季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりまとめのないつぶやき

昔、何かの本で読んだことがあった。

地球では、『一日に6千万人亡くなり、一日に1億3千万人生まれる』と。

その時、生まれて今まで生きられているのはすごいことなんだと感じた。

そして、365日、誕生があり、死があり、慶事があり、不幸がある

その地球では、明るい光であふれている所もあれば、たくさんの悲しみで満ちた光であふれている所もある。


その上で、
災害が起こった日が、たまたま紀子妃殿下の誕生日だったと私は考えている。

また、紀子妃殿下でなくても、誰かの誕生日に災害が起こることもある。

生きている限り、そういう事がある。

また、ある人が誕生日でおめでとうと祝いたいのに、どこかで災害があり不幸があったから祝えないというのなら、
まずはおめでとうと祝い、その後に犠牲者の冥福を祈れば良いと思う。



仮に、災害が、人為的に発生したならば、分かる人が出てくるだろう。
また、神仕組みの時は、初めは分からないが後から分かる人が出てくるだろう。

前にも書いたと思うが。
生きている上で、どうしようもなく避けられない事態=不可避の事態に遭うことがある。

その時、どうするかが大切。


私たちの心がけ次第で、変わる。

心がけと言っても、宗教みたいに何かをしなさいと言う気もない。

ただ、自らの意識を、内側はもちろん、外側に向け、考える。
そして、祈ったり、募金したりして行動する。

それだけ。


ほんとうに、とりまとめのないつぶやきですみません。



スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。