季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理人だって、味が分かる方に食べて喜んでもらいたいよね

「天皇の料理番」が、テレビTBSで4月26日から放送が始まる。
どんなドラマになるか、楽しみ。

ところで、私は見ていないが、見た友達によれば、
安住アナウンサーが、「大膳課第五係は、東宮御所にお住まいの皇太子ご一家、秋篠宮殿下を担当されている」と言っていたそうだ。

大膳課について、『天皇家の食事 1日1800kcal、化学調味料使わず塩分10g以内』から抜粋した。


両陛下の食事を実際に作るのは、宮内庁大膳課の職員。大膳課は5つの係に分かれ、第1係は和食、第2係は洋食、第3係は和菓子、第4係はパンと洋菓子、そして第5係が東宮御所担当となっており約50人が勤務している。

いつの間に、秋篠宮殿下のところも担当するようになったんだろう。
確か、料理人を雇われているはず。
将来の天皇陛下がいるということで、秋篠宮家も担当することになったのかな?

それで、思い出した。
文藝春秋の江森敬治著「悠仁天皇へ 秋篠宮家の布石」にあった、悠仁さまが紀子さまと一緒に大膳課を見学したというエピソードを。
検索したら詳しく出てくるが、その一部分を載せる。
「また、二人は、昨年、天皇、皇后両陛下や宮さまたちの食事の世話をする宮内庁大膳課も訪れた。
悠仁さまは、調理場で、新年用の宮中料理が作られる過程を見学した。
紀子さまと悠仁さまは作業、調理現場を訪れ、魚をさばいたり、和菓子を作ったりするところなどを見たが、宮内庁関係者によると、質問をしながら熱心に見学したことに現場の職員たちはとても感激した様子だったという。」



食卓につくと、食事が自動的に出てくると思っている皇太子さんを、当時皇太子妃だった皇后さまが大膳課に連れて行ってその過程を見せたというエピソードと違って、悠仁さまのは微笑ましい。

こうやって、秋篠宮家は、皇族である自分たちを支えてくれる人の様々な仕事を、眞子さまと佳子さま、悠仁さまに見せたりして、色々教えているのが分かる。

平成21年から、秋篠宮殿下の実務が東宮化したと言われている。

一宮家ならでは動ける自由もおありだろうけど、そのお働きぶりを見ると、東宮に就いて頂きたいと思う。
秋篠宮両妃殿下なら、天皇皇后両陛下の名代もしっかりこなされると思うし。

話を元に戻して、安住さんGJ!!と言いたい。

最後に、皇太子さんと言えば、雅子さんが21日の園遊会に出ると友納さんが書いたらしいね。
本当かな?また、出る出る詐欺じゃないの?






スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。