季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の秋篠宮殿下、紀子さまと佳子さま

今週の秋篠宮殿下、紀子さまと佳子さまの公務をアップ。

佳子さまが単独公務を初めてされた。

現代女流書展:佳子さま「とてもきれい」
毎日新聞 2015年01月28日 11時07分(最終更新 01月28日 19時47分)

 午前9時半ごろから約40分間、毎日書道会所属の書家、兼岡白葉さんに説明を受けながら、作品158点を全て見て回った。青っぽく見える薄い色の墨に「こんな色もあるんですね」と驚いたり、「筆はどれくらいの太さですか」「表装がとてもきれいですね」と感心したりした様子だった。4歳から小学校に入学するまで約3年間、書道を習った経験があり、興味深そうに鑑賞されていた。
20150128003.jpg

 同展は日本を代表する女性書人の最新作を展示している。2月2日まで。



紀子さまとご一緒された公務の時より、初々しさが出ている。
また、佳子さまの素直な笑顔に癒された。


秋篠宮さま、海遊館をご視察
産経 2015.1.30 11:05更新
秋篠宮さまは30日午前、大阪市港区の水族館「海遊館」を訪問された。来館は平成11年にご夫妻で見学されて以来、今回で4度目。館内を約1時間かけて視察し、「カマイルカ」の水槽では飼育員がイルカに餌を与えたり、体温測定したりする様子を熱心に見て回られた。

 秋篠宮さまは、日本動物園水族館協会の総裁で、前日の29日に大阪市内で開催された同協会の研究会への出席のために来阪されていた。30日午後に帰京される。
20150130005.jpg


同日、紀子さまと佳子さまは、東京で開催されている「第64回関東東海花の展覧会」へ。

紀子さまと佳子さま、花の展覧会を観賞
読売新聞 2015年01月30日 22時13分

 秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さまは30日、東京・東池袋のサンシャインシティ文化会館で開幕した「第64回関東東海花の展覧会」を観賞された。
 高円宮家の長女承子(つぐこ)さまもその後、会場に足を運ばれた。

 同展では、関東、東海などの1都11県の花の生産者が育てた切り花や鉢物などを展示。紀子さまと佳子さまは案内役の説明に耳を傾け、興味深げに花々を眺められていた。同展は2月1日まで。

20150130hana01.jpg

キルト展の時と同じく、ツイードを同じトーンの色で揃えられていらっしゃる。
それで、会場の花がはっきり分かる。

それで良い、花が主役だもの。
花のことを考えておられると分かるね。

スポンサーサイト

筋金入りのKY皇太子の弔問

もう、ご存じの方もいると思うが、弔問先で皇太子さんが「即位おめでとう」と言っちゃったことは本当のようです。

弔問に行く

お悔やみを言うこともなく、
皇太子さんが「即位おめでとう」と言っちゃった

通訳者が、言葉を濁して通訳したものの、
雰囲気で、相手側が感づいた

困惑のまま、微妙な雰囲気に


皇太子さんの頭では、
国王陛下が崩御されたことよりも、新国王が即位されたということが残ったのかも。
で、「新国王が即位されたんですね」の認識で、「即位おめでとう」とやらかしたのかな。

そして、新国王即位は、前国王陛下崩御の上にあることを、皇太子さんは分かっていない。

「即位おめでとう」って、相手側や周りがどう受け止めるかで変わる。
受け取りようによっては、新国王と前国王は不仲で、新国王が前国王の死を喜んで、やっと即位できたね!ということになってしまう。
実際はどうか分からないが、そんな誤解を作ってしまいかねない言葉を発する危うさ

医学的には仕方がないが、皇太子という公人の立場では困る。
立太子した時、周りは皇太子さんが天皇に就くと考えていたかどうかは分からない。

しかし、皇太子さんの筋金入りのKYぶりに、両親である天皇皇后両陛下が、その場での振る舞いや言葉を助言できる側近をつけてくれた。
そのまま、側にいてもらった方が良かったのに、自ら叱りつけ遠ざけた。
その結果が、これ。

弔問外交のはずが、祝辞を言ったことで、ぶち壊し。
その重さを、皇太子さんは、分かっていない。
帰国の顔がコレだもの。


20150126.jpg

皇太子さま、サウジでの国王弔問から帰国
2015年1月26日21時03分
朝日新聞

 故アブドラ国王の弔問のため、サウジアラビアを訪問していた皇太子さまは26日午後、政府専用機で羽田空港に帰国した。宮内庁によると、皇太子さまは首都リヤドでサルマン新国王、ムクリン新皇太子らに天皇陛下の弔意を伝えた。国王からは、皇太子さまは親友で、日本を愛しているとの発言があったという。



行きもそうだったけど、帰りも雅子さんのお迎えは無しか。

皇族の足を引っ張る雅子さんと皇太子さん、久子さん、この三人は表に出てこないで欲しい。

最後に、私は、内閣府に「日本の恥になるから皇太子さんを海外に出さないで欲しい。早く皇室会議を開いて廃太子を」という感じのメールを送った。

各省庁へのメールはこちらから
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

匿名でメールできる。
メールしても事が動かないと言う人がいるかもしれないが、それでもメールは有効だと思う。
必ず、後押しになると信じてメールする。

対応に困ることをしちゃった?皇太子さん

皇太子さんが、25日にサウジアラビアへ弔問に行ったよね。

国内で、その弔問の写真と記事がでないから、おかしいな。

と思っていたら、サウジアラビア国王陛下の葬式は、23日(金曜日)に行われていたという事実を知った。

それじゃあ、25日に出発って、遅すぎる。

サウジアラビア王室側からみれば、葬式が終わって喪に服している中、来られて困っただろうな。

そして、写真も記事もないのは、現地で皇太子さんが何かやらかしたから、出せないとか。

あのニヤニヤ顔で、「お悔やみ申し上げます」とやっちゃったのか?

それとも、「即位おめでとう」って言ったのか?(汗)

真偽は分からないが、皇太子さんならあり得ると思った。

サウジアラビアでの写真を、1枚見つけた。

su2.jpg

皇太子さんの目、話がよく分かっていないような目つき。

真ん中の通訳者が、言い聞かせているような感じにも見える。


※夜も遅いので、コメントの返事は遅くなりますが、必ずします。

弔問に行く皇太子さん


<皇室>皇太子さま、サウジアラビアへ出発
毎日新聞 1月25日(日)12時31分配信
皇太子さまは25日、サウジアラビアのアブドラ国王の死去を受けて、弔問のため羽田空港から政府専用機で同国に出発された。首都リヤドに到着後に弔問し、26日に帰国する。福田康夫元首相も政府特派大使として同行した。【古関俊樹】


201500125.jpg
サウジアラビアに出発するため東宮御所を出られる皇太子さま=東京・元赤坂で2015年1月25日午前(代表撮影)


弔事に行く顔が、この顔

うすら笑いしている皇太子さん。
多分、昔、人前に出る時は笑いましょうと教えられてきたまま、時が止まっている

慶事と弔事の時など、その場に合わせて、笑顔や神妙な顔をすることができない。

皇太子さんは、そういう障害なのだとお察しできるけど、この態度は無いだろうと思う。

そして、雅子さんは姿が見えないけど、見送りに出てこなかったんだね。

皇太子さんが、新婚旅行の地であるサウジアラビアへ弔問に行くんだよ?

見送りすればいいのにと思ったが、出発時間は午前。
昼夜逆転状態の雅子さんは、起きられなかったに一票。

後で、週刊誌に病気療養中の雅子さまは大事を取って東宮御所の中で見送られたのです~みたいな記事を書かせるかも。

ともかく、皇太子さん、公務らしいことができてよかったね。

皇后さま批判について

皇室関係のブログや掲示板で、皇后さま批判が起こっている。
この世に、支持する人がいれば、批判する人もいる。
だが、その批判が急に起こっていること、又、批判の度合いが強すぎることに疑問を持つ。

ファッションの好みは、人それぞれ。
皇后さまのスタイルなんだから、ガーガー言われてもね。
私は、雅子さんのファッションが、すっごくおかしいと思うけどな。

皇太子さんの教育について、振り返ればああすれば良かったという”IF”がつくが、昭和時代において発達障害の認知度は低かった。
天皇陛下も皇后さまも、皆、皇太子さんのことを「頭の足りない子」として認識していた。
伝わるエピソードを読んで、厳しく叱り、育てたと思う。

だが、周りの思いを汲みとれないまま、育った皇太子さんは、
「朱に交われば赤くなる」ということわざどおり、結婚前までは良い友人たちや側近に囲まれていることで、両親が厳しく躾けても治らなかった我が儘気質が抑えられていたように思う。

結婚後、苦言を呈する友人や側近を叱りつけ、遠ざけた結果。
抑えが無くなった我が儘気質が、煽てに乗せられ、暴走した。

その結果が、今に至る。

子供は親の作品というけれど、成人した後は自己責任だと思うよ。
一般家庭のやり方を、皇室に求めるのが間違い。

昔ほど、天皇陛下がよきに計らえと言えば、サッと動き、事が進むということができなくなっている。
なぜなら、今の宮内庁は、外務省など他の省からきた人で集まっているんだから。
自称元皇族の竹田さんがテレビで言っていたが、宮内庁は、利権目当てに集う輩ばかりだと。
だから、宮内庁ではなく宮外庁だと言っていた。
その通りだと思う。


ねぇ、皇后さまを批判して、何になる?

皇后さまを批判した結果、皇后さまに何を求めるの?
皇后さまからの謝罪?
退位?

皇后さまの崩御を望んでいるのか?


皇后さまを批判し、やがて天皇陛下の批判に繋がり、皇室廃止論になるように、仕組まれている気がしてならない。

皇室が、二千年以上続いてきたということに、意味がある。

皇室を簡単に廃止できると思える?

答えは、廃止しようとしても、できない。

色んな波を乗り越えて、皇室はこれからも続いていく。

紀子さまと佳子さま


紀子さま、愛育病院開院式へ 移転前に悠仁さまを出産
朝日新聞 2015年1月21日20時15分

1421850995275.jpg

愛育病院の開院式でテープカットする秋篠宮妃紀子さま=21日午前、東京都港区、代表撮影

 秋篠宮妃紀子さまは21日、東京都港区のJR田町駅東口に移転した愛育病院の開院式に出席した。紀子さまは2006年9月、東京・南麻布にあった移転前の同病院で長男悠仁さまを出産している。
 同病院は皇室とゆかりが深い。天皇陛下の誕生を祝い、昭和天皇から贈られた下賜金をもとに恩賜財団母子愛育会が設立され、愛育病院が開設された。紀子さまは同会の総裁を務めている。
 この日、紀子さまは病院内を見て回り、開院式でテープカットした。悠仁さま出産時に主治医を務めた中林正雄・社会福祉法人恩賜財団母子愛育会総合母子保健センター所長によると、紀子さまは「とてもいい病院になりましたね」「これから大変でしょうが、一生懸命頑張ってください」などと話したという。(島康彦)


紀子さまが、発光なさっている。
お召し物の色に、ちょっと早い春がやってきたような感じがした。


紀子さま、佳子さまがキルト展ご鑑賞
msn産経ニュース 2015.1.22 13:11

秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さまは22日、東京都文京区の東京ドームで始まった「第14回東京国際キルトフェスティバル」を訪れ、開会式に臨んだ後、出展作品を鑑賞された。
 同フェスティバルには例年、紀子さまお一人で臨席されており、佳子さまが同席されるのは初めて。佳子さまは幼少期から手芸に親しまれている。
 日本キルト大賞は、神奈川県厚木市の主婦、三坂悦子さん(67)の「無音」。雨粒が川面を打ち、波紋が広がる様子を藍色を基調に表現した作品で、紀子さまは「とてもすてきな作品です。藍色は日本人にとって落ち着く色ですね」、佳子さまは「温かい感じがします」とそれぞれ感想を述べられたという。


lif1501220018-p1.jpg
東京国際キルトフェスティバルの開会式で受賞者に声を掛けられる秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さま=22日午前、東京都文京区(代表撮影)
lif1501220018-p3.jpg
第14回東京国際キルトフェスティバルの開会式に出席された秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さま=22日午前、東京都文京区の東京ドーム(代表撮影)
lif1501220018-p2.jpg
日本キルト大賞を受賞した三坂悦子さんの説明をお聞きになる秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さま=22日午前、東京都文京区(代表撮影)


同じトーンでの装いも、素敵。
母娘の公務も、良い~。

佳子さま、成年を報告


皇室:佳子さまが武蔵陵墓地を参拝
毎日新聞 2015年01月15日 11時14分(最終更新 01月15日 12時08分)

秋篠宮ご夫妻の次女佳子さまが15日、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、大正天皇と貞明皇后、昭和天皇と香淳皇后の四つの墓を参拝した。先月、20歳の誕生日を迎え、成年皇族となったことから参拝が決まった。

 参拝服姿の佳子さまは午前10時過ぎから多摩陵(大正天皇の墓)、多摩東陵(貞明皇后の墓)、武蔵野陵(昭和天皇の墓)、武蔵野東陵(香淳皇后の墓)を順に回り、玉串をささげた。姉の眞子さまも成人になった2011年11月に参拝している。

佳子さま、武蔵野陵・武蔵野東陵など参拝
読売新聞 1月15日(木)14時17分配信

秋篠宮ご夫妻の次女佳子さまは15日午前、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇の武蔵野陵、香淳皇后の武蔵野東陵、大正天皇の多摩陵、貞明皇后の多摩東陵をそれぞれ参拝された。

 宮内庁によると、昨年12月に成年になられたことを報告するためという。

kakosama1.png
武蔵野陵を参拝された秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま
(15日午前、東京都八王子市で)=代表撮影

佳子さま、武蔵陵墓地ご参拝 お一人では初、成人の報告
産経新聞 1月16日(金)7時55分配信

秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは15日、昨年12月に成人を迎えたことを報告するため、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、大正天皇の多摩陵(たまのみささぎ)と貞明皇后の多摩東陵(たまのひがしのみささぎ)、昭和天皇の武蔵野陵(むさしののみささぎ)、香淳皇后の武蔵野東陵(むさしののひがしのみささぎ)を参拝された。

 宮内庁によると、佳子さまがお一人で4つの陵を参拝されるのは初めて。

 佳子さまはグレーの参拝服に黒のロングコート姿で多摩陵、多摩東陵、武蔵野陵、武蔵野東陵の順に進み、玉串をささげて深々と拝礼された。

kakosama2.png
武蔵野陵を参拝された佳子さま=15日午前、東京都八王子市(大西史朗撮影)(写真:産経新聞)

佳子さま、武蔵陵墓地を訪問 多摩陵など参拝
2015年1月15日12時05分 朝日新聞

秋篠宮家の次女佳子さまは15日午前、成年を迎えたことを報告するため、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、多摩陵(大正天皇陵)、多摩東陵(貞明皇后陵)、武蔵野陵(昭和天皇陵)、武蔵野東陵(香淳皇后陵)に参拝した。この四つの陵をお一人で参拝するのは初めて。姉の眞子さまも成年を迎えた2011年11月に参拝している。

 佳子さまは昨年12月に成年を迎え、一般参賀や歌会始の儀といった新年行事に初めて出席。今後も公務に精力的に取り組むという。



皇室における一連の行事が終わり、落ち着かれた頃を見計らって参拝されたのかな。

動画を見ると、参拝前は緊張していらっしゃるけど優しい顔だった。
参拝後(産経新聞の写真)のように、顔付きが変わられて頼もしい顔をされていた。

佳子さまの参拝動画はこちら↓
秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さま、昭和天皇の眠る陵墓をご参拝(15/01/15)
佳子さまが昭和天皇陵など参拝、成人を報告
佳子さま 雨の中、昭和天皇陵を参拝(15/01/15)

眞子さまの時も、雨が降っていたような・・・?
ネットで調べたら、成年報告ではなくて、大学卒業報告の参拝の時だった。
写真は、ネットから拾い物。
1396496486185.png

000023976.jpg

眞子さまの大学卒業報告の参拝動画はこちら↓
眞子さま、参拝服姿で昭和天皇陵に卒業報告(14/03/27)

眞子さまのように、神武天皇陵(奈良)と伊勢神宮(三重)を参拝されると思う。
その時の写真や動画も楽しみだ。

秋篠宮ご一家の事が、テレビやネットで取り上げられる機会が多くなり、嬉しい。


平成27年歌会始について

特に心に残ったところだけ、抜粋。

天皇陛下の御製
夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ


稔りたる稲の根本=皇太子さん(東宮の根本)
鎌をあてがふ=刈り取ろうとしている。
「東宮について、抜本的解決を!」という風に、意味深にとれてしまうこともないかな。

農業の歌を詠まれていることについて、天皇陛下の御製の中に農業の歌を詠まれていることが多い。
我が国では、農業=神事と結びついているし、どこの国でも同じだと思うが、農業は国の要である。

佳子さま
弟に本読み聞かせゐたる夜は旅する母を思ひてねむる


素直で温かい歌をお詠みになられたなぁ。
成人の会見をされた時のように、お母様のことが大好きなんだね。

眞子さまと常陸宮妃華子さまの歌は、読書に夢中になっている様子が分かる。

でも、久子さんの歌は、読書していたがお客様がきたから栞を挟むという・・・。
来客が来たから仕方なく読書止めるという風にも見えて、なんだかな~。

雅子さん
恩師より贈られし本ひもとけば若き学びの日々のなつかし


上の歌を詠んだら、

オランダより贈られし本ひもとけばホテル料理のなつかし

が思い浮かんでメモした。
ちょっと字が多いですが(汗)

結婚前のことが懐かしいなら、今からでも遅くない。
離婚して、出て行かれたらいかが?

来年のお題「人」。
これもまた難しいですね。




平成27年歌会始

歌会始の儀:「本」を題に 皇居・宮殿で

毎日新聞 2015年01月14日 12時56分(最終更新 01月14日 20時36分)
新春恒例の宮中行事である「歌会始(うたかいはじめ)の儀」が14日、皇居・宮殿であり、天皇、皇后両陛下や皇族方が詠まれた歌が披露された。今年の題は「本」で、一般応募の2万861首から入選した10人の歌も読み上げられた。

 天皇陛下は秋の夕闇が迫る中、皇居内の水田で稲刈りをしている情景を詠んだ。皇后さまは林の木陰で憩うように幾度となく本で安らぎを得てきたとし、本への親しみや感謝を歌にした。

 皇太子さまは昨年10月の山形県訪問で見た絵本の読み聞かせの様子を、皇太子妃雅子さまは恩師から贈られた本を読んで学生生活を懐かしんだ気持ちを詠んだ。【古関俊樹】


天皇陛下

夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ

 皇后さま

来(こ)し方(かた)に本とふ文(ふみ)の林ありてその下陰に幾度(いくど)いこひし

 皇太子さま

山あひの紅葉深まる学び舎に本読み聞かす声はさやけし

 皇太子妃雅子さま

恩師より贈られし本ひもとけば若き学びの日々のなつかし

 秋篠宮さま

年久(としひさ)しく風月(ふげつ)の移ろひ見続けし一本の巨樹に思ひ巡らす

 秋篠宮妃紀子さま

日系の若人かたりぬ日本へのあつき思ひと移民の暮らしを

 眞子さま(秋篠宮家)

呼びかける声に気づかず一心に本を読みたる幼きわが日

 佳子さま(秋篠宮家)

弟に本読み聞かせゐたる夜は旅する母を思ひてねむる

 常陸宮妃華子さま

新しき本の頁(ページ)をめくりつついづく迄読まむと時は過ぎゆく

 寛仁親王妃信子さま

松山に集ひし多くの若人の抱へる本は夢のあかしへ

 彬子さま(三笠宮家)

数多ある考古学の本に囲まれて積み重なりし年月思ふ

 高円宮妃久子さま

来客の知らせ来たりてゆつくりと読みさしの本に栞(しをり)入れたり

 承子さま(高円宮家)

霧立ちて紅葉の燃ゆる大池に鳥の音響く日本(にほん)の秋は


0150114at22_p.jpg

1421223985750s.jpg

皇族でありながら皇族にあらず

昔から、文武両道と、自分より秀でている弟宮。

今は、知能、夫婦仲、威厳、気品、高貴なオーラなど何かも弟宮に負けてしまったね。

皇太子さん、言葉通りに理解するものの、中身は深く読み取れないと言われている。
だから、周りで交わされる会話は、浩宮にとって難しすぎてつまらないものだった。

雅子さんと出会い、初めて会話して楽しかった雅子さんを気に入った。
(中には、小和田雅子さんによるハニートラップにかかったとも言われている)

でもさ、皇太子さんと会話できるレベルって、同じくバカな人だとお察しだよね。
周りに任して、自分より優秀な女性をお妃に迎えれば、浩宮に欠けているものを補ってくれただろうに。

文武両道と、自分より秀でている弟宮へ抱く劣等感。
苦言を呈してくれる友人、側近を遠ざけたりして、
嫌なこと、分からないことから逃げ続け、自分にとって都合の良いことだけ考え続けた結果が、今に至る。

皇室の中で、皇太子さんだけが、子供に返っている。
自分で考えることができなくなっているそんな印象。

皇太子さんを動かしているのは、ただ”ボクはテンノーになるんだもんネ!”の自己顕示欲だけ。


最近、皇太子さんのことを書いていると、視界の端に鈴を鳴らしている手が見える。
魔除けに鳴らしているようだ。

魔除けに鳴らされるほど、皇太子さんは堕ちたのか。
日嗣の皇子という立場なのに。


この続きを書けるようになったら、また書きたいと思う。
それまで、この話題はこのまま放置。

お休みなさい。



続きを読む »

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。