季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

「官」は、誰が即位すると見ているか


このままでは、浩宮夫妻が自動的に即位すると言われるが、そうではない

画像掲示板だったら、おかしな人が皇后陛下が決めたとか言うかもしれない。

皇統は、皇后陛下は案じるのみで、口出しはしないよ。
天皇陛下が決めるもので、皇后陛下は口出ししない方が良いと分かっておられるから。

一応、仮の話で、自動的に即位という可能性はあったとする。
でもね、言っておく。
その自動的に即位するチャンスを潰したのは兄宮夫妻である。

内では、誰に皇統を継がせるか決まっているようだね。
分かりやすく言うと、数年前の和船の事、今年の「神武天皇二千六百年式年祭」の事を見れば分かると思う。

和船を漕がれる陛下が、漕ぐよう何度も勧めた殿下は誰か。
勧められた殿下が漕ぐ。
船には、天皇皇后両陛下、紀子妃殿下、悠仁親王殿下。

「神武天皇二千六百年式年祭」で、奈良の神武天皇陵へ伴われた殿下は誰か。

寺社関連で重要な公務へ行く殿下は、誰か。

節目ごとに、次代は誰かを見せて下さっていると私は思う。

また、「官」は誰が即位すると見ているか。
麻生政権の時から、重要な海外親善、公務を和船を漕いだ殿下に依頼するようになっている。
その時から、殿下の仕事が東宮化してきたと言われていた。

ここまで書けば、名を出さずとも殿下は誰か分かると思う。

「官」から、即位の可能性なしと見限られている浩宮夫妻は分かっていないのが何とも言えない。

ただ、現況に焦りはある。
どんどん公務が、殿下ご一家にシフトしていく。
公務依頼も無いので、営業かけて公務する。
公務してますよアピールに鑑賞も公務として、出かけ、時おり夫人もドタ出する。
だが、この間の若冲展の夫人を見れば、扱いは私的公務。

今の夫妻の立場は、「許し」がなければ、重要な公務に出させてもらえない。
「内」や「官」から、分かっている「民」からも、即位の可能性なしと見られている。

まさに詰んでる状況だが、夫人が己の立場を知るのはもう少し先。


おやすみなさい。

スポンサーサイト

イタリア訪問時の秋篠宮両殿下に思う

遅っ!と思われると思うが、やっと、イタリア訪問された時の秋篠宮両殿下の写真を全て見終えた。

皇室画像掲示板にアップされていた画像は、イタリア訪問第一日目のものだった。
1463059850995.jpg

この第一日目で、妃殿下はそれぞれの公務に合わせて、着物→ワンピース→別の着物にお召し替えされていた。
忙しいタイムスケジュールの中、お召し替えされたなんてさすが妃殿下だと感心した。

ここで、東日本大震災の被災者を見舞われた秋篠宮両殿下のエピソードを思い出した。

あらかじめ組まれた予定表があり、ちょっと変更があった。
両殿下は、その予定表に修正&確認をされた。
一応、予定通りに進まなかった時の為に、休憩という名の予備時間も予定表に入れてあった。

始まると、両殿下は、二手に分かれて被災者を見舞われたが、予定通りに終わった。
その様子を見た人たちが、「皇族はプロフェッショナル」と感心したという。

また、秋篠宮両殿下が公務先へ到着する時間も予定表どおりなので、警備側が「さすが時間ピッタリだ」と感心したという話も聞いた。

両殿下としては、自分について多くの人が動くのだから、時間厳守は当たり前。
そして、時間通りに、心を込めて公務される。
また、妃殿下は、TPOに合わせ、服装を考えられる。

そのプロフェッショナルなお姿を見ることによって、皇室への見方を変えたりと色んな影響がある。
また、公務先、見聞きした人によって、秋篠宮両殿下への信頼が高まっていく。

素晴らしい「輪」が出来ているわけ。

だから、公務の依頼がたくさん寄せられる。

アレラが巣くうまでは、本来の皇室とは、皇族とは、このような形だったのではなかろうか。

アレラが去り、昭和のような穏やかで強い皇室を見たい。

 | HOME |