季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はご結婚を言祝ぐ言葉であふれている

まずは、秋篠宮両妃殿下のご結婚25年をお祝い申し上げます。

朝から、秋篠宮両妃殿下のご結婚25年について報じるニュース番組が多かったですねー。
眞子さま佳子さまの小さい頃のお姿も、見られて嬉しかった。
天皇皇后両陛下の会見から、前の秋篠宮両妃殿下の会見様子と今回の文章を合わせた映像が流れ、
天皇皇后両陛下と秋篠宮両妃殿下の会見は、とても似ていて、どちらも穏やかな空気が流れている。

文章の方は、産経ニュースの「【秋篠宮ご夫妻、ご結婚25周年】ご感想全文」と、宮内庁の、「文仁親王同妃両殿下ご結婚満25年に際してのご感想」を読んだ。

少しだけ、かいつまんで書いてみる。

1989年の9月、皇室会議を経て婚約が内定したことを公表されたことで、秋篠宮殿下がしっかりお話されていた。

1989年の9月に公表するに至りました。これはいわゆる結納に当たる正式な婚約ではなく、皇室会議の議を経て婚約が内定したということを発表する機会でした。服喪中のこうした発表は異例なことと思った人がいたようですが、1951年7月の順宮(現池田厚子)様の発表は貞明皇后の崩御から約2ヶ月後で、しかも当時参考としていた旧皇室服喪令によると、私たちの発表時期より一段階重い服喪期間中でしたので、手続きを終えたという発表は前例にもあり問題ないと宮内庁は判断したわけです。
これで、東宮擁護の人や自称保守の人が、「秋篠宮殿下は昭和天皇の服喪中に婚約したー!」と言えなくなる。

10年ほど住んでおられた前の家は、仮住まいだったことを初めて知った。
(今の家は、旧秩父宮邸を改装されてお住まいなのは知っていたが)
そして、その家についての思いを話され、温かくて賑やかな感じだったんだなと想像できた。

公務についても、秋篠宮殿下は、きちんとお考えを話されていた。
そして、周りへの感謝の言葉も忘れないところは、さすがだと思った。

初めて知る話、普段のご様子が伺われる話、どの話も心温かく読んだ。

全部読んだ感想は、ご結婚されて25年経っても、秋篠宮殿下と紀子妃殿下は仲睦まじいと思った。
比翼連理とは、天皇皇后両陛下、秋篠宮両妃殿下のことを言うんだな。


筆頭宮家としては、大きくニュース番組や新聞に取り上げられたということは、大きい。

次のご結婚30年(真珠婚式)の会見は、皇太子両妃殿下として見たい。


スポンサーサイト

真夜中の言葉

暗くて、汚い片隅に逃げ込み、逃げ切れたと大笑いする皇太子夫妻。

逃げ切れたと思っているのは、本人たちだけ。

周りは、包囲網を作り、じわじわと囲い中。


皇族なのに、本来のお役目から逃げるとは何事か。

このまま逃げ続けることができると思うな。

もはや、地位は要らぬだろう。

実る稲田は頭垂る

(389)両陛下、沖縄戦終結の日にご黙祷 佳子さま、桃華楽堂で洋楽演奏会をご鑑賞から、抜粋し、転載する。

 大正天皇の即位の礼に伴う大嘗祭(だいじょうさい)に新穀を献上した香川県綾川町で21日、主基斎田(すきさいでん)100周年記念の「お田植まつり」が開かれ、秋篠宮ご夫妻がご臨席。秋篠宮さまは「日本人が大切にしてきた稲作とそれにまつわる文化が、いく久しく受け継がれていくことを祈念しております」とあいさつされた。

 大嘗祭で供える新穀は、京都から東の「悠紀(ゆき)」と西の「主基」の2カ所の斎田で作られ、その場所は亀の甲を焼き、割れ方をみる「亀卜(きぼく)法」という伝統的な方法で決められる。ご夫妻は7日にも、悠紀だった愛知県岡崎市での記念式典に臨席されていた。
 天皇陛下の大嘗祭では、悠紀に秋田県五城目町、主基には大分県玖珠町が選ばれた。

lif1506270008pmsn.jpg
田植えの後の「斎田踊り」をご覧になる秋篠宮ご夫妻=21日、香川県綾川町(前川康二撮影)
lif1506270008msn2.jpg
香川県農業試験場の職員から農産物について説明を受けられる秋篠宮ご夫妻=21日、香川県綾川町(前川康二撮影)


大嘗祭とは、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。
歴代の天皇の大嘗祭で、供えられる新穀を献上する斎田は、亀の甲を焼き、割れ方をみる「亀卜(きぼく)法」という伝統的な方法で決められる。
悠紀(ゆき)は東日本主基は西日本から選ばれるのを原則としている。

明治天皇の大嘗祭で、新穀を献上された斎田
「悠紀(ゆき)」→山梨県甲府市上石田
主基→千葉県鴨川市北小町

大正天皇の大嘗祭で、新穀を献上された斎田は、
京都から
東の「悠紀(ゆき)」→愛知県岡崎市
西の「主基」→香川県綾川町

昭和天皇の大嘗祭で、新穀を献上された斎田
「悠紀(ゆき)」→滋賀県野洲市三上町
主基→福岡県福岡市早良区脇山

今上陛下の大嘗祭で、新穀を献上された斎田
「悠紀(ゆき)」→秋田県五城目町
主基→大分県玖珠町

天皇陛下のお住まいが、皇居(東京)に移られても、伝統にのっとり、京都からみて東、西に決められるんだな。

神々の時代より、我が国を、
◎豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)
《神意によって稲が豊かに実り、栄える国の意》
◎豊葦原の千五百秋の瑞穂の国(とよあしはらのちいおあきのみずほのくに)
《葦が生い茂り、永遠に穀物が豊かにみのる国の意》

と呼ばれるほど、皇室と稲作の関係は深い。

その斎田100周年行事に、秋篠宮両妃殿下が行かれたということは、興味深い。
そう思って、過去を見ると、皇室にとって重要な行事は、秋篠宮殿下が行かれている。

先が、楽しみだ。

私見です その②

皇族とは、”皇族の自分”を見せるのではなく、与えられた立場を理解し、地位にふさわしい活動をされるのが筋というもの。

本来の皇室の活動とは、秋篠宮殿下がおっしゃった「公務は受け身」というものだと思う。

公務の流れについては、佳子さま20年の歩みという特集でこのような記述があった。

①宮内庁を通して、公務の依頼があり、各宮家に振り分けられる。
②宮内庁を通さず、宮家に直接依頼があって、決まる。
③直接、殿下並びに妃殿下に直接依頼して、決まる。

公務が決まると、行く前から、公務先に非礼がないように、時間をかけて勉強されるという。
その下勉強があってこそ、公務先での事を理解された上の発言がある。

そうすることで、公務先も来て頂いて良かった、また次があればお願いしたいと思う気持ちになる。

一つの公務が、次の公務に繋がるという「輪」ができる。

それらは、天皇皇后両陛下や秋篠宮両妃殿下の公務を見ると分かる。


残念なことに、そういう事が分からない皇族が三人いる。
自分の要求を通し、公務をすればするほど、本来の皇室の活動から遠のく。

この三人が動くと、公務に利権が付きまとっているのではと思わずにいられない。
三人とも、利権になるものが無くなったら、公務は無いだろうね。


最後に、トンガの戴冠式は、日本の皇太子夫妻に来て欲しいであって、徳仁親王と雅子さんに来て欲しいのではない。

能なしの徳仁親王とキ●ガイ雅子さんという現状を知っていれば、誰も徳仁親王と雅子さんに来て欲しいと言える訳が無いだろう。

噂を聞いていても、戴冠式で招待するとしたら、地位的に、日本の皇太子夫妻を招待せざるを得ないと思う。

皇太子単独でもやらかすようになったのに、雅子さんも同行し、ゆるゆるのスケージュルで行くとはね。

だが、色々やらかす度に、廃妃への進みが速くなっていく。




悠仁殿下のお姿に


悠仁さま、映画に身を乗り出す「面白かった」
読売新聞 6月20日(土)12時24分配信
秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さまは20日、東京都港区のスペースFS汐留を訪れ、映画「アリのままでいたい」の特別試写会を鑑賞された。
昆虫同士の決闘や捕食などを「アリの目線」で撮影した映画で、悠仁さまはカブトムシとクワガタが樹液を巡って闘うシーンなどに、椅子から身を乗り出しながらじっと見入られていた。上映が終わると、「面白かったです」とはにかみながら感想を話し、拍手をされていた。

悠仁さま、昆虫の映画ご鑑賞
産経新聞 6月20日(土)12時30分配信
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは20日、東京都港区のホール「スペースFS汐留」で、昆虫の生態に密着した映画「アリのままでいたい」の特別試写会をごらんになった。
 映画は、昆虫写真家の栗林慧さんが長崎県平戸市で1年以上かけて撮影。「アリの目線」になる特殊カメラを駆使し、昆虫の捕食や産卵の様子などをとらえた。樹液をめぐるカブトムシとクワガタの争いなど弱肉強食の世界も描いた。
お茶の水女子大付属小3年の悠仁さまは昆虫への関心が高く、お住まいの宮邸がある赤坂御用地や皇居などで網を使って虫捕りを楽しまれている。
 悠仁さまは秋篠宮ご夫妻の間の席で>時折、身を乗り出しながらご鑑賞。上映後、栗林さんから感想を聞かれ、「面白かったです」と答えられていた。



<上映後、栗林さんから感想を聞かれ、「面白かったです」と答えられていた。<
このように、自分の口から、お言葉を話される悠仁殿下の様子が載っていることは、大きい。

悠仁殿下が生まれた時から、障害児と思わせたい又は見せかけたいと思う側が、悪意を持って切り取った写真を使い、「悠仁殿下は障害児」工作活動をする。

しかし、大きくなられた悠仁殿下が、節目ごとに、健やかなお姿に利発な動きを見せられる。
写真や動画で、お健やかにお育ちだと分かるし、インターネットを使い、「悠仁殿下」と検索すれば、微笑ましいエピソード、健やかに成長されている姿を見られる。

どんなに悠仁殿下を隠そうとしても、隠せない。
だから、どんなに「悠仁殿下は障害児」という工作活動をしても、必ず失敗する。

いずれは、未来の天皇陛下になられる悠仁殿下を、こうまでして障害児に見せかけたい側は誰か?

すなわち、「女性天皇」を推す者たちだろう。

こうして、皇統を継ぐ者が生まれ、成長されているにも関わらず、「女性天皇」を押したがる者は、利権目当てと見るがよい。

無駄な活動ではあるが、同時に、「女性天皇」を推したい側が擁立する愛子さんは、ますます表に出してはいけないレベルになりつつある。

公式に、愛子さんの口から発された言葉といえば、学習院初等科卒業式の「ありがとうごじゃいます」しかない。
この件以外は、いつも皇太子さんや雅子さんが「愛子が面白かったと言ってました~」とか言う。
だから、「愛子さまも、面白かったと言っていたようです」と伝聞形式で報道される。

悠仁殿下が言葉を発され、身内以外に、その言葉を聞いた者がいるということが大きい

ということだね。

1434778005616.jpg

悠仁殿下の成長を楽しみにしております。


思ったこと(※6/20追記)

ちょっと文章が見苦しいです。ごめんなさい。


昨日、皇室7daysを見てて思った。
今日、秋篠宮両妃殿下が、武蔵野東陵で、「香淳皇后山陵例祭の儀」に立ち会った。
常陸宮家、三笠宮家、高円宮家は、皇霊殿(皇居)で「香淳皇后例祭の儀」に出席された。


秋篠宮両妃殿下が、筆頭宮家を代表して、武蔵野東陵で、「香淳皇后山陵例祭の儀」に立ち会われたのかな。

本当なら、皇太子さんと雅子さんが、武蔵野東陵で、「香淳皇后山陵例祭の儀」に立ち会い、秋篠宮家も皇霊殿(皇居)で「香淳皇后例祭の儀」に出席されていたかもしれない。
その可能性もあると思うけど、あくまでも私の考え。

肝心の皇太子夫妻が、本来あるべき形で粛々と行わない為、この段取りなのかが分からない。


皇太子さんと雅子さんは、誤「子供の日公務」の為、「香淳皇后例祭の儀」に出席しなかった。

香淳皇后さまと言えば、雅子さんは香淳皇后さまの葬儀でのベールの長さについて、皇后さまからアドバイスを受けたそうだ。
だが、週刊誌では、なぜか注意されたということになっている。
表向きは「風邪のようなもの」で休み、その事が原因で、「皇后さまに叱られて傷心の雅子さま」と週刊誌に書かせた。

ベールの長さをアドバイスされず、他の方々より短かったりした場合、誰も教えてくれなかったーと責任転嫁するだろうし。
どっちでも、雅子さんは傷ついたと騒ぐ。
他罰的な人が、皇太子妃だと、周りも大変。

その思い出があるから、雅子さんは出席しない?

皇太子さんは、子供の頃、香淳皇后に厳しく叱られたことがあるから、出席したくない?

真偽は分からないけれど、とにかく、夫婦揃って、おかしい。

こんな風に、公務を選り好みする皇太子さんと雅子さんは好きではない。

自然に、公務を一つ一つ心を込めて勤められる秋篠宮家を応援したくなる。


秋篠宮殿下が、紀子妃殿下がおられて良かった。


※6/20 追記
宮内庁HPの皇太子同妃両殿下のご日程が更新されました。
皇太子さんは、皇霊殿(皇居)で「香淳皇后例祭の儀」に出席していたようです。

平成27年6月16日(火)
皇太子殿下 香淳皇后例祭の儀(皇霊殿)
皇太子同妃両殿下 ご訪問(子育て支援施設「ゆったりーの」(こどもの日にちなみ))(新宿区)


誤「こどもの日公務」

皇太子さんと雅子さんが、公務した日に、浅間山が小規模噴火した。
地震はないようだが、要注意だね。

浅間山の近くに住まわれている方々、どうか気を付けてお過ごし下さい。


<皇太子ご夫妻>東京の子育て支援施設訪れ親子と懇談
 毎日新聞  6月16日(火)18時53分配信

 皇太子ご夫妻は16日、「こどもの日」にちなんで東京都新宿区の子育て支援施設「ゆったりーの」を訪れ、親子と懇談された。今年、天皇、皇后両陛下から引き継いだ新しい公務で、9月の「敬老の日」前後の施設訪問と併せて秋篠宮ご夫妻と共に分担していく。
 ご夫妻はゆったりーの内で絵本の読み聞かせをしている場面を視察し、集まった約20人の親子と和やかに懇談した。3歳の長男と1歳の長女の母親(30)に雅子さまは「お弁当作りや(幼稚園の)送り迎えは大変でしょうね」「どんなお遊びが好きなんですか」と笑顔で話しかけ、皇太子さまは絵本を朗読した女性(32)に「愛子が小さい頃、私も読み聞かせをしました」などと感想を話した。
 この施設は親子の交流や子育て相談の場として2004年にオープン。0歳から小学校就学前の子どもや保護者が利用している。【真鍋光之】


写真は、時事通信、皇室画像掲示板から転載。
注意をお願いします。
1434446044110s037770.jpg

2015061601.jpg

皇室画像掲示板によれば、今日の子育て支援施設「ゆったりーの」は臨時休館だったみたい。

ゆったり~のFacebookより
本日、なんと!
皇太子殿下、皇太子妃殿下の、子どもの日に因むご視察(行啓)においでになりました。
できるだけ、いつもの様子をご覧になっていただきたかったのですが、
大勢の人が駆けつける事態になるといけないので、準備は内密に進め、
本日は一般の利用はお休みとしました。
本日利用できなかった皆さん、ご迷惑をおかけしまた。
ご視察は終始、子ども達の様子に笑顔の皇太子殿下・妃殿下でした。
あわせて、新宿区長、東京都福祉保健局次長、厚生労働事務次官の方々にもご視察いただきました。
今日明日あたりは、TVのニュースでも出るかな??


なるほど、施設はそのままで、中身はやらせで決まり。

写真に写っている親子たちは、日頃から施設を利用していない。
この日の為に、集められたそ●かの親子たちを施設に入れて、台本ありの「子供公務」なんちゃってロケをしたということだね。

やっぱり、予想した通りの誤公務に、呆れた。

ところで、写真の雅子さん、下のクマがすごい。
夜は寝ていないで、朝、愛子さんと皇太子さんが起きる頃に寝るという”昼夜逆転”状態はまだ治っていないようだ。

トンガ行く前に、ちょこっと公務しておけばいいというあざとい魂胆が見えてくる。
それと、公務するという名目で、「香淳皇后例祭の儀」から逃げたなと思ってしまう。

ヤフーニュースのコメント欄では、他にもそう思っている方々がたくさんコメントしている。
<皇太子ご夫妻、子育て支援施設をご視察 両陛下のご公務引き継がれ 産経新聞 6月16日(火)17時48分配信>

皇太子さん、本当は笑ってる場合ではない。
皇太子という立場なら、「子供の日公務」以外に、陛下から引き継ぐ公務は山ほどある。
ほんの少ししか引き継いでいない皇太子は、能無しと見られても仕方ない。
(実際、皇太子さんはボンクラだけど)

ほとんど公務日程がスカスカ状態の皇太子さんと引きこもりニートの雅子さんに、「子供の日公務」やったと言われても誉める気にならない。
むしろ、廃妃と、皇太子さんが病気に倒れて東宮御所を出る日まで、夫婦揃って引きこもって欲しい。

国民は、その方が喜ぶよ。

最後に、雅子さん、トンガへ本当に行かせてもらえるのかな?



明日、「異例の」子供の日公務があるそうだ

1年前から、天皇皇后両陛下より「こどもの日」公務を譲られると報道されているし、通知があったと思う。
なのに、5月になっても「こどもの日」公務が決まらず、週刊誌に「異例なこと」として書かれる始末。

今まで決まらなかったのは、こんなんだと思う。

①東宮家にとっては通常通りの、過剰の警備による交通規制あり。
②会う子供に何を言われるか分からないし、それに対し、自然な対応ができないと分かっているので、会う子供に台本を覚えさせたい。
③子供や関係者の調査票を提出しろ

などと注文をつけたのでは?

ともかく、色んな所に打診するも、断られて決まらなかったらしいし。

皇室7daysによれば、明日、するらしい。
6/16(火) 両殿下 子育て支援施設(東京都内)  こどもの日にちなむ御訪問

具体的に、施設の名前を載せないのは、サクラ仕込みや、「雅子さまお綺麗!」と呼ばせる喜び組をスタンバイさせる様子を目撃され、あちこちに拡散されたくない為?

明日は、「皇太子夫妻が天皇陛下から受け継いだ子供の日の公務をされました~」というニュースがあるのか。
見たくないような、ちょっと見たいような、怖い気分。

皇室7daysを見ると、今週の東宮家の公務は、月曜日~水曜日まで、後は空白。

秋篠宮家は、火曜日から日曜日までが、公務で埋まっている。

秋篠宮家の東宮化が始まっていると聞いたが、その通りだね。


公務?私的なお出かけ?



皇太子ご夫妻、大アマゾン展に 顔見合わせ笑う場面も
2015年6月10日21時03分 朝日新聞より

皇太子ご夫妻は10日、東京・上野の国立科学博物館で開催中の特別展「大アマゾン展」を①観覧した。アマゾン川流域に生息する生物の剝製(はくせい)など約400点の展示をじっくり見て回り、お2人で顔を見合わせて笑う場面もあった。②療養中の雅子さまの観覧は当初予定されていなかったが、体調がよかったことから直前に決まった。


①皇太子ご夫妻は10日、東京・上野の国立科学博物館で開催中の特別展「大アマゾン展」を観覧した。
鑑賞ではなくて、観覧した?

デジタル大辞泉で引くと、
鑑賞
芸術作品などを見たり聞いたり読んだりして、それが表現しようとするところをつかみとり、そのよさを味わうこと。
観覧
見物すること。


観覧したと書いた意味は、公務ではなく、私的に見に行ったということ?
そして、その通り、見物しただけなんだね。

ま、皇太子さんと雅子さんに、4月に訪れた秋篠宮両妃殿下のように、展示作品からつかみとり、話されるスキルは無い。
そして、「アマゾン展」はどんなテーマで展示されているかなどという下調べも無かったと思う。

参考に、秋篠宮両妃殿下が「アマゾン展」を訪れた時のニュースを下に転載。
秋篠宮ご夫妻「大アマゾン展」を鑑賞
TBSNEWSiより

 秋篠宮ご夫妻は20日、東京・上野の国立科学博物館を訪れ、アマゾンに生息するナマケモノや巨大アナコンダの剥製などおよそ400点が展示されている「大アマゾン展」を鑑賞されました
 コンドルやインコなど鳥類の剥製が並ぶ展示エリアでは剥製の多さに驚いていたほか、コンドルの頭に毛が生えていない理由について説明されると、興味深そうにご覧になっていました。
 会場内のシアターでは、アマゾンの世界を体感できる「4K」の映像が大型スクリーンで上映されていて、秋篠宮ご夫妻はそれぞれ「映像が素晴らしかった」「臨場感がすごくて現地で見ているようでした」と感想を述べられていたということです。
 この大アマゾン展は、6月14日まで開催されています。(20日17:09)


療養中の雅子さまの観覧は当初予定されていなかったが、体調がよかったことから直前に決まった。
ドタ出か。
今回のように、皇太子さん一人公務に雅子さんがドタ出されると迷惑なので、これから皇太子さん一人公務依頼も少なくなり、ゼロになる日は近いと思う。

261617039443sazeio.jpg
宮中晩餐会や三笠宮家の長男寛仁さまの「三年式年祭 墓所祭」では、老け感やボヤけている感があったが、又、ギラギラしている雅子さんに戻った。
ギラギラ感は、薬を飲んで来た+剥製に興奮したのか?

相変わらず、皇太子さんは、子供みたい。
目も泳いでいるし、きっと説明も分かっていないだろうとお察し。

ところで、「アマゾン展」の会期は2015年3月14日(土)~6月14日(日)です。
終わりかけの時に来られても、何にもならん。

おやすみなさい。

皇太子夫妻の落日

ここ一週間くらい、拍手ボタンの数が一気に増えて、驚いた。

稚拙なブログにも関わらず、読んで下さっている方がいるということに恐縮しつつ、感謝します。

ブログを訪問して下さった方、拍手して下さった方、いつも読んで下さりありがとうございます。


--------------------------------------------------------

さて、今日は6月9日
当時は、マシだった皇太子さんと雅子さんの結婚記念日。
出自も不明で大きな穢れの中にいる人が御簾の中に滑り込んできた日でもあり、皇室や国民にとっても悪夢が始まった日。

なぜか、テレビは、皇太子さんと雅子さんの結婚記念日をあまり取り上げない。
結婚、療養に入る前の動画、やっつけ公務ロケ、晩餐会の動画もあるけれども、皇太子夫妻を取り上げた番組では視聴率が低いと分かっているみたいだ。

そうだろうね、皇太子夫妻の動画を見ると、不快な気持ちになるんだもの。

皇室に無関心な人でも、皇太子夫妻が気持ち悪いと言っているぐらいだ。
穢れや心根が表れているのを、無意識に感じ取っていると私は思う。

皇太子夫妻とは対照的に、地に足をつけて歩んでこられた秋篠宮ご一家は、見ていて清々しく、微笑ましい。
その秋篠宮ご一家と皇太子夫妻の番組、どちらが見たいか?と聞かれれば、秋篠宮ご一家が見たい!と言う。

印象操作しても、メディア操作しても、無駄。
視聴率が全てではないと分かっているが、本当の世間は、
秋篠宮ご一家皇太子ご一家
と言うこと。

だから、皇太子が次のテンノーになるボク!とやっても、雅子さんがアタクシは皇太子妃ですと、やっても無駄。
逆に、自爆の道を歩む。

マスコミに、自分たちをヨイショさせ、持ち上げさせた分、落とされる時がくるのは法則であり、自然な成り行きだ。
オランダ新国王即位式で雅子さまーお綺麗ィィィと抜かしたコメンター達も、その時がくると、手の平をコロッと返し、厳しいコメントをするだろう。

そう考えると、今はヨイショ時代が終わり、スルー時なのかもね。
そして、落とす日を待っていると。

ここまで書いて、頭に浮かんだ。

皇太子夫妻の落日が、始まった。



 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。