やっぱり評判は良くない。
これほど言われる”皇太子夫妻”は、他にいないね。

被災地を利用して欲しくない。
不快感でいっぱい。

津波の動画を二回リクエストした雅子さんは、なぜあのホテルで津波の動画を見せられたかが分かっていない。
動画を撮られたホテルの社長さんは、動画を撮影中、想像を超える様子に気絶してされた。
ホテルで、その津波の動画を見せるのは、3/11に何があったか、津波に飲み込まれていく町なかを見て、怖さなどを感じ取って、防災などの思いを共有して欲しいからだよ。

悲しいね。

最後に、上手く言えないけど。
私たちは、浩宮夫妻の”皇太子夫妻”を見るが、そうではない本当の”皇太子夫妻”も見ることができる。
そういう時にいる。

海外へ誇れる本当の”皇太子夫妻”がたつという兆しが見える。

まぁ、地位は今のままだけれど、公務やお召し物が”皇太子夫妻”なんだけれどね。
楽しみ。

スポンサーサイト

過去 今より遠くない未来

前にも書いたと思うが、書く。

実は、この頃の雅子さんを見ると、上半身が潰れている。

分かりやすく言うと、雅子さんを包む円があって、
雅子さんの上半身が潰れている=半円になっている状況。

なぜ、半円に潰れているのかは、精神病を表すのだと思っているが、自分の世界も関係あるね。

やがて、半円もしぼんでいくと思うが、ピタっと張り付くから、苦しい。

下半身は、思うに任せない現況に苛立ちや焦りを感じて何とか打破したいとジタバタしている。
しかし、動けば動くほど、自分の世界に潰され、ブーメランとなる。

だが、後半からは動きたくても動けない状況に置かれるだろう。
今までのように、地位をひけらかし、利用できない。
浩宮や愛子さんを盾に動くことも叶わぬ。

浩宮は、相変わらず、自分の置かれている状況を積極的に知ろうとしない。
皇太子という位を保証され、テンノーになると疑わない。
摂政とは、どういうものかもよく分かっていない。

昔から人任せで、自主的に考えようとしない様子が見られる。
受動的な浩宮のまま

病気は、一応治療されているようだが、生活習慣を変えない限り、無理だろうね。
病を治そうとする意識が薄い。
なんというか、ここでも、人任せなんだな。

二人とも後半から苦しいと思うが、苦しいと感じるのは、浩宮<雅子さんだね。

 | HOME |