季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

黎明

浩宮の誕生日映像、ニュースを見た感想は、寒い。
普段はバラバラな三人が仲良く家族ごっこしているような印象。
いつも感じることだけれど、今年は特にそう思ったなぁ。

地球儀を使い、アラル海の話をしているという場面があったけど、呆れた。

何が、水の専門家だ。
アムダリヤ川とシルダリヤ川の2つの川がアラル海に流れ込んでいた。
さらに、雪解け水や雨水がアラル海に流れ込む。
しかし、60年代、旧ソ連が農業用水を確保するため、この2つの川の流れを変え、水を運河に流入させたことで、アラル海が減少している。

減少により、気候も変わっている。
夏はもっと熱くなり、冬はもっと寒くなっているという変化があり、現地の人にとっては、最も大変なこと。

それを笑って話すことではない。

”アラル海が減少している”だけで、減少により気候の変化があったとか暮らしに影響があるなどとか深く掘り下げて考えられない。
想像力の欠如が見られるのは、いつもののことだけど、呆れるよ。

と、嘆いてもどうしようもない。
こちらが疲れるだけ。

陛下がおっしゃった、「真実に生きられる社会に」 が広まることを祈る。
修正写真や工作が必要な皇族なんて、本当は要らない存在。


最後は、本来、あるべき形に収まるところに収まる。
皇統は続く。

日本も、「日本の夜明け」というのかな、そんな感じ。
今の空は、「夜明け」。

段々、空が白み、太陽が出てくる。
太陽が昇ってくると、黄金の光が日本を染めていく。
そうなると、日本の淵が輝く。
私には、竜が喜んでいるように見えた。

ネガティブな感情に引っ張られず、意識を上に向けて生きようと思う。
その光に勇気をもらってばかりだ。

だから、浩宮夫妻が選んだ道が堕ちていく道なのであって、気にすることはない。
ただ、その様を見るだけ。

皇室の自浄は、表では何もないように見えて、裏では鎌をあてたように終わらせる。
やんごとない所は、怖いねぇ。

さぁ、今日で2月も終わり。
皆さん、お休みなさい。
スポンサーサイト

繋がっていく

※これからは、皇太子さんではなく、浩宮、浩宮さんと書くことにする。

浩宮夫妻が公務に出る。
その時、関わる関係者や、他に皇室関係者、政府関係者、報道関係者など多くの方々もいる。

そこでの浩宮夫妻の振る舞い、公務の中身、など色んな所を見られている。

恰好だけ綺麗にして、その場限りのお辞儀、会釈、お手ふりをしても無意味。
下調べもないと、その場しのぎだと分かるから。

例えば、ここ近年を取り上げると、

2013年のオランダ新国王即位式の時、ギリギリまで出欠の返事しなかったこと
安倍首相の外遊があったのに、予備の政府専用機一機を使ってオランダに行ったこと

2014年10月、典子さんの結婚披露夕食会での浩宮夫妻の振る舞い
オランダ新国王夫妻の宮中晩餐会での雅子さんの振る舞い

などとかね。
最近の、天皇皇后両陛下の見送りもそう。
雅子さんは、室内で行われる儀式に出席せず、カメラが入る外での見送りは出席する。
政府関係者、マスコミ関係者も、この時の様子を見ているからね。

公務や節目で、浩宮夫妻を見ている人達は多い。
浩宮夫妻は、”公務”や”皇室行事”が、多方面に繋がることを意識していない。

”繋がる”ということも、分からない。

浩宮夫妻のことを言うのは、ネットだけではないよ。
例えば、公務で関わった人たちから、人から人へ「浩宮夫妻は」と伝わるし。
その中に、色んな分野に関わる人もいるから、その人から又違う人へ伝わる。

もし、緘口令を敷いても、口の重さと暗い雰囲気で浩宮夫妻の人となりが分かる。

”負の輪”ができていくんだな。
だから、次に繋げられない。

一応、世継ぎの立場が、繋げられないのは駄目ね。
でも、当人は分かっていない。
側近に任せきり。
アトヨロで終わりだから、どうしようもない。

もし、繋がることを知った時がきても、もう遅い。
ただ堕ちゆくのみぞ。

それぞれの十二単姿

1959年(昭和34年)4月10日、皇后陛下が入内された時
016mitikosama.jpg

1990年(平成2年)6月29日、結婚の儀(けっこんのぎ)の時の紀子妃殿下
928193ef12.jpg

1993年(平成5年)6月9日、結婚の儀(けっこんのぎ)の時の雅子さん
masako69.jpg

やっぱり、写真は、"真"を表しているね。

入内する心構えが違う。
皇后陛下も紀子妃殿下も、皇室がどんな所か分かっているからこそ、覚悟されている。

雅子さんは、違う。

一応、皇祖霊は雅子さんに付いているモノ全部丸ごと受け止め、導こうとした。
でも、失敗に終わった。

思ったより、雅子さんも、付いているモノも、強く拒否されたんで、無理だったみたい。

次は、内も外も固い。
雅子さんの入内経緯があるからね。
同じような事は繰り返さない。


守る為に変えてみる

今まで、徳仁親王を皇太子さんと呼んでたけれど、近々、止めようと思う。

理由は、彼は皇太子ではないし、皇太子と呼べないのと、

言霊にならないよう、皇太子さんと呼んだけれど、「皇太子」でも引っかかる恐れがあると不安に感じたもので。

なるちゃんか徳仁親王さんにしようかな。

02/21 追記  ”浩宮”を忘れていた。


伝統

近年、伊勢神宮の遷宮、出雲大社の遷宮と相次いだ。

無事に遷宮が行われた様子を見ると、日本の伝統って素晴らしいと思う。

建築や職人など様々な伝統を受け継ぐ方がいるからこそ、遷宮ができた。
そして、遷宮の記録を残し、また次の遷宮に備え、粛々と技を後世に受け継がせていく。
その繰り返しがあって、今がある。

また、伝統(工芸)を受け継ぐ方が、寺社の修復に関わられているからこそ、今でも寺社が残っている。
寺社を愛し、残す気持ちが続く限り、残るだろうね。

伝統も同じ。
愛し、残す気持ちが続く限り、日本の伝統は残る。

皇室は、その日本伝統の物が作られる現場を訪れたり、その物をお使いになることで、光をあてる。
”和”など色んな伝統に触れると、皇室に行きつく。

一つの事から次々と繋がって、”輪”ができている。
とても奥が深い。

技・文化の継承が続いて、伝統となる。
伝統が、日本を支えている。

と、色々考えながら、ふと見ると、時代は移り変わっていくけれど、寺社を訪れる人々の心は残っていることに気づいた。

日本に生まれて良かったなぁ。






4月3日の神武天皇二千六百年大祭

今年で、神武天皇崩御から2600年経つ。
4月3日に神武天皇二千六百年大祭が行われる予定。
天皇皇后両陛下が奈良県へおなりになる上、秋篠宮同妃両殿下が同行されると聞いた。

天皇陛下と秋篠宮殿下はモーニング姿、皇后陛下と紀子妃殿下はグレーのモンタントドレスをお召しになるのだろうか。
sakisinomiyadenka.jpg

写真は、秋篠宮同妃両殿下と悠仁殿下が神武天皇陵を参拝された時のもの。

東京では、皇太子さん夫妻が皇居で代拝する予定みたいだね。

宮中祭祀は、(今年で)結婚23年の中で2回

なぜ、2回しかしていないのか?
それは、
おすべらかしに十二単が負担だから、
祭祀や儀式が負担だからって。

聞いた時は、
皇室に嫁いでいるのに、十二単が負担、祭祀が負担ってそれは無いだろうと突っ込んだ。

この事から、雅子さんたちは、皇室がどういう家かを全く知らなかったと分かると思う。

皇室は、祭祀一家であり、名家中の名家だと私たちでも分かっているのに。

最後に関わった祭祀の中で、涙目の雅子さんが十二単で進んでいたね。
その後に、週刊誌で『負担で、苦手意識を持っている雅子さまが頑張られました~』みたいな見出しが出ていたような。
今回もそうなるのかな。

書かせたとしても、逆に皇太子妃が負担ってどうなのよ?!と失笑を買う。
だから、「適応障害」なんだーと納得されるかもね。

離婚しかないけれど、なぜ離婚して出て行かないのか?
それは、皇室にいるほうがいいと分かっているから。

皇太子妃でいる限り、湧いて出てくる大金で暮らせるし、好きな時間に起きて好きな時間に食べて好きなことができる。
後、注目されるのが好きだからね。

逆に言えば、某元皇太子妃のような活動や生活ができないって分かってるって事。

ごめん、毒を吐いてしまった。

話を元に戻して、
仮に、夫婦で真面目に祭祀に関わったとしても、もう遅い。


神武天皇陵参拝と言えば、雅子さんのこの顔が印象に残っている。
imunu.jpg

神武天皇陵と伊勢神宮へ参拝するという新婚旅行が気にいらなかったのかな。

皇室に、海外王室のような世界を求めることは間違いなんだけれど、まだ分からないようだね。

建国記念の日

今日は、「紀元節」。現在は、建国記念の日

日本書紀が伝える神武天皇の即位の日だ。

そして、今日から、皇紀2676年に入った。

こういう事が、教科書に載っていないのが残念。
新しい教科書に、<竹島は日本の領地であること><韓国に不当占拠されている>と明記したという話を聞いたことがある。
やっと明記できることができたと嬉しく思うとともに、日本が前に進めたという感触が得られた感じがした。
このような事ができるのだから、この事も載せて欲しいと思う。

詳しく、親から教えられない又は教科書に載っていないと、簡単に「今日は建国記念の日だ」で終わる。
私のように暦についての本などを読んで知った人もいると思うけれどネットで、意味を検索して詳しく知った人も多いのではないかな。

祝日の意味を伝えることは、大切なことだと思う。


話は変わるが、気持ちよく晴れて、穏やかな日で良かった。

暖かくて、春ももう少しと感じたけれど、天気が崩れてまた寒くなるようだ。

まだまだだね。

最後に、ネットで知った「紀元節の歌」を載せる。

一、雲にそびゆる髙ちほの髙ねおろしに艸も木も
  なびきふしけん大御世を仰ぐけふこそ樂しけれ

二、うなばらなせるはにやすの池のおもよりなほひろき
  めぐみのなみにあみし世を仰ぐけふこそたのしけれ

三、天つひつぎの髙みくら千代よろづに動きなき
  もとゐ定めしそのかみを仰ぐ今日こそたのしけれ

四、空にかがやく日の本の萬の國にたぐひなき
  國のみはしらたてし世を仰ぐけふこそ樂しけれ



wikiから引用したが、「紀元節の歌」で検索してみると、動画を含めたくさん出てくる。
そちらもどうぞ。

おやすみなさい。

今日見た夢

旧暦の今日は、大晦日。
と意識していたからかもしれないが、まだ分からないまま、こんな夢を見たとメモしておく。

上手く言えないので、こういう形で書いてみる。



場所は、どこか分からないが、一人に出会った。
その人に、「皇太子」と聞かれる。

私は、「知らないよ」と答える。

また、別の人に「皇太子」と聞かれる。

「知らないよ」と答えたところで、聞く人が増えていることに気づく。

また「皇太子」と聞かれるだろうと思って、先に「知らないよ」を言おうとしたら、先を越された。

「皇太子」と、異口同音に聞かれる。

ここで、驚いて目が覚めた。




そういえば、今月は皇太子さんの誕生日があったなぁと気づく。
夢見るまでは忘れていたのに。

このまま、忘れていたかった。

誕生日会見をしようが、以前より大きく取り上げられることもなく、ああ「皇太子さん誕生日だったのか」でスルーされる。

一年の初めから、芸能、政治と大きいニュースが相次いでいるしね。

そうでなくても、一家三人の寒々しい写真、日本語がおかしい文書を読むだけの皇太子さんのニュース、興味ない。
「皇太子」という立場だから、報じてくれるんだよ。
そうでなかったら、文書回答と写真で終わり。

真の皇族ならば、自分の誕生日ニュースが大きなニュースの影になり、あまり報じられなくても、気にしない。
粛々とやるべき仕事をされる。

皇室と、王室は違う。

このことについては、また書くつもり。

長くなってごめん。
暦では、立春になりました。
ヒガンザクラが咲いたというニュースに、春が待ち遠しいと思った。
皆さんも、お体をご自愛下さい。

皇統は男系男子継承で続くのだ

皇室ニュースを見ていったら、こんなニュースがあったことに気づいた。
安倍さん、GJ!

【皇位継承】 安倍首相「安定的な継承は極めて重要。男系継承の重み踏まえ検討したい」
2016.2.4 10:44 産経ニュースより

安倍晋三首相は4日の衆院予算委員会で、皇位継承について「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みなどを踏まえつつ、安定的な皇位継承の維持について引き続き検討していきたい」と述べた。皇室典範の改正では、男系男子による継承を維持した上で、皇族の減少への対応を検討していくべきだとの考えを示した。

 安倍首相は「安定的な皇位継承を維持することは、国家の基本に関わる極めて重要な問題だ」と強調。その上で、「慎重かつ丁寧に対応する必要がある」と説明した。維新の党の石関貴史氏の質問に答えた。

 政府は平成17年に当時の小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が、象徴天皇制を維持するため女性・女系皇族にも皇位継承権を認めるとの内容の報告書をまとめた。小泉氏の後任となった安倍首相は、18年に秋篠宮家に悠仁さまが誕生されたことを機に、女系天皇を容認する有識者会議の報告書を白紙に戻している。

 安定的な皇位継承に関しては、旧皇族の皇籍復帰を求める案がある。皇室の方々のご負担を減らすため、女性皇族が結婚後も皇室活動を行えるようにする案も出ている。



安倍さんは、
皇室は、今まで男系男子継承で維持してきたのであり、これからも男系男子継承を維持して頂く。
そして、国家の基本に関わる極めて重要な問題であると答えている。

このように、ハッキリ答えてくれる安倍首相の元で事を進めて欲しいと思う。

だから、安倍さんの足を引っ張ろうとして、閣僚の粗探しをして、売国マスコミにリーク。
批判をして閣僚を辞めさせ、選挙で皆にこんな人を大臣に任命する総理大臣はいかがなものかと話を誇張して流したりする輩がいる。

安倍さんも大変だね。
大変といえば、奥様が東京と山口を往復したりして、忙しいという話を聞いた。
奥様も、ファーストレディとしても、妻としても忙しくて大変と思ったが、奥様はいつも笑顔でいらっしゃるそうだ。
すごいと思うと同時に、「内助の功」の言葉が頭に浮かんだ。

紀子妃殿下が懐妊された時だったと思うが、奥様が安倍さんに白紙にするよう小泉首相に言ったほうがいいと勧めたというエピソードを読んだ覚えがある。
奥様、GJ!と思ったので記憶に残ったが、ちょっとあやふやでごめん。

安倍さんに頑張って欲しいと思う。


まぁ、今は、内からも外からも、日本が上がることを喜ばない者が必死にしがみついている状況。
腹立たしい時もあるが、今は好きなように言わせておこう。

必ず、言いたくても何も言えない時がくるからね。



長文です

天皇皇后両陛下に「老い」を感じるのは仕方がない。
82歳と81歳だもの。


それよりも、80代の天皇陛下が慰霊をすることについて考えて欲しいと思った。

繰り返すが、私は、天皇陛下がパラオやフィリピンへ慰霊に行かれてよかったと思う。

名代をたてるケースと、たてないで天皇陛下自ら行くケースがある。
慰霊の場合は、後者のほう。

天皇陛下が慰霊に行くことで、天皇陛下の名のもとに戦った英霊や旧軍人、その遺族、残留日本人たち、他国の犠牲者などが納得できる形になる。
そして、皇室は戦争の記憶を忘れませんよ、いつまでも鎮魂と平安を祈りますということ。

という意味で、とても意味がある訪問になったと思う。

戦争とは、正義だとか悪だとかで片付けられない。
苦しくて悲しい時代を経験された人たちにとっては、とても意味があると受け止めたと思う。

ましてや、天皇陛下は先帝陛下の「慰霊」に対するお姿を見てきただけに、様々な思いもあると伺われる。

名代をたてるとしても、慰霊という意味が分かっていない皇太子さんと雅子さんでは無理。
逆に、怒りや天皇陛下にお越しになって頂きたかったと残念に思う方が増えると思う。

慰霊をパフォーマンスや不必要だと考える者は、戦争時代を知らない者、又は、日本人ではないのだろうな。

平和が長く続くのは良いことだが、逆に心無いことを言う人が増えたという悪い面もできてしまった。
残念なことだ。
戦争企画展などに足を運び、日本にもこんな時代があったということを知って欲しい。


天皇陛下の「老い」を話題にすることで、次代は~とアピールしたいのだろうが、逆にブーメラン状態。

いずれは天皇陛下になられる立場の皇太子さんが、一番忙しい陛下より、ヒマ
50代の皇太子が、80代の天皇陛下より暇という状況について何も思わないのかな。

先帝陛下のように「東宮ちゃんがいるからね」と、今上陛下が任せられる皇太子殿下ではないんだよ。

80代の天皇陛下の働きぶりを見ても、心配しない。
むしろ、「テンノーは僕なのに、いつまでもテンノー気取りでpp」といるんだから。
おかしすぎる、おかしすぎます。

ちなみに、今は「アーア、キコエナイヨ」に、「シラナイヨ、シラナイヨ」で逃げ回ってるみたいだね。


むしろ、「老い」を感じさせてでも、慰霊に行った天皇陛下のお姿に、頭が下がる思いだ。


見送り、お迎えの場面の写真や動画を見て、ドン引きしてスルーしたが。
雅子さん、精神状態が悪いという状況が分かる写真を報道されたね。
毎日、GJ!
やっぱり、嘲笑しかない。

お見送りの皇族たちは、暗めの色に白手袋。
お迎えの皇族たちは、ちょっと明るめの色に、黒手袋。

その中での、雅子さんは浮く浮く。
目立つと思っての行動だろうが、変な意味で目立った。

そして、皇太子さんも精神状態がちょっとおかしいね。
おしゃべり、「笑顔」で、皇太子夫妻だけが別世界で生きているかのような感じだった。

コメントにもあったが、秋篠宮ご一家を引き立たせるという存在になった
肝心の二人だけがそのことに気づいていない。

前にも書いたけど、裸の王様ならぬ裸の皇太子夫妻になったなー(棒)。


 | HOME |