季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極楽浄土に行けぬ者の話

雅子さんもだけど、皇太子さんも秋篠宮殿下が摂政宮になるとはどういうことかよく分かっていないっぽいね。

皇太子さんではダメだから、摂政宮を置くねという意味で通告されたようなものと、私は考えている。

今までに天皇陛下の代行を任されるものの、まともにこなせず、後で天皇陛下が動かれることもあった。


皇太子さんは、自分の地位(皇太子)が保証されれば良いのであって、秋篠宮殿下が摂政宮になることに対して、危機感はない。

雅子さんの地位が、皇太子妃→皇太子夫人に下がったことも、自分の地位が保証されればテンノーになるからそれでよしと、雅子さんを切った。
雅子さんやその実家はで、皇太子さんがテンノーになれば、どうにでもなると思っているようだし。

優美子さんが高級なコートを買いまくり、店側が「お支払は・・・」と伺ってみると、「入内すればどーにもなりますから」みたいなエピがあったが、そんな感じだろうね。



とにかく、ずっとテンノーになるのはボク!と信じて疑わない皇太子さん。

最期の時、病室のベッドで、秋篠宮殿下が東にのぼられたという話を聞かされ、初めて、話が違う!と動揺するのが視える。

その時になって、初めてハシゴをはずされているということに気づくわけだが、遅すぎる。

死後の皇太子さんは、大きな川(後から思うと、三途の川?)を一人で小舟に乗ったまま漂うだけ。
この川を渡りきり、上がることも考えつかないという感じ。
先祖のお迎えも無いしね。

それと、後から今上陛下、皇后陛下がお隠れあそばされても、アチラの世界では会えない。

もし、堕ちた皇太子さんの方から両親に会いたいと思っても、神上がりした今上陛下や皇后陛下と違って、次元が違うから会えない
会うとすれば、今上陛下と皇后陛下が皇太子さんのところに降りてくるしかないが、次元が違いすぎるし、難しいだろうね。

秋篠宮殿下や黒田清子さまの時も同じだと思う。

両親、弟妹とも、次元が違いすぎる。

それほど、堕ちている訳だが。


次は、小和田恒。

江頭の爺さんが、曾孫である愛子さんがどうしようもない重度の障害者なのを悟った。
そして、親王誕生が、自分の孫の雅子さんにではなく、秋篠宮家に親王が誕生した。
親王殿下に「悠仁(ゆうじん)」と名付けられたのを見せられた上で亡くなった。

江頭の爺さんの死で分かるように、神様の差配は上手い

小和田恒も、江頭の爺さんと同じように、江頭の爺さんが味わった以上のことを見せられるまで死ねない。
それは、皇太子さんの死、秋篠宮殿下が東にのぼられる時か、時期がちょっと分からない。

ある日、突然、小和田の爺さんの死顔が、ドアップで視えた。
両目を見開いたままで、苦痛と恐怖にみちていた。

そうか、小和田の爺さんの終わりはそうなんだなと冷静に受け止めたり、うわー嫌なモノを視てしまったという思いが交錯した。


しばらく、先帝陛下の写真を拝見してくる。

秋篠宮殿下が皇族議員に


秋篠宮さまと常陸宮妃華子さま、皇室会議の皇族議員に
2015年9月4日21時26分 朝日新聞より
 
 皇室の重要事項を審議する「皇室会議」の皇族議員(2人)を選ぶ選挙が4日、皇居・宮殿であった。成年皇族による互選で、秋篠宮さまと常陸宮妃華子さまが選ばれた。華子さまは再任。予備議員には常陸宮さま、秋篠宮妃紀子さまが選ばれた。皇室会議は皇族男子の婚姻などを審議し、任期は4年。首相、衆参両院の正副議長、最高裁長官と判事、宮内庁長官、皇族2人の計10人で構成される。



1991年からの皇族議員選挙(wikiより)
青が皇族議員、赤が予備議員。

1991年9月5日 崇仁親王 崇仁親王妃百合子
           正仁親王 皇太子徳仁親王

1995年9月6日 崇仁親王 崇仁親王妃百合子
           正仁親王 皇太子徳仁親王

1999年9月6日 崇仁親王 崇仁親王妃百合子
           皇太子徳仁親王 正仁親王

2003年9月3日 崇仁親王 崇仁親王妃百合子
           正仁親王 正仁親王妃華子

2007年9月5日 正仁親王 正仁親王妃華子    
           崇仁親王妃百合子 文仁親王

2011年9月7日 正仁親王 正仁親王妃華子
           文仁親王 崇仁親王妃百合子

2015年9月4日 文仁親王 正仁親王妃華子
           正仁親王 文仁親王妃紀子

読みにくいけれど、ウィキペディアを読むと、気付く。
2003年に、皇太子さんが落選し、ずーっと名前が無いことに。

皇太子時代の今上陛下は、予備議員を1963年~1979年まで務め、1987年~1989年1月7日に即位するまで皇族議員を勤められた。

では、皇太子さんはなぜ落選したのだろうか。以下に、まとめてみた。
2001年12月、愛子さん誕生。
2003年9月、皇太子さんが皇族議員落選。
2004年3~4月、雅子さんが愛子さんを連れて軽井沢籠城。
同年、5月、「人格否定」発言。

2008年10月、ヤフーオークションに皇室ゆかりの品が流れる。

2001年~2003年の間に、皇室内部から、皇太子はダメだこりゃ・・・と思わせるような事があった?

2007年から秋篠宮文仁親王殿下が予備議員に当選。
今年、秋篠宮文仁親王殿下が皇族議員に、文仁親王妃紀子殿下が予備議員に当選。

このことは大きいと思う。

それから、皇族議員選挙に向かう皇太子夫妻の写真を見て、二人はこれが最後の出席だなぁと思った。

なぜか、分からないけれど、自然にそう思った。




«  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。