季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/9 その2

なんだかな。

予言を頑なに信じないが、自分に都合のいい部分は信じるんだね。
そして、都合の悪い予言は、受け入られないから、無かったことにしたいんだね。

でも、生憎、その通りになる。


「呪い」は、呪った時の念が、倍となって返ってくる仕組みになっている。
念が倍となって返ってくるのを、分かりやすくボールに例えると、
相手に野球のボールを投げると、ボールがサッカーボールになって返ってくる感じ。

呪った反動は、大きい。
これからの人生に影を落とすだけでなく、死後、自らを縛ることになる。

「人を呪わば穴二つ」

この言葉につきる。






スポンサーサイト

11/9

ブログを休んでいる間に、11月になり、立冬も過ぎた。
そして、二カ月で2015年が終わる。
歳を重ねるほど、時間の進みが早く感じるなぁと思うこの頃。

秋篠宮同妃両殿下がブラジルへ訪問されている写真を、一気に見た。
どの写真も、「笑顔」と「輪」ができていて、秋篠宮同妃両殿下が行かれて良かったと思う。
数年のうちに、国内でも、このような写真が見られる日がくるだろう。

そして、悠仁殿下の守りは、固い。
安心した。

守りと言えば、愛子さんのほうが弱い。
内親王という地位と、皇后陛下の愛情が、愛子さんを支えている状態なんだな。
両親が支えてやらなければならないところを、肝心の両親は支えていない。
そういう意味では、可哀想に思ってしまう。

ふいに、藤城清治さんの『夢とぶ』を思い出した。

インスピレーションは怖いねぇ。
当たってる。

yumegatobu.jpg


1本の大きな木が宙に浮かび、その上でウサギとリスがぐるぐる回すなわとびを1人の子供が元気良く飛び跳ねています。昇る朝日の輝きに未来への夢を託した画伯の想いが込められています。
http://www.artcafe.co.jp/cart/fujisiro/fs53.htmlの説明文より


この絵については、またの機会に書こうと思う。



鹿児島訪問した皇太子夫妻の記事を読んで、ふと思った。
雅子さんは、どんな薬を飲んでいるんだろう。

ヒロポンかな?



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。