季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀子さまと佳子さまが手話狂言鑑賞された


皇室:佳子さまら手話狂言鑑賞 手話で「ありがとう」
毎日新聞 2015年02月01日 18時33分(最終更新 02月01日 18時38分)
 秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さまは1日、東京都渋谷区の国立能楽堂で、聴覚障害がある俳優らによる手話狂言を鑑賞された。佳子さまは出演者のやりとりに時折笑いながら、公演を楽しんだ。

 手話狂言は女優、黒柳徹子さんの発案で約30年前に始まり、俳優が手話でせりふを表現するのと同時に、狂言師の音声も会場に流れるため、幅広い人々が楽しむことができる。優が手話でせりふを表現するのと同時に、狂言師の音声も会場に流れるため、幅広い人々が楽しむことができる。
舞台を終えた出演者らと懇談して能楽堂を出発する際、佳子さまは俳優一人一人に手話で「ありがとう」と伝えた。
案内した黒柳さんは「皇族が来て『面白かった』と手話をなさることが俳優の力になる」と喜んだ。(共同)


20152011.jpg


又、同じ色のトーンで合わせていらっしゃる。
手話をする時に、手話が分かりやすいようにと、このお召し物を相談して選ばれたのかな。

仲良し母娘で、微笑ましい。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。