季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

佳子さま

記者会見の内容を読んで、佳子さまの率直な気持ちが表れていると思った。

秋篠宮両妃殿下(両親)、天皇皇后両陛下(祖父母)など、周りときちんと会話をして育ってこられたと分かる。

公務についても、「頂いた仕事を一つ一つこなしたい」という基本を受け継がれていらっしゃる。
秋篠宮両妃殿下の教え、降嫁された黒田清子さまのお姿を見てきたからかもしれない。

事実と違うことを書かれたら訂正を!と思うけれど、訂正したらあれこれも訂正しなければならなくなる。
そして、訂正したら、事実と思われてしまうかもしれない。
お母様大好きの佳子さまだからこそ、週刊誌のことで、さりげなく紀子さまのお姿をお話になられたのかな。

学習院大学退学とICU入学のことも、隠さずすべて話して下さった。
これで、多くの方々が納得する。

それにしても、この間までは少女だったのに、ティアラ姿の佳子さまを見たらいつの間にか大人の女性になられていた。

lif1412290031-p1.jpg

改めて20歳おめでとうございます。
スポンサーサイト

20歳の佳子さまの初記者会見内容

昨日、佳子さまが20歳におなりになられた。
成人おめでとうございます!

20歳を前に記者会見された内容を転載する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000002-mai-sociより

(問い1)ご成年を迎えるにあたってのお気持ちをお聞かせください。成年皇族としてご公務に臨む機会も増えますが、特に関心を持っている分野とともに今後の抱負をお聞かせください。

佳子さま 
高校生の頃は、成年というと随分大人のイメージがございましたが、いざ自分が成年を迎えるとなると、まだ未熟なところが多くあると感じております。また、成年を迎えるまでに関わってくださった方々に感謝の気持ちを持っております。

 公的な活動に関する関心事ですが、これからさまざまな活動に参加する中で、自分の関心を持っている分野について考えていきたいと思っております。また、基本的には、自分が関心を持っているかどうかというよりも、頂いた仕事を一つ一つ大切にしながら取り組んでいくべきだと考えております。

(問い2)佳子さまご自身についてお伺いします。ご自身の性格、長所・短所についてどのようにお考えですか。具体的なエピソードを交えてお聞かせください。日々の生活の中で興味のあること、趣味や将来の夢などについても具体的にお聞かせください。

佳子さま 
私の性格についてですが、長所は自分ではあまり思いつきません。短所は、父と同じように導火線が短いところがありまして、家の中ではささいなことで口論になってしまうこともございます。

 日々の生活の中での関心や趣味についてですが、趣味というほどではございませんが、幼い頃から絵を描いたり、物を作ったり、体を動かしたりすることが好きで、今でも続けております。

 また、将来の夢につきましては、あくまでも夢ですので、自分の中で温めておきたいと思っております。

(問い3)ご家族についてお伺いします。ご両親と眞子さま、悠仁さまはそれぞれどのような性格で、佳子さまにとってはどのような存在ですか。普段お話しになっていることや、印象に残っている出来事など具体的なエピソードを交えてお聞かせください。祖父母としての両陛下についても併せてお聞かせください。

佳子さま 
家族それぞれの性格を一言で表すのは難しいので、私にとって印象に残っていることについてお話しさせていただきます。

 父は、自分にはない考え方や発想を持っていて、話していると考えさせられることがよくあります。幼い頃から質問をするとすぐに答えてくれ、さまざまなことを知っているという印象を持っております。家の中に出てきた虫を捕まえてくれるなど、頼りになる面もございます。

 母は、週刊誌などではさまざまな取り上げ方をされているようですが、娘の私から見ると、非常に優しく前向きで明るい人だと感じることが多くございます。幼い頃は手紙にスマイルの絵を描いてくれたことが、よく印象に残っております。

 姉は、何でも話すことのできる頼りになる存在です。姉と過ごす時間は非常に楽しいので、よく姉の部屋で過ごしております。今は海外にいるのであまり会うことができず、寂しく感じることもありますが、時々連絡を取っております。

 弟につきましては、私は幼い頃から弟か妹が欲しいと思っておりましたので、弟が生まれたときは非常にうれしかったことをよく覚えております。年は離れておりますが、けんかをしたり一緒に遊んだりしております。最近は姉が海外にいて、また、両親も仕事で家にいないことが多かったため、2人で折り紙をしたり本を読んだりして過ごす時間もございました。

 最後に祖父母としての両陛下についてですが、お若かった頃のご自身の経験などをよくお話ししてくださいます。日本をはじめ海外についての歴史や自然・文化などについてお話ししてくださることもあり、学ぶことが多いと感じております。

(問い4)来年4月から国際基督教大学(ICU)に進学されることになりました。新たな学びの場としてICUを選ばれた理由と、サークル活動などを含め学生生活への抱負をお聞かせください。学習院大学中退を決めた理由と、進路についてご両親、眞子さまとお話しになったことも併せてお聞かせください。

佳子さま 
国際基督教大学、ICUと呼ばせていただきますが、ICUを受験した理由は、ICUの教育が魅力的であると感じたからです。私は昨年の春に大学生になってから、公的な活動に参加させていただく機会が増えました。このような中で、英語でコミュニケーションを取れることや、幅広くさまざまなことを知っていることが大切であると感じるようになりました。このような点で、充実した英語教育や専攻を決めずに幅広く学ぶことのできるリベラルアーツ教育を実施しているICUで学びたいと考えるようになりました。

 ICUでの学生生活ですが、学業に励みながら楽しく充実した学生生活を送りたいと思っております。

 次は退学した理由でしたか。

記者 そうです。

佳子さま 
学習院大学を退学した理由ですが、私は幼稚園から高校まで学習院に通っており、限られた一つの環境しか経験できていないと感じることが多くございました。そのため、中学の頃から別の大学に行きたいと考えるようになり、受験いたしましたが不合格となったため、内部進学で学習院に進学いたしました。入学したからにはきちんと卒業すべきだという考えもございましたが、学生生活を送る中でやはり別の環境で学びたいという思いがあったことと、先ほどお話しいたしましたように、ICUで学びたいという思いがあり、退学いたしました。

 私が学習院を退学したことについてさまざまな臆測があると聞いておりますが、私個人の問題であって学習院大学が悪いということではございません。長い間お世話になった学習院の方々に深く感謝しております。

 進路につきましては、ある程度自分の中で考えてから、両親と姉に報告いたしました。3人とも賛成してくれ、「頑張るように」と言われました。

 この質問に関連して申し上げたいことがございます。私がICUに合格する前から、ICUを受験するという内容の報道がされていました。この報道を宮内庁が発表したものと勘違いされている方が多いようですが、宮内庁から私がICUを受験するという内容の発表はしておりません。合格するかどうか分からない中でこのような報道があったことでさまざまな誤解があったと思いますし、ICUの方々にもご迷惑をかけたのではないかと思い、申し訳なく思っております。

(問い5)ご両親は学生時代に出会い、結婚されました。ご自身のご結婚についてのお考えと、理想とする男性像についてお聞かせください。また、ご結婚で皇籍を離れる女性皇族の役割についての議論が続いています。こうしたことの受け止めも併せてお聞かせください。

佳子さま 
結婚につきましては、将来的にはしたいと思っておりますが、来年の春から、また再び大学生になりますし、現在は考えておりません。

 理想の男性像は、一緒にいて落ち着ける方がいいと思っております。

 結婚で皇籍を離れる女性皇族の役割について議論がされていることは聞いておりますが、先ほど結婚については考えていないとお話ししましたように、まだ私にとって実感として捉えることのできる段階のものではございません。

関連質問1 問い2でご自身のご性格について、ささいなことで口論になるような、導火線が短いということをおっしゃっておりましたけども、11月の秋篠宮さまのお誕生日の会見の時に佳子さまのことをお聞きしたところ、かつてかなり激しい口論とか応酬になったことがあるというふうにおっしゃっていまして、また一方、非常に参考になるですかね、的を射た指摘をしてくれることが多いともおっしゃっておりました。具体的な、こちらでご紹介いただけるようなエピソードがございましたら、ご紹介いただけますでしょうか。

佳子さま そうですね、結構日常的によく口論になってしまいますし、私がさまざまなことを指摘してしまうこともよくございますので、これといって具体的な例はございません。

記者 会話の中で何かちょっと秋篠宮さまが佳子さまから見ておかしいとか、何か変だなと思うことをちょっと指摘されるということがあるのでしょうか。

佳子さま 
そういうことです。

記者 ありがとうございます。

関連質問2 先ほどご趣味のお話の中で、体を動かすことがお好きだというような話で、今も続けていらっしゃるというようなお話があったんですけれども、これまで体を動かされたもの、やってこられたことと、今続けていらっしゃることとはそれぞれどういうものなのかというのを教えていただけますでしょうか。

佳子さま 
これまでは、高校の終わりまでフィギュアスケートを続けておりました。今では、これといって特にはございませんが、家の中で体を動かしたり、弟と家の中や外で遊んだりしております。

記者 悠仁さまとはどういう形で体を動かして遊ばれたりされているのでしょうか。

佳子さま 
鬼ごっことか、縄跳びとかです。

関連質問3 ちょっとお答えになりづらいことなのかもしれませんが、学習院の質問の中で限られた一つの環境だと感じることがあったということをおっしゃっていましたが、これはもうちょっとどういうことかお話しいただければありがたいのですが。

佳子さま 
私は幼稚園から高校までずっと学習院におりましたので。

記者 どういう時にそう感じる場面があったんでしょうか。

佳子さま 
そうですね。(と、少しお考えになる。)

 例えば、私と同じように幼稚園から大学までずっと学習院に通っている方もいらっしゃいますし、そうするとなかなか新しい方と出会う機会もありません。そういうことも含め、同じ学校にいると、やはり限られた環境だなと感じることがございます。

関連質問4 私は長く担当しているもので、ご一家のですね、お出掛けの際の取材などで、佳子さまがご両親の後ろに恥ずかしそうに隠れているというそんなお姿を見ていて、今の会見を拝見していて、そのお姿からちょっと想像つかないと言いますか、感動したのですけれども、皇族としてですね、ご自身が他の方とは違う、同じ学習院の環境の中におられて、ちょっと私は違う立場にいるんだ、ということをご自覚になったのはいつごろからでございましょうか。

佳子さま 
これといったきっかけはなかったように思いますが、小学生の頃からだったと思います。

記者 何年? 高学年?

佳子さま 
低学年だと思います。

写真

今年の4月、愛子さんの学習院中等科入学式の時の写真で、皇太子さんに異変を感じた。
愛子さんと雅子さんは、普通(平面)に見えるが、皇太子さんは立体的に浮かび上がるという感じ。

武蔵野陵と伊勢参拝などの写真を見た時は、何もなかったので入学式の時だけそう見えただけだろうと思った。

12月になって、また皇太子さんがおかしく見えた写真があった。
l141414.jpg
誰が見ても、すぐ分かると思うが、顔の半分が黒い。
生気のない顔。
人形というか、貼り絵っぽい。

皇太子さんは、数年後にあちらの世界へ帰ることになるだろう。
その時、皇室の御先祖である皇祖霊のお迎えはないと言われている。
お迎えがないのは、皇太子さんの行状に呆れ、お怒りになって見放されたから。

某オカルト掲示板によれば、この三人の中で、先にあちらへ帰るのは真ん中の愛子さんと言われている。
雅子さんが、長生きするそうだ。

この写真は、このことを表していると思う。

写真と言えば、”写真”は「真を写す」という意味があるそうだ。
その通り、東宮一家の写真は心霊写真が多く、気持ち悪くなったりする。
そのせいか、東宮一家の未来は明るくないと感じる。

反対に、秋篠宮ご一家は輝くオーラがある。
過去に、高級霊が映っていたという写真もあるらしい。

兄宮家族と弟宮家族と、対称的になったのは、それぞれの心の在り方が光と闇に分かれたからだろう。

闇は闇を呼び、暗い未来に行き着く。

光は光を呼び、明るい未来になる。

心の在り方は大事だね。

お休みなさい。

昨日の一般参賀

昨日、天皇誕生日の一般参賀で、ベランダに立った雅子さん。

1419357881039s.jpg
毎年、同じ紺色のドレスで出てくる。
ボタンが前にある為、スーツっぽく見えるが、ドレス。

1419356310247s.jpg
左側の雅子さんの服、遠目からだと黒っぽく見える。
数年前?に、海外の王室サイトで、喪服を着ているようだとコメントもあったようだ。

紀子さまや眞子さまは、パステルカラーなど明るい色のドレスなのに、雅子さんだけ暗い紺色。

喪服に間違えられる紺色のドレスを、毎年天皇誕生日に着続ける。
こういう事からも、雅子さんには、天皇陛下の誕生日を祝う気持ちなど無いというのが、よく分かる。

「しかいし」ということには頭は回るけど、皇族としてするべきことは頭が回らないみたいね。

26122300.jpg
雅子さんと皇太子さんをカットすると、見ていて清々しい。

拾い物をアップ。

2612231.jpg
秋篠宮殿下

2612232.jpg
紀子妃殿下

2612233.jpg
眞子内親王殿下

気品と、内からにじみ出る光が合わさって、素晴らしいご一家だと思う。

天皇誕生日

日差しが暖かく、穏やかな時間が流れているね。

そんな今日は、天長節(てんちょうせつ)=天皇誕生日。
今上陛下の誕生日を祝う日。

天皇陛下、81歳の誕生日おめでとうございます。
平成の御代が続きますように。

Meiji_Emperor.jpg
明治天皇
Emperor_Taishō
大正天皇
Emperor_syouwa.jpg
昭和天皇
Emperor.jpg
今上天皇
と続かれている。

次代は、
princeakisinomiya.jpg
秋篠宮殿下と

PN2012.jpg
悠仁親王殿下にと続く。

皇室の弥栄を祈念して、アップ。

皇后さまと佳子さまのこと

ベルギー王室ファビオラ王妃が亡くなられたニュースを見て、皇室からは誰が行くのだろうと思った。
皇后さまが行くことになって良かったと思うが、1泊3日の日程はハードでお体のことが心配。

読売新聞より
皇后さま、単独でベルギー元国王妃葬儀に参列へ
2014年12月09日 15時36分
 皇后さまが、今月5日に86歳で死去したベルギーのファビオラ元国王妃の葬儀に参列するため、同国を訪問されることが、9日の閣議で了解された。
 11~13日の日程。皇后さまが単独で外国の葬儀に参列されるのは初めてで、外国への単独訪問は2002年のスイス以来となる。
 宮内庁によると、ファビオラ元国王妃は1993年に死去した元国王のボードワン1世の妻で、天皇、皇后両陛下は半世紀以上にわたって互いの国を7回ずつ訪問するなど、親交を重ねられてきた。
 93年8月のボードワン1世の葬儀には両陛下で参列された。天皇が外国の葬儀に参列するのは、この時が初めてで、今回も皇室とベルギー王室の関係の深さなどを考慮し、皇后さま単独の参列が決まった。

佳子さまのティアラ、仕上がって納入済だそうだ。
ミキモトが作るティアラはどんな風なのだろうか?

日テレニュース[ 12/9 10:36 NEWS24]より
今月29日に二十歳となられる秋篠宮ご夫妻の二女、佳子さまに宝冠大綬章が授与されることが9日朝の閣議で決まった。宝冠大綬章は女性皇族におくられる最も位の高い勲章で、姉の眞子さまも成人した時に授与されている。  佳子さまは二十歳となられる今月29日、宮中三殿に参拝後、宮殿で、天皇陛下から宝冠大綬章を授与される。その後、佳子さまはティアラと勲章をつけた正装のローブデコルテ姿を初めて披露されることになる。  佳子さまが着用されるティアラは初の公募で選ばれ、宝飾品販売大手「ミキモト」が、ティアラを含む宝飾品5点を2793万円で契約し、すでに納品している。

宝冠大綬章については、産経ニュースが詳しく載せている。

佳子さまに宝冠大綬章を授与へ
2014.12.9 11:27
 今月29日に20歳の誕生日を迎えられる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまに宝冠大綬章が授与されることが9日の閣議で決まった。
 宝冠大綬章は、女性皇族のうち皇后や皇太子妃、親王妃のほか、佳子さまのように天皇直系の二親等以内にあたる「内親王」が成人した際に与えられる最上級の勲章。中央に古代の女帝の冠を模した王冠が描かれ、その周りに真珠や竹枝、桜が施されている。
 佳子さまは誕生日当日の29日午前、皇居・宮殿で、天皇陛下から勲章を授けられ、午後には正礼装のローブデコルテに勲章を身に着け、天皇、皇后両陛下に宮殿であいさつされる。来年1月2日には、新年の一般参賀に初めて参加されることも決まっている。



29日と来年の1月2日が楽しみ。

51歳の雅子さん

前から、誕生日の写真は毎年カーディガン姿だから今年も同じだと予想していた。
今朝、雅子さん51歳誕生日のニュース見て、やっぱりという感じ。

一応、ニュース記事を拾ってきた。

写真は、産経ニュースより。
lif1412090004-p1.jpg
皇太子妃雅子さま=平成26年11月30日、東宮御所「お談話室」(宮内庁提供)

毎年の誕生日写真に出る防音壁のある部屋が、「談話室」ということにビックリ。
防音壁のある部屋=音楽室のイメージだったもので。

雅子さんの服装って、毎年カーディガン姿にズボンというのは変わらない。
何かこだわりでもあるの?
今年は、シャネルのスカーフもつけているね。

公式の写真なのに、カーディガン姿にズボンという皇太子妃ってラフすぎない?
皇族ならフォーマルスーツといった出で立ちで、きちんと見せて欲しい。
雅子さんは皇族じゃないから、フォーマルスーツも面倒くさいわーって、カーディガン姿とズボンで公式の写真に納まるんだね。
皇族が、ブランド品を身につけるのもどうかな。
私は、海外の王族やセレブじゃないんだからブランド品を身につけるのは良くないと思う。


読売新聞より
2014年12月09日 05時00分
雅子さま、51歳…宮中晩餐会出席に喜びつづる
 皇太子妃雅子さまは9日、51歳の誕生日を迎え、宮内庁を通じて文書で感想を公表された。
 10月にオランダ国王夫妻が国賓として来日した際、歓迎の宮中晩餐会(ばんさんかい)に11年ぶりに出席した雅子さまは、「(国王夫妻を)お迎えする機会に恵まれましたことを嬉(うれ)しく、ありがたく思っております」と喜びをつづられた。
 学習院女子中等科に今春進学された長女愛子さま(13)と一緒に7月に伊勢神宮(三重県)を参拝し、8月には東京都内の会場で全国高校総合体育大会の競技を観戦したことを振り返り、「学校生活の内外で、これから様々な経験を積んでいってほしい」と、愛子さまの成長に期待を寄せられた。
 療養に入り今月で11年となる自身の体調については、「公私にわたってできる限りの務めを果たそうと努力をしてまいりました」と記し、「今後とも、快復(かいふく)に向けての努力を続けていきたい」との思いをつづられた。
 治療にあたる東宮職医師団は「快復は着実に進んでいるものの、体調にはなお波があり、まだ快復の途上」と、これまでと同様の見解を公表した。宮内庁によると、この1年、外国賓客との面会など雅子さまの東宮御所での活動は、前年より3件少ない30件だった。



読売新聞で、雅子さんの誕生日感想、東宮医師団の見解を全部読んだ。

10月にオランダ国王夫妻が国賓として来日。
「(国王夫妻を)お迎えする機会に恵まれましたことを嬉(うれ)しく、ありがたく思っております」

→なぜ、オランダ国王夫妻の時だけ、「嬉しく、ありがたく思っております」なの?
宮内庁の国賓・公賓を見ると、今年だけで15件。
オランダ国王夫妻と親しいアピール?
ちょっとでも他の国賓・公賓に会わず、オランダ国王夫妻には会うってことね。
皇太子妃という地位にある人が、えり好みしていいわけがない。
他の国賓・公賓に失礼だよね。

療養に入り今月で11年となる自身の体調については、「公私にわたってできる限りの務めを果たそうと努力をしてまいりました」と記し、「今後とも、快復(かいふく)に向けての努力を続けていきたい」との思いをつづられた。
→本当に病気だとしても、治す気あるの?ないでしょ。
11年も治らないし、治す気がないように見えるので、雅子さんは皇室を出て行くべきだ。

東宮医師団の見解
2014年  快復は着実に進んでいるものの、体調にはなお波があり、まだ快復の途上←new!!
2013年 まだ快復の途上  ←オランダ新国王即位式に出席した年
2012年 引き続き治療が継続
2011年 着実に快復してきた
2010年 引き続き着実に快復してきている
2009年 着実に快復に向かっている
2008年 着実に快復してきている
2007年 回復が早くなってきている
2006年 徐々に快復に向かっている   ←オランダ私的旅行をした年
2005年 着実に回復している
2004年 回復傾向にある


11年も治らないなんて、東宮医師団はヤブ医者か
東宮職は、きちんと東宮医師団に会見を開かせたり、又は診断書を公表して欲しい。
なぜ11年も治療しているのに、まだ快復の途上とはどういう状態かを質問したい。

写真では、どこも悪くなく元気そうに見えるんだけど、動画を見たら、雅子さんの目がイッてて怖い。

早く、雅子さんの誕生日ニュースを見ることが無い日が来て欲しい。

13歳の愛子さん

愛子さん、13歳の誕生日。

今年の愛子さんについての報道をまとめてみる。


6月17日 欠席(2014.11.03のポストセブンより)
18日 欠席女性(セブン2014年7月17日)
19日 欠席(女性セブン2014年7月17日)
20日 午後からの登校(女性セブン2014年7月17日)
27日 午後からの登校(女性セブン2014年7月17日)
23日 欠席(2014.07.08のポストセブンより)
6月中旬から「不規則登校」がしばしば見られるようになった。

*中間テストを欠席(女性セブン2014年10月16日号)
*期末試験や終業式を欠席(女性セブン2014年10月16日号)

9月24日 午後12時40分頃登校(女性セブン2014年10月16日号)
26日 一日の授業が終わる直前の午後2時過ぎ登校(女性セブン2014年10月16日号)
27日 学習院女子中等科・高等科の合同運動会 (女性セブン2014年10月16日号)

*9月末 午後2時過ぎに登校

10月15日 欠席←二学期の中間テスト期間(2014.10.31のポストセブンより)
24日 欠席(2014.10.31のポストセブンより)
26日 夜8時~午後10時過ぎ 日本橋高島屋で開かれた天皇・皇后両陛下の傘寿記念の展覧会を一家で鑑賞(週刊ポスト11月14日号より)
27日 午後1時頃登校(2014.10.31のポストセブンより)

「この日、愛子さまが登校されたのは午後1時頃です。大幅に遅刻されているのに、急ぐそぶりもなく、足取りも重く、夏服にマスク姿でのご登校でした」

11月2日 午前9時50分過ぎに登校
「11月2、3日、学習院女子中・高等科(東京・新宿区)でも文化祭・八重桜祭が行われた。
初日の2日、愛子さま(12才)が登校されたのは午前9時50分過ぎ。他の生徒たちは通常通り8時20分までに登校しているため、“不規則登校”が伝えられる愛子さまは、この日も遅刻された。」(2014.11.06のポストセブンより)

11月24日 誕生日の撮影。
25日(火) 遅刻11時30分登校
26日(水) 遅刻14時30分登校
27,28日 8時25?分登校 遅刻なし
30日 9時45分に10時開始の初等科文化祭へ行った (発売中の女性セブン)

12月1日 欠席 (発売中の女性セブン)




母親譲りの遅刻とお休みグセがついたようで、「不規則登校」。

あれー、偏差値72で「ご優秀」の愛子さまが、「不規則登校」
「ご優秀」なら、学校へしっかり通われるはず。おかしいなーおかしいなー。

これって、普通なら、親呼び出して指導。
それでも直らない場合は、停学で、最終的に退学勧告だよね。
愛子さんは、そういうの全くないの?
もし、高等科に上がる時、内申書に書かれるし、そういうのも気にしないの?
大学進学だって、そうだよ。

登校したらしたで、午後2時って・・・。
午後2時からの登校って意味あるの?ないでしょ。

もっと驚いたのは、愛子さんの誕生日である12月1日は欠席だったということ。
誕生日ニュースでは、午後5時以降に誕生日の挨拶で参内した動画が流れた。
時間帯からして、学校へ登校されたから挨拶が夕方になると思うよねー。

愛子さんは内親王で、誕生日も報道される立場にある。
学校を欠席した当日、愛子さんが笑顔で参内するニュースを見た同級生たちは「あれ?今日お休みだったのに」って疑問や不満を抱くわ。

学習院へどんな風に欠席の連絡を入れたのかな?
「愛子さまですが、今日は誕生日なので挨拶の為参内されますので、体調を整えられる為お休みします」とか?

愛子さんにとって学校はどんな所なんだろうね?
学び舎であることを理解していないと思う。

両親や周りによって、障害をCOせず、優秀伝説を仕立てあげられる愛子さんも可哀想だけど、もっと可哀想なのは同級生や学習院に通われる子達だと思う。

今春から男性SPから女性SPに変わっただけの取り巻き登校。
それだけでも目立つのに、「不規則登校」でもっと目立っているらしい。
加えて、テストや課題は家に持ち帰り、運動会や吹奏楽の練習に余り出なくても本番はいいポジションでいいとこ取り。

真面目に通われている子達に反感買うの当たり前。
だから、こういうのが出てもおかしくない。
スクープ激震学習院!「愛子さまをなぜ叱らない」上級生が団結の抗議
   ◆ 愛子内親王、学習院女子中等科、宮内庁、天皇、美智子皇后

女性セブン(2014/12/18), 頁:21

皇太子夫妻、どう出てくるのか?
「私たちは普通の子と同じように育てたいのに、学習院が特別扱いしたからですー!」って初等科のいじめ会見みたいなことをして、オランダへ行こうとするのかな?

優秀伝説をぶち上げたばかりに、大きなブーメランとなって返ってきている気がしてならない。

 | HOME |