季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の日

先帝陛下、お誕生日おめでとうございます。

120410_49.jpg



スポンサーサイト

長い呟き

今、思う。

自然に、日本人の集合意識に組み込まれていると思うのが、2つある。

一つめ。
聖徳太子の「和を以って尊しと為す」
意味は、協和・協調を重んじるということ。

そのひらがなの「わ」の元になったは、調和、平和、均衡、争わないという意味がある。

歴史を読むと、昔から、個性や自由より秩序・安寧を重視した社会があったと感じた。
逆に言うと、秩序・安寧を重視するあまり行き過ぎた個人の自由や個性を奪うこともあったわけで。
良いとも悪いとも言えないが、調和や平和を望んでいる社会があったことは確か。

現代では、自由・個性を持ちつつ、秩序・安寧を望む社会が残っていると私は思う。
だから、治安がまぁまぁ良いと言える。

二つめ。
災害に遭い、その度に立て直す強さ。

生きていれば、衣食住も復活できる。
失われた命も尊いが、生きている命も尊い。
苦難もあるが、こらえて生きて欲しい。

ニュースで、ガソリンスタンドでガソリンを買おうとする行列の車、配給所で食料が配布されるのを待つ人の行列などの光景が報じられる。
が、海外ではその光景はあり得ないという。

日本人は、2~3日も経つと国が食料やガソリンなどを配ってくれると、自然に分かっている。
災害に遭うたびに国が動いた様子を見聞きしているから、国を信じている。
だから、略奪もしない、割り込みもない。

それに、何が不足して困っているのは皆同じという気持ちもあると思う。

災害に便乗して金になりそうなのを盗む不届き者もいる。
日本人としては、災害に生じて盗むとは考えられないが、
盗んだ人には、必ずこれからの人生においてどんな形でブーメランとなって返ってくるよ。
「罰が当たる」、その通りだよ。

災害に遭って、身も心も疲れているのに、警戒しなくてはならないとは。
辛いが、そうするしかない。

また、災害に遭った経験を活かし、分かりやすくイラストに描き、ネットにあげられている人がいる。
そのイラストを見た人が、自身の防災にと参考にしたり、被災者が参考にしているという話をネットで見た。
自然と「輪」ができていると感じた。

困った時はお互いさまと、助け合い、譲り合う。
そうすることで、自然に「和=輪」ができていた。
「和=輪」のループが繰り返され、それが大きくなり、循環型社会となる。

昔から、そういう社会で成り立っていたが、戦後から機能しなくなっているという。

機能しないのは、アメリカの教育など色んな事、
1度譲られたからには相手が譲るべきと思い込み、格下と判断する民族がいるからだと思う。

されて当たり前、日本人みたいに自分が譲られた経験があるから、違う相手に譲るということは無い。
この民族と、その真似をしている日本人もいるってことが嘆かわしい。

しかし、何かしらのきっかけで、「和を以って尊しと為す」を思い出し、動く日本人もいるし、そうではない人をあぶりだすことにもなる。

結局は、
どんな事があっても、最終的に「和」への回帰がある。


日本は、大丈夫だ。



浩宮夫妻の周りは、YESマンしかいないと分かっているけれど、
「そうでございますね」
「さようでございますね」
の相づちに気分良くなるとは、なんと狭い世界のことか。

雅子さんの考えていることは、チグハグで奇異だが、それを実現させる気でいる。
実現しても、突っ込み所があって見破られるのだが。

4月3日もそうだった。
神武天皇二千六百年式年祭の儀、浩宮は名代ではなかったらしい。

雅子さんは、参内する様子を撮らせとけば、カメラの入らないところだからバレないと思っていた様子。

が、参内する時間が一部のマスコミや、ツイッターで明らかになってしまい、突っ込まれた。

実際は、掌典長が皇霊殿で奉仕したという事。

なのに、週刊誌や一部の新聞では名代になっている。
宮中祭祀に詳しくない人が書かせたんだろうと丸分かりだ。

雅子さんは、
今までは、YESマンや外務関係などで固めた鉄壁の中で、やりたい放題だったのが、自らの行いによって、崩れる。

(雅子さんが思い描く)内の世界に潰れ、外の世界と、乖離が進む。



お休みなさい。

「がまだす」

被災地のニュースに、心を痛めていたら、
突然、老若男女の声で「がまだす」が聞こえた。

ネットで調べてみたら、熊本の方言で「頑張る」なんだね。

「がまだす」と言っている人たちは、
現在ではなく、近い将来で立ち上がる人たちの声かもしれない。
この世の人たちではない人の声かもしれない。

そう考えていたら、涙が出た。

これ以上、被害が大きくなりませんように、

一日も早く、笑顔が、日常が戻る生活になりますように、

と、祈っています。



最後にちょっと呟き。
私も、生きていることに感謝し、寝ています。
朝、起きたら、太陽の光を浴びて、太陽に感謝しています。
ほんの小さなことだけれど、常に感謝の心を忘れないように心がけています。
上手く言えないけれど、まずはお体を大切になさって下さい。
早く地震が収まり、生活ができるような状況になるよう祈ります。

お休みなさい。




熊本大地震のお見舞い申し上げます

遅くなりましたが、
熊本大地震の被害に遭われた方々に心からお見舞いし、亡くなられた方にはご冥福を 申し上げます。

次々と報道されるニュースを見ながら、
怒っておられる神々もいらっしゃるけれども、力を分散し守ろうとする神々もいらっしゃると思った。

ふいに、「破壊 再生」の言葉が頭に浮かんだ。
自然の中で生きる以上、破壊はある。
そこから、人間は再生に向けて動く。

昔から、それが繰り返されて、現在に繋がっている。
そして、未来の日本へ繋がる。

厳しい被災地のニュースに、暗澹たる思いがする。
早く、余震が収まり、ライフラインが復旧しますように。
どうか、これ以上被害や死者が出ないように祈る。

今思うことは、
水道や電気とガスなどのライフラインがある状況に感謝して生きる。
地震を、他人事と思わず、備蓄、もしもの時の為に備えて動く。
家族や知人といつでも連絡とれるようにしておく。

熊本だけではなく、九州全体に心を寄せ、復旧に向けて何かの形で支援できればと思う。

ちょっと曇りだった日に、短時間ですが花見に行った。
その時の写真です。
IMG_1354.jpg

今年も美しい桜が見れて嬉しい。

お休みなさい。

2016/04/03 神武天皇陵を参拝

参考資料として残すため、アップ。

URLは、リンク無しで、載せているため、hを消しています。
飛ぶ時は、お手数ですが、アドレスバーにコピーして貼り付ける時に h を付けるようお願いします。

●皇室画像掲示板より
1459727187126.jpg
神武天皇陵にご到着の天皇陛下と秋篠宮殿下(2016年4月3日)


●皇室画像掲示板より
1459727216743.jpg
神武天皇陵に向かって進まれる皇后陛下と秋篠宮妃紀子殿下(2016年4月3日)


○西日本新聞より
両陛下が神武天皇式年祭、奈良 没後2600年
2016年04月03日11時44分 (更新 04月03日 19時51分)
ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/photo/show/152659

nisinihon0403.png
神武天皇陵を参拝された天皇陛下と秋篠宮さま=3日午前、奈良県橿原市

○時事ドットコムニュースより
両陛下、神武天皇陵に参拝=奈良
2016/04/03-16:02 
ttp://www.jiji.com/jc/article?g=soc&k=2016040300041&p=0160403at24&rel=pv


zizi0403.png
神武天皇陵を参拝された天皇陛下=3日午前、奈良県橿原市

○産経ニュースより
100年ぶり、大正天皇にならわれ 神武天皇式年祭
2016.4.4 07:05更新
ttp://www.sankei.com/life/photos/160404/lif1604040004-p1.html

sankei0403.png
神武天皇陵を参拝された皇后さまと秋篠宮妃紀子さま=3日午前、奈良県橿原市


踊る人形

昨日は、今と2600年が重なった日。


神武天皇二千六百年式年祭 両陛下ご拝礼
産経新聞 4月4日(月)7時55分配信

 奈良県を訪問中の天皇、皇后両陛下は、初代天皇である神武天皇の命日とされる3日、橿原市の神武天皇陵で、二千六百年式年祭の山陵の儀に臨まれた。神武天皇の御霊(みたま)を慰める祭典は毎年行われるが、節目ごとの式年祭は大正5年以来100年ぶり。
 儀式には、天皇陛下がモーニング、皇后さまがグレーのロングドレスの参拝服で臨まれた。陛下は墳丘前の祭壇に玉串をささげて拝礼した後、御霊への思いを表す「御告文(おつげぶみ)」を読み上げられた。続いて、皇后さまも拝礼された。
 陛下には秋篠宮さま、皇后さまには秋篠宮妃紀子さまがそれぞれ同行し、陛下、皇后さまのご拝礼に合わせて頭を下げられた。
 両陛下はその後、神武天皇が即位した橿原宮跡に創建され、神武天皇をまつる橿原神宮も参拝された。
 一方、歴代天皇をまつる皇居内の皇霊殿で行われた二千六百年式年祭では、両陛下の名代として、皇太子ご夫妻が拝礼された。
 療養中の皇太子妃雅子さまが心身を清める潔斎をへて、皇室の伝統的な装束を身につける宮中祭祀(さいし)に臨まれるのは、平成21年1月7日の昭和天皇二十年式年祭以来7年ぶり。


マスコミは、神武天皇二千六百年式年祭に、秋篠宮同妃両殿下が同行されると書いていたが。
ただ、同行しただけではないよ。

皇統の祖である神武天皇に、今上陛下が秋篠宮同妃両殿下を伴ったことは重い。

2600年という節目に、今上陛下が御告文を読み上げられるその場に、秋篠宮殿下が立ち合った。

本来なら、その同行する役目は皇太子殿下の立場にある浩宮だろう。
皇太子殿下が同行し、その様子を次に伝えて、代々受け継がれて、次の2700年へ繋ぐ。
「祭祀の継承」が行われるという機会だと思う。

ところが、同行されたのは秋篠宮殿下。
天皇陛下は、秋篠宮殿下を伴い、御告文を読み上げられたことで、次代は秋篠宮殿下と神武天皇に申し上げられた。
そして、秋篠宮殿下は、その様子を次に伝えられ、悠仁殿下から次へ伝えられ、代々受け継がれて次の2700年へ繋ぐ。

皇室の要である祭祀などに立ち会う、同行するという機会は、極めて重い。

なのに、2014年3月25~28日の「剣璽ご動座」という節目に同行を断り、スキーに行ったという過去がある浩宮は、分からないまま4/3が終わったね。
伊勢神宮の遷宮も、積極的に関わることなく、ただ遥拝したと言われていただけある。

浩宮もだけど、雅子さんが拝礼や代拝をしていない。
遅すぎる伊勢神宮参拝の時も潔斎していないのに、今回も潔斎するわけがない。

だから、雅子さんは休むと思ったのに、昨日は参内する様子を撮らせただけで、祭祀に関わっていない。

たださえ、沐浴、髪、着付けと準備するのに時間がかかるのに、参内する時間が遅すぎる。

マスコミに、何年ぶりに宮中祭祀をされました~と書かせて、国民の目を誤魔化せると思うなよ。

例え、カメラが入っていなくても、祭祀に関わる掌典職並びにその場に立ち会った人たちの目がある以上、天皇皇后両陛下に、全て伝わる。
それに、橿原の御陵と皇霊殿で、神武天皇はすべて見ておられたと思う。


浩宮とともに、これまでに与えられた節目を外していったけれども、
今回の祭祀で、拝礼や代拝していないことは、雅子さんにとって大きな転換点である。

最後に。
浩宮も、雅子さんも、

皇居で、「天皇皇后両陛下の名代」=「天皇皇后両陛下の代理」として祭祀を行う側が、まともに祭祀を行わない
「天皇皇后両陛下の名代」=「天皇皇后両陛下の代理」の意味も
「同行する」の意味も、理解しないまま
「行う」/「参加する」の違いが分からないまま
なのを、自ら証明していることに、気づかない。


今は、その時がくるまで、ただ踊らせておく人形。


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。