季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

写真

今年の4月、愛子さんの学習院中等科入学式の時の写真で、皇太子さんに異変を感じた。
愛子さんと雅子さんは、普通(平面)に見えるが、皇太子さんは立体的に浮かび上がるという感じ。

武蔵野陵と伊勢参拝などの写真を見た時は、何もなかったので入学式の時だけそう見えただけだろうと思った。

12月になって、また皇太子さんがおかしく見えた写真があった。
l141414.jpg
誰が見ても、すぐ分かると思うが、顔の半分が黒い。
生気のない顔。
人形というか、貼り絵っぽい。

皇太子さんは、数年後にあちらの世界へ帰ることになるだろう。
その時、皇室の御先祖である皇祖霊のお迎えはないと言われている。
お迎えがないのは、皇太子さんの行状に呆れ、お怒りになって見放されたから。

某オカルト掲示板によれば、この三人の中で、先にあちらへ帰るのは真ん中の愛子さんと言われている。
雅子さんが、長生きするそうだ。

この写真は、このことを表していると思う。

写真と言えば、”写真”は「真を写す」という意味があるそうだ。
その通り、東宮一家の写真は心霊写真が多く、気持ち悪くなったりする。
そのせいか、東宮一家の未来は明るくないと感じる。

反対に、秋篠宮ご一家は輝くオーラがある。
過去に、高級霊が映っていたという写真もあるらしい。

兄宮家族と弟宮家族と、対称的になったのは、それぞれの心の在り方が光と闇に分かれたからだろう。

闇は闇を呼び、暗い未来に行き着く。

光は光を呼び、明るい未来になる。

心の在り方は大事だね。

お休みなさい。
スポンサーサイト

 | HOME |