季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んな節目

今年は、色んな節目があると気づいた。

2月18日 今上天皇の心臓手術から3年目

3月10日 東京大空襲から70年目

(「東京大空襲」と言った場合、死者数が10万人以上と著しく多い1945年3月10日の空襲を指すことが多い)
東京大空襲のウィキペディアより

3月11日 東日本大震災から4年目

6月29日 秋篠宮両妃殿下の銀婚式(25年目)

8月6日 広島市へ原爆投下から70年目

8月9日 長崎市へ原爆投下から70年目

8月15日 第2次世界大戦・太平洋戦争から70年目


思いつく限り、あげてみた。

今上天皇の心臓手術から3年目について。
「もう手術したことを忘れていただいていい」陛下心臓ご手術の執刀医・天野篤氏単独インタビュー詳報を読んで、天皇陛下にとって悠仁さまの存在は大きいと感じた。
そして、悠仁さまが生まれてきて良かったと思った。

今年は戦後70年。

4月8~9日、天皇皇后両陛下がパラオ共和国を訪問され、太平洋戦争の激戦地で亡くなった戦没者の慰霊をされる。
国の為に命をかけて戦ってくれた戦没者の慰霊に心を尽くしている天皇皇后両陛下。

両陛下が慰霊なさることを「点数稼ぎ」と言う人がいたそうだけど、どうしてそう思えるのか。
日本人の考えにはない考えだなと思った。

慰霊って、点数稼ぎでできることではない。
国の為に命をかけ戦ってくれた兵士さん、戦争にまきこまれて亡くなられた人などの魂を、両陛下が感謝と鎮魂の心で慰めることによって、鎮まり、喜ばれるだろう。
慰霊して下さるだけでありがたいと思う。

慰霊と言えば、昭和63年の全国戦没者追悼式の動画を見たことがある。
足取りがおぼつかず、ゆっくりになっても追悼式へ足を運ばれた先帝陛下(昭和天皇)。
病気が重くなっても、慰霊をしたいという強い気持ちが伝わってきた。
自然と、涙が出た。

私が思うに、「どうぞ安らかに眠って下さい」と祈ることによって、故人が自分は死んだことを知るというきっかけにもなると思う。
「どうぞ安らかに眠って下さい」と祈ることで、魂を鎮める。
だから、慰霊はとても大事と思う。

最後に、付け加えると、「点数稼ぎ」は皇室とは真逆の考えであって、「点数稼ぎ」は、皇太子夫妻がやってることだよ。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。