季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つのつぶやき

また、長いつぶやき。

皆、年を取ったら同じ。

実際の年齢より若く見える方もいれば、実際の年齢より老けてみえる方もいる。
美しさを保とうと努力されたり、保とうとしても難しいということもある。

要するに、年の取り方は人それぞれ。
また、生き方が顔に表れるが、生き方によって表れ方は人それぞれ。

皇后陛下のは、心労もあったからだが、いじっていないよ。
私は、優しいお顔で、好き。

ま、思うのは自由だけれども、画像掲示板の荒らしのような叩きは、逆にブーメランとなって返る。
それと、荒らしの中に、自分もいずれは年を取り、老人になるということを想像できない方がいるのかな。

または、老いることを拒み、若いままでいたいのかな。

ふと、そんな事を思った。



整形して容貌を整えても、死んだら元の顔に戻る。

(誤解の無いように、言っておく。
トラウマやコンプレックスを抱えている方は、整形することで、乗り越える。
そういう意味では、整形は良いと思う。

又、コンプレックスやトラウマを持ちつつも、あるがままの顔を受け入れ、生きていく方もいると思う。
それは、すごいことで、自分を好きになる=愛する行動に繋がる。
葛藤もあるけれど、俯瞰でみれば、修行だなと思う。)

化粧や、小顔マッサージ、栄養がある食事をとるなど、美容の努力をして、外側を磨く。
外側だけでなく、内側も磨き、人生を送る。

当たり前のように思われる方もいるかもしれない。
でも、
外側を磨くのに一生懸命で、内側を磨くのがおろそかになってたりして、バランスが悪いこともある。
また、逆のパターンもある。

中々、難しいこと。
(これは、皆の共通の目標でもあると私は思う。)

話がそれてしまった。
整形の話に戻る。

規則正しい生活をしないで、外側を磨こうと努力しないで、整形をする。
体の不調があれば、医者にかからず薬を飲んで治す。
どことなく、人間なのに、ロボット風味なのが怖い。

雅子さんの写真を見て思った。




パソコンが!

頂いたコメントの返事をした次の日、パソコンを起動したら、液晶が真っ暗でした。
保証が切れたが、ともかく修理に出してみようと聞いたら、買い替えを勧められた。
泣く泣く壊れたパソコンからハードディスクを取り出し、購入したパソコンに移し替えて設定したりして・・・。
今日、やっとインターネットができるようになった。

その間に頂いたコメントも返せて、安堵した。
返事が遅くなり、申し訳ございませんでした。

でも、電化製品と私は相性が悪いのか、突然壊れることもあるので、ちょっとした悩み。
自分ではどうしようもないので、諦めの境地にいる。


こんな訳で、今年の初めから、壊れたー!というスタートになったが、気持ちを切り替え、頑張って更新したい。

支離滅裂なつぶやきで申し訳ございません。

初夢

こんな初夢を見た。

新聞の見出しが『秋篠宮殿下が○○に』と、なっていた。
その記事の中で、秋篠宮という宮号が無くなるとか、宮号の謂れなどが載っているのが特に印象に残った。
それで、ああ、先帝陛下がお喜びになられると。
紀子妃殿下はもっと忙しくなるだろうけど、持前の笑顔でいらっしゃるなぁと思いながら目を覚ました。

それだけなんだけど、印象に残ったのでメモ。

初夢と言えば、前にも皇室の夢を見たことがある。
そして、某掲示板に書き込んだ。

その内容のメモが残っていたので、載せてみる。

(2012年)
去年の正月、悠仁さまの夢を見た。

和室で、悠仁さまが
「あと3年、もってください。そうすれば日本は大丈夫なのです!」
と力強くおっしゃった。
なぜ3年?と聞こうと思ったら、障子がすーっと開き、紀子さまが微笑みながら入ってこられた。
その瞬間、醜い化け物(元は人だったような感じ)が地の下から畳を破り飛び出して来た。
紀子さまがとっさに悠仁さまをかばわれ、助かったが、悠仁さまがしきりに
「あと3年!皆、辛抱です」と言うんです。

夢から覚めて、なぜあと3年?と強く覚えていたけど、今、やっと分かってきた。
皇太子夫妻の立場や存在が、今年末~来年にかけて変わっていく。
そして、皇室の変化は日本の変化につながるというそうだ。
今の日本もちょっと変化するのかもしれない。



振り返ると、2015年は、佳子さまが成年になられ、注目を浴びた。
若い内親王殿下が、寄せられる公務を心を込めて勤められた姿が報道されたことにより、大きい影響を与えたと思う。


立場や存在が変わっていく→雅子妃が公務に出ざるを得ない状況に
お元気そうなのに、いったい病気ってどこがお悪いの?とか疑問を生む状況に
などかな。
皇太子さんは、片足どころじゃなく、半身をあちらの世界に持って行かれているし。


と、色々考えると、夢だけれど、少し当たっている気がする。



あけましておめでとうございます

昨年中は、当ブログを読んだ方、拍手下さった方、コメントして下さった方、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。


本年は、「丙申」の年。
聞いた話だけど、丙申の年は、「形が明らかになっていき、実が固まっていく」という暗示の年でもあるそうだ。
2016年のカレンダーを見た時、来年は「物事が次第に動き始める」という年だなと思ったので、納得した。

東宮問題については、こんな感じ。
去年より進んだ次の段階に移っていくと思う。
今までひけらかしてきたり、利用した立場が、変わる。
それから、今年後半は、公務や私的活動が思うようにできるかどうか分からない状況になると思う。
(※去年のうちにアップしようと思っていたつぶやきを追加 
 兆しはあるものの、今だ機は熟せず。
 来年、大きく変わるが、物事が動くのは再来年。



変わると言えば、今年の初詣は違った。
毎年、初詣に行く神社へ行ってみると、今年は参詣者の行列でいっぱいだった。
「こんなに(参詣者が)いっぱいいるのは初めて」と声があちこちから聞こえるぐらい、多かった。

"日本"を意識する人が増えたのかなと思いながら、行列に加わった。
そして、日本が、皇室が、良くなりますようにと祈ってきた。

日本が良くなるように、個人的にも良い年になるように、頑張ろう。


«  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。