季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢

こんな初夢を見た。

新聞の見出しが『秋篠宮殿下が○○に』と、なっていた。
その記事の中で、秋篠宮という宮号が無くなるとか、宮号の謂れなどが載っているのが特に印象に残った。
それで、ああ、先帝陛下がお喜びになられると。
紀子妃殿下はもっと忙しくなるだろうけど、持前の笑顔でいらっしゃるなぁと思いながら目を覚ました。

それだけなんだけど、印象に残ったのでメモ。

初夢と言えば、前にも皇室の夢を見たことがある。
そして、某掲示板に書き込んだ。

その内容のメモが残っていたので、載せてみる。

(2012年)
去年の正月、悠仁さまの夢を見た。

和室で、悠仁さまが
「あと3年、もってください。そうすれば日本は大丈夫なのです!」
と力強くおっしゃった。
なぜ3年?と聞こうと思ったら、障子がすーっと開き、紀子さまが微笑みながら入ってこられた。
その瞬間、醜い化け物(元は人だったような感じ)が地の下から畳を破り飛び出して来た。
紀子さまがとっさに悠仁さまをかばわれ、助かったが、悠仁さまがしきりに
「あと3年!皆、辛抱です」と言うんです。

夢から覚めて、なぜあと3年?と強く覚えていたけど、今、やっと分かってきた。
皇太子夫妻の立場や存在が、今年末~来年にかけて変わっていく。
そして、皇室の変化は日本の変化につながるというそうだ。
今の日本もちょっと変化するのかもしれない。



振り返ると、2015年は、佳子さまが成年になられ、注目を浴びた。
若い内親王殿下が、寄せられる公務を心を込めて勤められた姿が報道されたことにより、大きい影響を与えたと思う。


立場や存在が変わっていく→雅子妃が公務に出ざるを得ない状況に
お元気そうなのに、いったい病気ってどこがお悪いの?とか疑問を生む状況に
などかな。
皇太子さんは、片足どころじゃなく、半身をあちらの世界に持って行かれているし。


と、色々考えると、夢だけれど、少し当たっている気がする。



スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

昨年中は、当ブログを読んだ方、拍手下さった方、コメントして下さった方、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。


本年は、「丙申」の年。
聞いた話だけど、丙申の年は、「形が明らかになっていき、実が固まっていく」という暗示の年でもあるそうだ。
2016年のカレンダーを見た時、来年は「物事が次第に動き始める」という年だなと思ったので、納得した。

東宮問題については、こんな感じ。
去年より進んだ次の段階に移っていくと思う。
今までひけらかしてきたり、利用した立場が、変わる。
それから、今年後半は、公務や私的活動が思うようにできるかどうか分からない状況になると思う。
(※去年のうちにアップしようと思っていたつぶやきを追加 
 兆しはあるものの、今だ機は熟せず。
 来年、大きく変わるが、物事が動くのは再来年。



変わると言えば、今年の初詣は違った。
毎年、初詣に行く神社へ行ってみると、今年は参詣者の行列でいっぱいだった。
「こんなに(参詣者が)いっぱいいるのは初めて」と声があちこちから聞こえるぐらい、多かった。

"日本"を意識する人が増えたのかなと思いながら、行列に加わった。
そして、日本が、皇室が、良くなりますようにと祈ってきた。

日本が良くなるように、個人的にも良い年になるように、頑張ろう。


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。