季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

(追記)

皇室に、トロイアの木馬を送り込んだものの、肝心の木馬が上手くいかない。

2600年以上続いてきた皇統を壊したい。

日本の歴史を学ぶと、天皇の政権→天皇を守る武士の政権に取って変わり、以降は武士が政権を握っていた。
その間も、天皇は存在している。

送り込んだ側にしてみれば、そういうことがあり得ないんだって。

政権が変われば、天皇をひきずり降ろし、皇室解体するもんだって。

海外はそうかもしれないけど、日本は違うんだよ。

祭祀一家を無くしたら、日本という国体はどうなるの?
とても考えられないような日本に、変わっていたかもね。

でも、残念なことに、廃太子論まで行ったものの天皇廃止論まで行かなかった。

政権交代もむなしく、自民に戻ったし。

そんな訳で、送り込んだ側は、トロイアの木馬の親を見限ったらしい。

今は、トロイアの木馬を調べ、時期がきたら駆除するつもりで、静かに証拠を集める為、泳がせていると私は見ている。

その間、国民はたまったものじゃないけど、皇室側にしても、もどかしい思いだろう。

スポンサーサイト

 | HOME |