季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「官」は、誰が即位すると見ているか


このままでは、浩宮夫妻が自動的に即位すると言われるが、そうではない

画像掲示板だったら、おかしな人が皇后陛下が決めたとか言うかもしれない。

皇統は、皇后陛下は案じるのみで、口出しはしないよ。
天皇陛下が決めるもので、皇后陛下は口出ししない方が良いと分かっておられるから。

一応、仮の話で、自動的に即位という可能性はあったとする。
でもね、言っておく。
その自動的に即位するチャンスを潰したのは兄宮夫妻である。

内では、誰に皇統を継がせるか決まっているようだね。
分かりやすく言うと、数年前の和船の事、今年の「神武天皇二千六百年式年祭」の事を見れば分かると思う。

和船を漕がれる陛下が、漕ぐよう何度も勧めた殿下は誰か。
勧められた殿下が漕ぐ。
船には、天皇皇后両陛下、紀子妃殿下、悠仁親王殿下。

「神武天皇二千六百年式年祭」で、奈良の神武天皇陵へ伴われた殿下は誰か。

寺社関連で重要な公務へ行く殿下は、誰か。

節目ごとに、次代は誰かを見せて下さっていると私は思う。

また、「官」は誰が即位すると見ているか。
麻生政権の時から、重要な海外親善、公務を和船を漕いだ殿下に依頼するようになっている。
その時から、殿下の仕事が東宮化してきたと言われていた。

ここまで書けば、名を出さずとも殿下は誰か分かると思う。

「官」から、即位の可能性なしと見限られている浩宮夫妻は分かっていないのが何とも言えない。

ただ、現況に焦りはある。
どんどん公務が、殿下ご一家にシフトしていく。
公務依頼も無いので、営業かけて公務する。
公務してますよアピールに鑑賞も公務として、出かけ、時おり夫人もドタ出する。
だが、この間の若冲展の夫人を見れば、扱いは私的公務。

今の夫妻の立場は、「許し」がなければ、重要な公務に出させてもらえない。
「内」や「官」から、分かっている「民」からも、即位の可能性なしと見られている。

まさに詰んでる状況だが、夫人が己の立場を知るのはもう少し先。


おやすみなさい。

スポンサーサイト

イタリア訪問時の秋篠宮両殿下に思う

遅っ!と思われると思うが、やっと、イタリア訪問された時の秋篠宮両殿下の写真を全て見終えた。

皇室画像掲示板にアップされていた画像は、イタリア訪問第一日目のものだった。
1463059850995.jpg

この第一日目で、妃殿下はそれぞれの公務に合わせて、着物→ワンピース→別の着物にお召し替えされていた。
忙しいタイムスケジュールの中、お召し替えされたなんてさすが妃殿下だと感心した。

ここで、東日本大震災の被災者を見舞われた秋篠宮両殿下のエピソードを思い出した。

あらかじめ組まれた予定表があり、ちょっと変更があった。
両殿下は、その予定表に修正&確認をされた。
一応、予定通りに進まなかった時の為に、休憩という名の予備時間も予定表に入れてあった。

始まると、両殿下は、二手に分かれて被災者を見舞われたが、予定通りに終わった。
その様子を見た人たちが、「皇族はプロフェッショナル」と感心したという。

また、秋篠宮両殿下が公務先へ到着する時間も予定表どおりなので、警備側が「さすが時間ピッタリだ」と感心したという話も聞いた。

両殿下としては、自分について多くの人が動くのだから、時間厳守は当たり前。
そして、時間通りに、心を込めて公務される。
また、妃殿下は、TPOに合わせ、服装を考えられる。

そのプロフェッショナルなお姿を見ることによって、皇室への見方を変えたりと色んな影響がある。
また、公務先、見聞きした人によって、秋篠宮両殿下への信頼が高まっていく。

素晴らしい「輪」が出来ているわけ。

だから、公務の依頼がたくさん寄せられる。

アレラが巣くうまでは、本来の皇室とは、皇族とは、このような形だったのではなかろうか。

アレラが去り、昭和のような穏やかで強い皇室を見たい。

(*5/23追記あり)舛添と東宮の金問題

今、たっくさん報じられている舛添問題が、東宮問題と似通ってて笑えない。

の区別がついていない。

そう、公私混同しているということ。

私は票入れてないが、今回のことで、舛添さんのうさん臭さ、アチラの国の血筋が浮かび上がったと思う。



公私混同している人が、上に立ったら駄目だと分かるね。

東宮を見ても分かるように、公私混同する人の娘を嫁にしたら駄目。
アチラの国みたいに、家の乗っ取りを企むからね。

皇室の場合は、乗っ取りは上手くいかないから大丈夫。

東宮の金問題も、舛添さんみたいに、会計の流れが明らかになって欲しいが、長い分時間がかかる。

また追記する。

続きを読む »

秋篠宮両殿下のイタリア訪問のニュースに思う

秋篠宮両殿下のイタリア訪問のニュースを見た。
イタリアだし、ちょっとでもニュースになって嬉しい。

安定感があり、見ていて安心できる秋篠宮両殿下がイタリアに行って良かった。

特に、今回は、光輝いており、神々しい。
紀子妃殿下のお召し物などから、次代はこのお二方だと確信できる人が内外に増えるのではと思う。

今は、ネットにUPされる秋篠宮両殿下の写真を見るのが楽しみ。

1463060776955.jpg

1463059850995.jpg

1463141182306.jpg

皇室画像掲示板より
画像をまとめられた方に感謝します。

まだイタリア訪問は続きますが、美しい日本を感じさせてくれてありがとうございます。

お休みなさい。

若冲展

若冲展を鑑賞した浩宮夫妻、展示に興味がないのと、心にあらずという感じが分かる。

bo1.jpg
朝日新聞より
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160512005046.html

絵を見る距離が、遠すぎておかしい。
まるで、西洋絵画を見るような感じに見える。
動画だと、立ち位置が決まっているようなので、明らかにロケだと分かる。

例として、秋篠宮両殿下と信子妃殿下が若冲展を鑑賞された時の写真を載せる。

b2waoki1.jpg

b2waoki2.jpg

絵を見る姿勢、距離が分かるね。



浩宮、顔が色黒い。
分かってるけど、肝臓、悪いね。
雅子さんが一歩後ろへ下がると、浩宮も一緒に後ろへ下がるという動画もあったりして、最初グダグダだね。
そして、瞬きが多いし、視線が定まらない。

最近の雅子さんは、薬を飲んでも効き目が悪いから、短時間公務しかできない。
情緒不安定になったり、独り言をブツブツ呟く。
真夜中の徘徊。

見ると、本当のゴビョーキになっているわけだが、雅子さんはビョーキではありませんと認めていない。

来月の岩手県訪問の、体調に問題がなければ日程どおり臨むっていうのは、薬の効き目次第と雅子さんの気分次第だな。


被災地訪問の日程が逆過ぎる


今月19日に、両陛下が日帰りで熊本県の被災地を訪れる。

6月20日、浩宮夫妻が1泊2日で岩手県宮古市を訪れる。
雅子さまは先月、7年ぶりに宮中祭しに臨むなど引き続き活動の幅が広がる傾向にあり、岩手県への訪問も体調に問題がなければ日程どおり臨まれるということです。(ソース:NHKより)>

80代の両陛下が、被災地に負担をかけてはいけないということで、日帰りの日程

50代の浩宮夫妻が、1泊2日の日程。

日程がおかしくないかー?!

そして、1泊2日の日程というゆるゆる日程なのに、雅子さんは体調に問題がなければ日程どおり臨まれるつもりって(呆)

だったら、ゴビョーキの妃殿下はお休みになって、浩宮だけでどうぞと言われてもおかしくないんだけれど。

浩宮だけが来る予定が組まれ、関係者に配る予定表も作られたが、お越しになる前の前日、前々日になって雅子さんも来るということになり、大急ぎで警備の見直し、予定表も作り直すという事態になったという話を聞いたことがある。

だから、浩宮がくるパターンと、浩宮夫妻がくるパターンに備えて予定表が2つあるそうな。
なるべく経費削減したいのに、なんで・・・とこぼされていた。


本題に戻る。
浩宮夫妻の場合は、日帰りでいいよ。
目的は、5年経ってもまだ忘れずに被災地を見舞うアタクシたちというのをアピールしに行くんだから。
岩手県の名産品を献上させたり、駅弁などを食べるという目的もあるし。


両陛下が動くと、多くの金が動くのは仕方ない。
金よりも、被災地を見舞い、被災者や関係者を励ましたいという両陛下のお気持ちを嬉しく思うべきではないかなーと思う。

皇室は、国民とともにあるということを意識されている証でもあると思う。

「子供の日」にちなみ幼稚園訪問

秋篠宮両妃殿下は、5月10~17日にイタリア訪問を控えている為、
先月に「子供の日」の訪問をされたのですが、こちらの都合で、「子供の日」に合わせてアップ。


秋篠宮ご夫妻が幼稚園訪問=「こどもの日」にちなみ
時事ドットコムニュースより

秋篠宮ご夫妻は25日午前、「こどもの日」にちなんだ施設訪問として、東京都墨田区の区立立花幼稚園(田代恵美子園長、園児数53人)を視察された。
 天皇、皇后両陛下から昨年、「敬老の日」にちなんだ施設訪問と併せ、皇太子ご夫妻と共に引き継いだ。昨年と反対に、今年は「こどもの日」が秋篠宮ご夫妻、「敬老の日」は皇太子ご夫妻が担当する。
 秋篠宮ご夫妻は「これは何?」などと尋ねながら、園児たちが室内の遊具などで体を動かして遊ぶ様子を見た後、幼稚園歌を手話を交えて歌う場面を見学。紀子さまも一緒に手話をし、歌が終わるとご夫妻は笑顔で拍手を送った。(2016/04/25-11:27)

kodomo1.jpg

遊具で遊ぶ園児らを見学される秋篠宮ご夫妻=25日午前、東京都墨田区の区立立花幼稚園(代表撮影)


動画ニュース
◆秋篠宮ご夫妻、こどもの日にちなみ都内の幼稚園を視察される
fnn-news.comより
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00322898.html
◆「こどもの日」前に 秋篠宮ご夫妻が幼稚園へ(16/04/26)
ANNnewsCHより
https://www.youtube.com/watch?v=qJC2Okjx7K0

去年の「敬老の日」にちなんだ訪問でも書いたが、今回もやっぱり自然体で笑顔が多かった。
子供が自由に動くのを笑顔で見守られている両殿下が印象に残る。

20164251.jpg


WILL6月号

連休に入る前、本屋でWILL6月号の見出しが目に留まり、買って読んだ。

「長い呟き」に書いた『自然に、日本人の集合意識に組み込まれていると思うのが、2つある。』
に1つ加える。
(この記事を書く時は、当たり前すぎて、入れなかったからと思うけれど、自分に突っ込みたい。)

「国民はなんとなく、天皇を上回る権力者は出現しないと知っている」
WILL6月号より

まさにその通り。

日本人の集合意識に組み込まれているから、なんとなく知っているのである。

あと、もう一つ、その通りだと思ったのがある。
「日本にとって大事なのは、皇太子殿下ではなくて皇室です」
WILL6月号より

この言葉に尽きる。


ここまで書いて保存していたら、このWILL6月号を出版している会社に、右翼の男が侵入したというニュースを見た。

なんてことをやらかすのかと、失笑しかない。

こういう事件は、浩宮より雅子さんと小和田にとっては、
自ら、「皇太子さまへの諫言」という対談記事が不都合だと暴露しているようなもの。

これも、ブーメランとなって返るよ。


狙いとしては、
東宮に不都合な記事が出て、こういう騒ぎが起こる

それを受けて、書く記者、出版社が及び腰になる

の、ストーリーを描いたんだろうけど、無理。

それにしても、どうしたのかな。
前みたいに、東宮職を通じて、訂正、謝罪要求ができなかったのかな。


結果的に、どんな事が書いてあったのかとこの雑誌を手に取る方も増えるでしょう。

私としては、こういう件がなくても、WILL6月号を購読するのをお勧めしたい。
他に、「皇室は祈りでありたい」 長部日出雄さんの記事もお勧めです。
値段は、800円とちょっと高めですが、東宮問題や皇室について分かりやすく書かれているので、一読の価値ありです。


セキレイと皇室ー日本書紀

遅くなったけど、4月27日の春の園遊会の写真について。

秋篠宮殿下の前方に、小鳥がいる。
1461742888930.jpg

よく見ると、セグロセキレイに見える。
1461742768140.jpg

この後、セグロセキレイが、紀子妃殿下、眞子内親王殿下のところに移動した写真を見た。

セグロセキレイと言えば、日本書紀に出てくる鳥。

神武天皇の7代前のイザナギノミコトイザナミノミコトがオノコロ島(淡路島)に宮殿を作り、天の御柱をめぐり終え、結ばれようとした。
が、どうやって交わるのか分からないイザナギノミコトイザナミノミコトの前に、セキレイが現れ、セキレイが尾を上下に振る動作を見てやり方を知った という話がある。

そのセグロセキレイが、秋篠宮殿下、紀子妃殿下、眞子内親王殿下のところにいたのは興味深い。

しばらく、写真を見て、神代の話に思いを馳せていた。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。