季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋篠宮殿下、お誕生日おめでとうございます

秋篠宮殿下、50歳のお誕生日おめでとうございます。

読売新聞の秋篠宮さま、50歳誕生日で質問とご回答<1>
秋篠宮さま、50歳誕生日で質問とご回答<2>

いつも、秋篠宮同妃両殿下は、言葉を選びながらも率直にお話になる。
こちらの方が、後で会見内容を読んだ時、分かりやすいし心に響く。

写真や会見内容から、温かみあふれるご一家のご様子を拝見し、心が和む。

普段、会話のあるご一家だからこそ、自然に温かみあふれる雰囲気が出る。
ご一家は、皇族としての本分を全うしておられる。
そういう真実が、公務や誕生日会見などの動画や写真を通して分かる。

嘘偽りのない真実とは、こういうものだと私は思う。


さらなる飛躍とご健康をお祈り致します。





スポンサーサイト

印象深い写真

頂いたコメントで、天皇皇后両陛下が海岸を仲良く散歩される写真を思い出した。

ほぼ毎年、2月に葉山の海岸を散歩される写真を目にしている中で、この写真が印象深かった。

ただ、ネットから拾い物なので、いつ撮られたか不明。
すみません。

14424841391.jpg

今後もお元気でお暮らしくださいますよう、
末永く御長寿を 重ねられますよう、心より祈念しております。

真夜中のうた

昨日の夜から今朝にかけて、なかなか寝付けず、
ただ寝ようと意識を集中していた時、口から出てきたうたをメモする。



あはれにも 波の間に消ゆ 太子たち
世の掃除とて 春かはるなり



カレンダーになって欲しい一枚

皇太子夫妻のことは、捨て置けと書いたのに、怒りで書いてしまったことを反省(汗)

怒りに任せるとダメだ、すみません。


前にも書いたと思うが、園遊会の秋篠宮殿下、今年のブラジル訪問中の秋篠宮殿下が、昭和天皇に似てこられたと思った。

写真は、皇室画像掲示板より。
1447497793707s.jpg
礼宮とお側に呼びよせ、可愛がられた昭和天皇もお喜びだと思う。

また、妃殿下も、25年と長い間、こんな風に寄り添ってこられていらっしゃるのが分かる仲睦まじさ。

今は、悠仁殿下にブラジルのお土産などを見せて話し合ったりされて、お疲れを癒して頂きたい。

秋篠宮殿下の誕生日会見が楽しみ。




パリ同時多発テロ

遅くなったが、フランスのパリで起こった同時多発テロに遭われ亡くなられた方に、怪我をされた方に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

テロを起こしても、何にもならない。
怒りと悲しみ、憎しみの輪を呼び、火を注ぎ、彼らが主張する事の解決に繋がらない。

結局、イスラム教も、キリスト教も、ユダヤ教も、「他の宗教を認めない」一神教。
これらの押し付け合いで、こうなる。

なんとかならないものか。

悲しみとともに、我が国のすごさを感じさせられる。



2015年秋の園遊会②

そもそも、園遊会とは。

園遊会は、世の為、人の為に尽力又は活動された方を、天皇陛下が直接ねぎらう機会として設けられた催しだと思う。

又、招待客も、天皇陛下や皇后陛下、皇族を生で見るという忘れられない日になると思う。

従って、天皇陛下(皇室)が主催者であり、招待客はお客様という立場。

毎年、園遊会の翌日は、天皇陛下と招待客のお話が紹介されている。

今年の秋の園遊会は、雅子さんがちょろっと出席した為に、天皇陛下と招待客のお話があまり報道されていないように思う。
そこが、残念。

注目を浴び、天皇陛下のねぎらいを受け、招待客の今までの努力・苦労がむくわれる日でもあるのに。

雅子さん、ブラジルから帰国したばかりの秋篠宮夫妻やイギリス留学後の眞子内親王殿下に注目がいくのが嫌なのか。
器が小さすぎる。

ともかく、皇太子夫妻は、己の欲の為に、園遊会をぶち壊したな。
自ら、即位できない道を進んでいると分かっているが、この二人が、天皇皇后に即位できるとは思わない。


主催者側の皇族が、ちょろっと出席して途中退席という形は前代未聞で、招待客に失礼。

写真撮影はできて、歓談はしない。
↑「病気ではありません!」と言う割には、もの覚えが悪くて歓談できないを自ら暴露したようなもの。

表は、「適応障害」と病名をぶち上げて休み、内では「病気ではありません!」と言っている間に、本当の病気になっちゃったね。
このままでは、公務先で発狂も有り得る。

体も、ヤバイね。
雅子さんが入内した時の写真を見ると、この頃から歪んでいたのは知っている。
今回、園遊会の写真を見ると、歪みがひどくなっている。
見ているだけで、気持ち悪い。

皇太子さん、ニヤニヤ笑っている場合じゃない。
また、顔半分が潰れて見える。
来年の春の園遊会は、無理だと思う。


年末の話が、真実味を帯びてきたように思うのは気のせいか。



2015年秋の園遊会①

今年の秋は、洋装。
だから、雅子さん側が、歓談は無理だけど三笠山部分までは出ま~すと言ってもおかしくなかった。

今、でかい尻に火がついているしね。

ただ、雅子さんが園遊会に出ると、「12年ぶりに~」と枕詞がつき、マスコミは大々的に報じる。
やっぱり、こうなるだろうと予想していたものの、マスコミの報道姿勢にうんざりする。

だが、複雑だけど今回は良かったとも言える。

鹿児島行き、園遊会と、表に出るほど、雅子さんのキ●ガイが分かってくる。

動画を見る限り、三笠山での写真は、遠くからカメラがズームアップして撮るようだ。
雅子さんだけが、遠くにあるカメラを見ていたから、雅子さんはカメラ目線で写ることになる。
そして、その目は、瞳孔が開いていた。
薬を飲んで出てきているのが、はっきり分かる。

三笠山を下りて、皇太子さんにくっついて招待客におじぎしまくる。
次に、皇太子さんにおじぎして、浅黄幕(あさぎまく)の向こうに見える白いワゴンに向かって行った。

この途中退席の写真があるけれど、
不安でこの場から逃げたくてしょうがないのに、目はカメラを探してカメラ目線をきめる。
この雅子さんの様子が、よく出ていたと思う。


2015年11月12日18時10分 朝日新聞より引用。
雅子さまは鮮やかな赤紫のスーツ姿で、2003年10月の秋の園遊会以来の出席となった。当初は冒頭の国歌斉唱の場面まで出席する予定だったが、「せっかくの機会なので招待客のお顔の見えるところまで少し歩かれてから退出されたら」という両陛下のお気持ちを受け、約5分間にわたり招待客と懇談した後、途中退席した。

「せっかくの機会なので招待客のお顔の見えるところまで少し歩かれてから退出されたら」という両陛下のお気持ちを受け
↑これが本当なら、両陛下のぶぶ漬けが効いていると私は思う。

そのとおり、招待客のお顔が見えるところまで歩いて途中退出して、逆に皇后は無理だと自ら見せつけた

雅子さんもだけど、皇太子さんもダメだということが明らかになったね。

たまたま見た時の園遊会のニュースでは、『国歌斉唱の間、皇太子さんが雅子さんに話しかけた』部分がしっかり映っていた。
が、今はカットされている。
国歌斉唱の時は、直立不動で聞くのに、皇太子さんは違うのかと驚いた。

カットしても、無理だよ。
「人の口に戸は立てられない」ということわざがあるように、どこからか、漏れてくるよ。

そうそう、天皇陛下は痴呆が始まっていると噂を聞いたけれど、園遊会の招待客のやり取りを見ると、頭がしっかりしておられる。

痴呆が始まっているとしたら、皇太子さんだろう。
働きざかりの年なのに、ゆるゆるの予定。
酒をたくさん飲んでいる。

又、雅子さん側のお得意のスライドかな?

長くなるので、ここでいったん切る。




11/9 その2

なんだかな。

予言を頑なに信じないが、自分に都合のいい部分は信じるんだね。
そして、都合の悪い予言は、受け入られないから、無かったことにしたいんだね。

でも、生憎、その通りになる。


「呪い」は、呪った時の念が、倍となって返ってくる仕組みになっている。
念が倍となって返ってくるのを、分かりやすくボールに例えると、
相手に野球のボールを投げると、ボールがサッカーボールになって返ってくる感じ。

呪った反動は、大きい。
これからの人生に影を落とすだけでなく、死後、自らを縛ることになる。

「人を呪わば穴二つ」

この言葉につきる。






11/9

ブログを休んでいる間に、11月になり、立冬も過ぎた。
そして、二カ月で2015年が終わる。
歳を重ねるほど、時間の進みが早く感じるなぁと思うこの頃。

秋篠宮同妃両殿下がブラジルへ訪問されている写真を、一気に見た。
どの写真も、「笑顔」と「輪」ができていて、秋篠宮同妃両殿下が行かれて良かったと思う。
数年のうちに、国内でも、このような写真が見られる日がくるだろう。

そして、悠仁殿下の守りは、固い。
安心した。

守りと言えば、愛子さんのほうが弱い。
内親王という地位と、皇后陛下の愛情が、愛子さんを支えている状態なんだな。
両親が支えてやらなければならないところを、肝心の両親は支えていない。
そういう意味では、可哀想に思ってしまう。

ふいに、藤城清治さんの『夢とぶ』を思い出した。

インスピレーションは怖いねぇ。
当たってる。

yumegatobu.jpg


1本の大きな木が宙に浮かび、その上でウサギとリスがぐるぐる回すなわとびを1人の子供が元気良く飛び跳ねています。昇る朝日の輝きに未来への夢を託した画伯の想いが込められています。
http://www.artcafe.co.jp/cart/fujisiro/fs53.htmlの説明文より


この絵については、またの機会に書こうと思う。



鹿児島訪問した皇太子夫妻の記事を読んで、ふと思った。
雅子さんは、どんな薬を飲んでいるんだろう。

ヒロポンかな?



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。