季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

「真実はありのままに~」

皇太子さんというより、雅子さん側は、いつになったら分かるのだろう。

※写真を見る時は、注意願う。
f150503002584656.jpg
産経ニュースより。

いくら、修正させても、無駄。

皇太子さん一家の写真は、修正あり・修正なしの2つに分かれる。

●修正あり
→マスコミに、修正をかけてもらった写真
パッと見たら、ごまかせるかもしれないが、よく見ればおかしな事になっている

○無修正の写真
→ツイッターの写真
「私たちは、国民から支持を得ています。人気ありますよ」っていうアピールの為に、人が多い時間帯を狙って出てくる。
サクラも仕込んでいるけど、大半は皇太子さん一家が来る為に、足止めされた市民ばかり。
その市民が撮った写真が、ツイッターにあげられる。
もちろん、その写真は無修正

マスコミを通じて出される写真と比べると、真実がよく分かる。

人が多い時を狙ったのが、逆効果になった。


そして、修正あり・無修正の写真の共通は、「嘲笑」
写真から、皇太子さん一家への尊敬の念が、全く感じられない。

尊敬どころか、「嘲笑」される皇太子さん一家。
皇族として、人として終わってる。

それから、写真の修正をしても、動画の修正はきかない。
動画からも、真実が明らかになる。

修正する前に、ダイエットしろと言いたいけれど、その手間も惜しいのだろうね。

そう思うと、「真実はありのままに~」を呟きたくなった。




スポンサーサイト

夢の日記

4月下旬、秋篠宮両妃殿下の夢を立て続けに見た。

うろ覚えになったけど、共通しているのは、秋篠宮両妃殿下が穏やかで、透明感が漂っていた。

拝見していて、安心できたのを覚えている。


また、別の夢を見た。

気がついたら、私は京都の町中にいた。

ある道を通ろうとしたら、突然誰かに制止された。

そして、(制止した)誰かに、
「結界が切れた
だから、この先は通れないのだ」と言われた。

京都の結界が切れた?と、ビックリしているうちに目が覚めた。

印象に残ったので、日記として残してみる。

久々に

書きたいことは沢山あったのに、書く気になれないまま、4月から5月になった。

やっと書く気になったので、これから記事を少しずつ載せたい。

ブログを休んでいる間、ブログ拍手をして下さった方、ありがとうございました。




 | HOME |