季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋篠宮殿下、49歳の誕生日おめでとうございます!

日付が変わる前に書けてよかった!

秋篠宮殿下、49歳の誕生日おめでとうございます!
lifp2.jpg
イギリスに留学中の眞子さまがいないのは寂しいが、年末に帰国なさるそうだ。
来年の一般参賀でお姿を見せて下さるのが楽しみだ。

lifp6.jpg
松ぼっくりが大きくてビックリした。
毎日新聞の説明では、この松ぼっくりは外国で採取したとあるから持ち帰られたのですね。

松ぼっくりをクグってみると、面白い。

毎年思うけれど、会見内容を見て、記者の質問に自分の言葉でお答えになるところが素晴らしい。
特に、昭和天皇とヒオウギアヤメの話はとても良かった。

皇族としての会見や写真を見せて下さって嬉しい。
当たり前のことだけど、公式会見なのに公式会見らしくない姿を見せる皇太子一家がいるので(汗)

生きている間に、11月30日が天皇誕生日となったら良いと思う。

できれば悠仁さまが即位されるところも見たい。

では、お休みなさい。
スポンサーサイト

仏像盗難について

また、韓国人による仏像盗難事件が発生したが、無事取り返せて良かった。

<仏像盗>対馬で逮捕の韓国人5人に 経典300冊以上押収
毎日新聞 11月25日(火)21時38分配信
長崎県警対馬南署は25日までに、長崎県対馬市の寺から仏像を盗んだとして、窃盗の疑いで、自称住職、金相鎬(キム・サンホ)容疑者(70)ら韓国人の男5人を逮捕した。うち3人は容疑を否認しているという。県警は男らから300冊以上の経典「大般若経」を押収しており、仏像と一緒に盗んだ疑いで捜査している。
 逮捕容疑は24日午前10時~午後1時50分ごろ、対馬市美津島町の寺から市指定の有形文化財「誕生仏」(高さ約10.6センチ)を盗んだとしている。
 対馬南署によると、24日午後2時ごろ、寺の住職が仏像がないのに気付き同署に通報。午後4時ごろ、署員が対馬市南部の厳原港で、韓国に出国しようとしていた男4人に職務質問し、所持品から仏像を見つけたため4人を24日に逮捕。もう1人も一緒に行動しており、事情を聴いていたが、25日になって逮捕した。
市によると、寺は梅林寺で、仏像と一緒に保管庫にあった市指定有形文化財の大般若経もなくなっている。仏像は9世紀の新羅時代のもので、経典は14世紀ごろのものとみられる。
対馬市では2012年にも神社などから国指定重要文化財「銅造如来立像」と県指定有形文化財の仏像が盗まれ、韓国に持ち込まれた。【大場伸也、竹内麻子】



韓国ネットユーザーの反応は、「植民地時代に日本が奪った」「取り返せ」の書き込みが多いらしい。
そして、韓国人による仏像盗難擁護は、このパターン。

そもそも、植民地時代は存在していないし奪ってもいない。
奪われたと言うなのなら、それまでこの仏像や経典はどこの寺にあったか資料を出せっ。
もちろん、資料はちゃんと残ってるよね

日本は、資料もちゃんと残っているので資料を出せと言われたら出すことができるけどね。
それほど、歴史や文化、宗教を大事にしているという表れでもあると思う。

仏教も、盗みを禁じているんだったっけ。
盗んだ韓国人の自称住職だけど、盗みを働いていいの?
盗む所が、日本限定ならOKってこと?

分かってるけど、やっぱり言いたい。
頭おかしいんじゃないの。

仏像が心配。
仏像としては、今まで置かれていた環境から盗まれることは嫌だと思う。
長年、崇められ、大切に拝まれていたのが無くなると、どうなるか。
大切にされなくなったら、どうなると思う?

神仏への扱いは厳しいよ。

盗まれた仏像の罰が当たっても知らない、知らない。


しかし、仏像=金になると思うところが、準皇族と自称するあのowada家を思い出させるのは何故?

メンタリティーが似てるし、日本人とは思えない行動をしているし。
日本人としては珍しい、三代も遡れない家系。

やっぱり、アチラの家としか思えない。

owada家の父は、色んな反日系の力を得て、娘を宮中に押し込み、栄華を極めたつもりらしい。
そして、義理の息子が皇太子=義父だから、天皇と同等と思い込んだ挙句、到底返せない借金を抱える破目になった。

とっくに引退する年を超えても裁判官の地位にしがみつき、娘と同じカスタネット仕事。
オランダにずーっといると思われがちだが、実際は日本とオランダを頻繁に飛行機で行き来してるそうな。
今は、入院する病院を探してるっぽい話をネットで見た。

owada父、危ないのかな?

夢がまことの夢になる日がきますように

先週の21日、22日と2日続けて見た夢のことを書く。
つたない文章だが、私が見た夢のことをありのままに書いた。

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
テレビの画面には、天皇誕生日や正月の一般参賀でよく見る長和殿のテラスが映っていた。
まず、天皇皇后両陛下がお出ましになられた。
そのあとに皇太子殿下と皇太子妃殿下が続いて出てこられた。
(私から見て)左側に皇太子夫妻が並んだ時、
なんで、あの男が!あの女が!と強い衝撃が走った。
同時に、お腹を殴られたような痛みで目が覚めた。

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
リアルな夢で、起きてすぐメモしたが今も覚えている。

これから、夢を読み解こうと思う。

夢の皇太子夫妻は、今の皇太子さんと雅子さんではない。

見て衝撃を受けた私は誰か?
夢の皇太子夫妻を知っている人で、呼び捨てにできる関係?

驚いていることから、夢の皇太子夫妻がその位(くらい)に就かれるとは思っていなかった?

色々考えていると、カレンダーに目がいった。
新嘗祭の前々日と前日に夢を見ていたことに気づいた。

ということは、この夢は・・・皇族の中で、皇太子さんと雅子さんの立場が変わるということを示しているのか。
そして、新しい皇太子殿下と皇太子妃殿下がお立ちになるということ。

この夢が、正夢であって欲しいと強く思った。


日本一のいい夫婦

今日は11月22日。
そう、「いい夫婦の日」でもある。

日本一のいい夫婦と言ったら、天皇皇后両陛下と秋篠宮両殿下だよね。
1ENPERA.jpg

af720cdc.jpg
今年の10月、秋篠宮両殿下がメキシコを訪問された時の写真の一つ。

見ていて清々しい。
二人の間に「信頼」の絆がしっかり結ばれていると感じる。
いつも仲睦まじい写真を見れて嬉しい。

え?皇太子さんと雅子さんはいい夫婦どころか最悪な夫婦だから関係なし。

今日は、お清めとしても貼る。

松 の 間

興奮が冷めた後、文章を読んでみたらおかしいところがあることに気づいた。

週刊文春2013年7月11日号 ザ・プリンセス雅子妃物語 第45回 涙が止まらない
ザ・プリンセス雅子妃物語 第45回記事
雅子妃のご病気の一因とも言えるある出来事が起こったのだ。
十月十五日、国賓として来日したメキシコのフォックス大統領夫妻を迎えての宮中晩餐会でのことだった。
メキシコ大統領夫妻は皇居・宮殿に到着した。正殿「松の間」で主催の両陛下から皇族方を順番に紹介されるのが儀礼となっていた。


宮内庁の抗議文では、
宮中晩餐御出席のために宮殿南車寄に到着された国賓御夫妻をお出迎えになった両陛下は,国賓とご一緒に松風の間に入られます。

ん?部屋の名前が違う・・・。

友納のいう
正殿「松の間」とは?

正殿 松の間
宮殿内で最も格式の高い部屋。
新年祝賀の儀、信任状捧呈式、親任式、認証官任命式、勲章親授式、講書始の儀、歌会始の儀等の主要な通年の儀式に使用される他、朝見の儀、即位礼正殿の儀などの皇室の重要儀式でも使用される。


宮内庁の抗議文の
松風の間とは?

長和殿 松風の間
春秋の間に隣接した広間で、参殿者の休所その他に使用される。



皇居の構内図は宮内庁HPより
zu1.jpg

つまり、抗議文は
陛下は、紹介をすっ飛ばしてませんよ。
そもそも、その前に部屋の名前も間違ってますよー!
ということで、詳しく書いたということか。

宮内庁GJ!
メキシコ大統領晩さん会なんで秋篠宮殿下に聞いたかというと。
中立な立場の第三者による客観的な証言を求めて、秋篠宮殿下に聞いた。
もう一つは、雅子さんの隣が秋篠宮殿下という立ち位置だったから。

皇太子さん?
雅子さんの言いなりになっている皇太子だから、聞いても意味がない。
聞いてみても、きっと「雅子さんは紹介をすっ飛ばされました~」と答えると思うし。

さらに、墓穴掘ったな。
友納、雅子さんどうするかの?

11年前のことだから間違えたのよ!では済まされないので。

流れをまとめただけ

宮内庁の抗議文を元にまとめてみた。
構内図と合わせて一緒にご覧下さい。

宮中晩餐御出席のために宮殿南車寄に到着された国賓御夫妻をお出迎えになった両陛下は,国賓とご一緒に松風の間に入られます。

間内では,皇太子同妃両殿下始め皇族方が,御身位の順に列立してお待ちになっておられ,天皇陛下は皇太子殿下から順番にお一人ずつ国賓御夫妻に御紹介になり,すぐその後に続き皇后陛下が同様にして国賓夫人に次々と皇族方を御紹介になります。
そして御紹介が完了すると飲み物が供され,国賓御夫妻と皇族方の御懇談が始まります。このようにして進められる国賓御夫妻と皇族方のお出会いは,通例15分程度で終了し,

次いで両陛下と国賓御夫妻お四方が松風の間を出,その日の晩餐会の招待者一人一人から挨拶をお受けになるレシービング・ラインに立たれるため,石橋の間に向かわれます。

この石橋の間での行事の完了後,両陛下は国賓御夫妻とご一緒に,そして皇族方がその後を進まれ,晩餐が供される豊明殿にお入りになります。

zu11.jpg

毎回こういう流れで進行するのか。

もし皇太子さんと雅子さんが即位・立后したとしてもこのような進行はできるまい。

最終段階に入った?



雅子さま<復活の笑顔>-「晩餐会」直前に掛けた一本の電話
   ◆ ジャーナリスト・友納尚子/雅子妃、宮中晩餐会、皇太子
週刊文春(2014/11/13), 頁:36
の中から抜粋。

2003年10月のメキシコ大統領を迎えた宮中晩餐会で雅子がどれだけ傷ついたかをまたしつこくしつこく蒸し返し。
自分が紹介されなくて大変なショックを受け歓談もままならず、フランス料理の食事も何を食べたのか記憶に残らないほど
頭が真っ白になってしまった(ほぼ原文)


2004年10月のメキシコ大統領を迎えた宮中晩餐会のことが詳しく、ザ・プリンセス雅子妃物語に載っている。

週刊文春2013年7月11日号 ザ・プリンセス雅子妃物語 第45回 涙が止まらない
ザ・プリンセス雅子妃物語 第45回記事
雅子妃のご病気の一因とも言えるある出来事が起こったのだ。
十月十五日、国賓として来日したメキシコのフォックス大統領夫妻を迎えての宮中晩餐会でのことだった。
メキシコ大統領夫妻は皇居・宮殿に到着した。正殿「松の間」で主催の両陛下から皇族方を順番に紹介されるのが儀礼となっていた。
「フォックス大統領は、まず燕尾服姿の皇太子を紹介されて、次はイブニングドレス姿の雅子妃の番でした。フォックス大統領が雅子妃に向かって手を差し出したのですが、
隣の秋篠宮殿下が紹介されたため、一瞬大統領の手が宙で迷われ、おかしな雰囲気でした。雅子妃は明らかに引きつった様なご表情でした。その後に運ばれてきたジュースにも口をつけておられませんでした」(元東宮職)
この事実は、一部の外務省職員と宮内庁職員も知っていたが、公になることはなかった。


雅子さま<復活の笑顔>-「晩餐会」直前に掛けた一本の電話
   ◆ ジャーナリスト・友納尚子/雅子妃、宮中晩餐会、皇太子
週刊文春(2014/11/13), 頁:36

に対して、宮内庁が抗議文を出したそうだ。

◆「週刊文春」(平成26年11月13日号)の記事について
平成26年11月13日

「週刊文春11月13日号」に掲載された「雅子さま“復活の笑顔”「晩餐会」直前に掛けた一本の電話」と題する友納尚子氏の記事についての事実関係及び宮内庁としての対応は下記の通りです。



同記事は,「十一年前の「衝撃的な出来事」」との小見出しの下に,2003年10月,メキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で,大統領に対する天皇陛下の皇族御紹介が,「雅子妃を飛ばして,秋篠宮殿下に移ってしまった」ことから,「雅子妃が妃殿下としての自己の存在について,決定的に自信を喪失した」との趣旨のことを記しています。

しかしながら,以下に記すように,これまで踏襲されてきた皇族方の国賓に対する御紹介の段取りからして,「皇太子妃殿下を飛ばして」というようなことは到底起こり得ないことです。

宮中晩餐御出席のために宮殿南車寄に到着された国賓御夫妻をお出迎えになった両陛下は,国賓とご一緒に松風の間に入られます。間内では,皇太子同妃両殿下始め皇族方が,御身位の順に列立してお待ちになっておられ,天皇陛下は皇太子殿下から順番にお一人ずつ国賓御夫妻に御紹介になり,すぐその後に続き皇后陛下が同様にして国賓夫人に次々と皇族方を御紹介になります。そして御紹介が完了すると飲み物が供され,国賓御夫妻と皇族方の御懇談が始まります。このようにして進められる国賓御夫妻と皇族方のお出会いは,通例15分程度で終了し,次いで両陛下と国賓御夫妻お四方が松風の間を出,その日の晩餐会の招待者一人一人から挨拶をお受けになるレシービング・ラインに立たれるため,石橋の間に向かわれます。この石橋の間での行事の完了後,両陛下は国賓御夫妻とご一緒に,そして皇族方がその後を進まれ,晩餐が供される豊明殿にお入りになります。

以上のように,国賓御夫妻への皇族方の御紹介及びそれに続く行事は,毎回全く同じ段取りで取り進められており,その第一段階で,秋篠宮殿下以下全員の皇族が見守られる中で,天皇陛下が,皇太子妃殿下を賓客に御紹介になることなく,秋篠宮殿下を御紹介になるというようなことは到底起こり得ません。念の為2003年10月にメキシコ大統領を国賓としてお迎えした際の宮中晩餐での御紹介の状況につき,当時皇太子妃殿下の次に控えておられた秋篠宮殿下に伺ったところ,自分(殿下)は,行事などの際に,何か手順通りに進められなかった場合は,直ちに気が付く方だし,また,再発を防ぐためにもかなりの長きにわたりそれを記憶しているつもりだが,これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う。また,万一にも自分が先に紹介されそうになったら,自分は必ずその場で陛下に申し上げ,皇太子妃殿下の紹介が先になるように取り計らったと思うとの御返事を頂きました。

国賓を迎えるという晴れの席で,天皇陛下がそのようなことをなさるという事実に反することが手記として掲載されたことは,陛下に対する礼を失する誠に遺憾なことであり,本日付で週刊文春編集長及び友納尚子氏に速やかに訂正することを要求しました。




説明が具体的で、分かりやすい文章。

これは、千代田(陛下側)だ。
今までの東宮職による抗議文と違う文章力の高さ。

今まで泳がせて証拠掴んで、一気に反撃か。

何かが動くと言われている11月は、この事か?!
分からないけれど、今回の抗議文は何かを予感してるようでちょっとワクワク。

友納、雅子さんどうする?

雅子さんの枕詞

雅子さんが出るたび、使いまわされる枕詞一覧。
(後でまた追加するかも)

「○年ぶりに~」
「ご体調を整え」
「○○に雅子さまも出席」


例えば、毎年開かれているお茶会に、出席して当たり前。
宮中晩さん会があれば、出席して当たり前。

なのに、体調がーアタクシ病気なんですのと逃げ続け、出ない雅子さんが出るだけで、
「○年ぶりに~雅子さまも出席」って報道するの?

逆でしょ?メインはお茶会や宮中晩さん会であって、雅子さんはメインじゃない。

あれだけ、「11年ぶりにご体調を整えられた雅子さまが宮中晩さん会に出席~」と報じたものの、園遊会は休み。

園遊会「22年も連続欠席」なのに。

晩さん会に集中して体調を整えたっていうなら、園遊会もできるはずだよね?

つまり、どの公務もやる気になれば出られるってことだよね?

「体調の波で~」は、雅子さんが嫌なことから逃げる都合のいい言い訳。
嫌なことから逃げ続ける雅子さんを、持ち上げるマスコミが分からん。

こりゃダメだ。

公務している皇太子さんと雅子さんを見るたび、「公務とは受け身だ」とおっしゃった秋篠宮殿下の言葉が年々重く感じる。

殺到する公務の依頼にできるだけ答えようと日本津々浦々を巡っていらっしゃる秋篠宮両殿下。

だからこそ、自然と国民の心が秋篠宮ご一家に向いていくんだよ。

公務先にお土産を請求し、天皇陛下でもなさらない大きな交通規制を敷き、台本ありの公務ロケを周りに強いる東宮夫妻に誰が次代はこの方だと頼もしく思えるだろうか。
誰が敬愛するだろうか。

一昨日の園遊会の秋篠宮殿下
enyukai14.jpg
厳しい顔をされている秋篠宮殿下の顔が、どことなく先帝陛下を思い出させる。
そう思うのは、私だけだろうか。

ティアラの真偽に対する答え

『ティアラの真偽』について書いた後、某掲示板にこんなのがあった。


レプリカのレプリカ
レプリカは売り払った

レプリカのレプリカは職人は関わってない
だから輝かなくて当然
中の方々には周知の事実


この書き込みと『ティアラの真偽』に書いたことを合わせてみると。

A:「皇太子妃の証、やがて皇后になる者の証」として相応しくないので、宮内庁から第二ティアラを渡される。
       +
B:第二ティアラのレプリカ。


答え
「皇太子妃の証、やがて皇后になる者の証」として相応しくないので、宮内庁から第二ティアラを渡される。
ただし、第二ティアラは元からレプリカだった。


雅子さんや小和田側は、第二ティアラのレプリカを売り払った。
さらに第二ティアラのレプリカのレプリカを作った。
レプリカのレプリカを作る時点で、宝石職人は関わっていないからあのように輝かないティアラになったと。

なるほど、納得できる答えが出た。

やっぱり、皇室は知っていた。
雅子さんの第二ティアラは、レプリカのレプリカだと暗黙の了解ということと、
もう、宮中では「雅子さんは皇太子妃ではない」と認定されているということだ。

となると、しかるべき時に向けて動くだけ。

雅子さん的には成功だと思ってるみたいだけど、実際はでかい自爆だった。
典子さんの食事会では、国内に雅子さんのキ●ガイぶりを披露したし。

今回の晩さん会では、内外に雅子さんのキ●ガイぶりを、輝かない第二ティアラのレプリカのレプリカを着用して出てきて「皇太子妃ではあらず」を自ら見せつけたようなもの。

こうやって自爆が誘爆をさそい、大きな自爆がくる。

大きな自爆を待つしかないのは、凶悪なシロアリがたかり、スッポンのようにしがみついているから。
次代の為にも、国民が、誰から見ても納得できる形で廃妃しなければならない。

シロアリの大親分グループがこの世から消えるまであと少し。
後は頭脳プレーンがいないシロアリたちは一気に沈みかけた船から逃げ出さんばかりに散るだろうから。


後、数年ってとこ?

ティアラの真偽

「第一ティアラ」
111.jpg

「第二ティアラ」
Bm2.jpg

「第一ティアラ」「第二ティアラ」についての基本的なポイント。

○「第一ティアラ」・「第二ティアラ」は、”皇太子妃”が着用するティアラ
かつては、皇太子妃だった皇后陛下がつけていらしたこともある。

○ティアラは、皇后陛下から受け継いだのではなく、「貸与された国の財産」であること。
個人のものではない。

「第一ティアラ」について
●1993年、皇太子さんとの結婚の時から2003年1月1日祝賀会まで、「第一ティアラ」の存在は確認されている。
m1.jpg

2003年からの雅子さんについてのメモ
・2003年は、精神的ストレスが高まり、「帯状疱疹」により入院するほどになっていた。
・2004年5月10日、皇太子さん、欧州訪問の記者会見の席で「人格否定」発言
・同年7月30日、「適応障害」と発表。
・9月24日、一部メディアが愛子さんを自閉症と報じたことへの反論に、2歳の愛子さんの最近の映像と写真を公表。
・2006年8月17~31日、東宮一家でオランダ静養。


「第二ティアラ」について
●2007年の祝賀会の時から着用されているのを確認。
●2007年~2014年10月29日までは、祝賀会に向かう車内のティアラを着用した雅子さんを写しただけ。
●2014年10月29日、オランダ新国王夫妻を招いた晩さん会出席により、「第二ティアラ」を写真や動画でハッキリ確認できた。

*2006年9月6日、秋篠宮家第3子となる親王殿下ご誕生。(悠仁さまご誕生)


以上のことを踏まえて、考えてみた。

①「第一ティアラ」

A:「皇太子妃の証、やがて皇后になる者の証」であるティアラを重荷に感じて、宮内庁に返納した

B:ティアラ=金(カネ)として見なし、ティアラからダイヤモンドを取って又はティアラその物を売った。

第一、雅子さんに殊勝な気持ちはない。
あったら、離婚して出ていくか、静かに静養してるよね。

もし、Aとしても、立后する気満々の雅子さんが「皇太子妃の証、やがて皇后になる者の証」であるティアラを返納するわけがないと思う。

やはり、噂されているBか?

②「第二ティアラ」

A:「皇太子妃の証、やがて皇后になる者の証」として相応しくないので、宮内庁から第二ティアラを渡される。

B:第二ティアラのレプリカ
第一ティアラを売られた為、本物の第二ティアラも売られると危険なので、宮内庁からレプリカを渡される。
実は、ティアラを作る時、レプリカも作ってあった。
(この事を雅子さんは知らないとして考える。)

C:第一ティアラは売ったのだが、紛失したと偽ったことにした。
第一ティアラを売り、第二ティアラも売った。
第一ティアラの時は後を考えずに売った為、コッソリと某国でレプリカを作る。
そっくりに作ったのだが、真珠→ニセ真珠、
ダイヤモンド→ジルコンとお粗末なティアラに仕上がった。

D:「皇太子さんが即位した場合は、立后なし。夫人という称号」の条件を受け入れた結果の第二ティアラ。
皇太子さんが即位すれば、そんな条件は無かったことにできるということで、第二ティアラも売り、コッソリと某国でレプリカを作る。
→Cと同じくお粗末なティアラに。

「皇太子妃の証、やがて皇后になる者の証」として相応しくないということなら、ティアラは着用しなくてよろしいと、
Aは、ない。

Bは、レプリカといえども、しっかりした作りで素人の目にもイミテーションとは気づかないティアラになっていると思うのでその可能性はない。

CDが可能性ありそう。

雅子さん及び小和田家についてこんなエピソードがある。
・雅子さんが皇室に上がった頃、室内の調度品をあれこれ見てユミコ(雅子さんの母)さんが、「これはお金にするといくらなのー?」と聞きまくっていたとか。

・小和田家には一生かかっても返しきれない借金がある。

・金に困っている小和田が「私は今上天皇と同じ地位」だから東宮御所にある物を売ってもかまわないンダ!


雅子さんや小和田家の場合は、本当に『火のないところに煙は立たぬ』
その証拠に、本人たちが自爆中。

・2008年10月30日、皇室の品物がヤフーオークションに流れた「ヤフオク流出事件」が発覚した。

ティアラの話に戻る。
ティアラはバラして売らない限り、その道に詳しい方の目に留まり、足がつくよね?

仮にバラして売ると言っても、ティアラはダイヤモンドあってのティアラorティアラあってのダイヤモンドで、付加価値のある物。
ティアラその物が高価。
バラして売る→ティアラその物を売った値段より下がるけど、高価。

皆はどう思います?

真偽は半々だが、「第一ティアラ」の行方について、某掲示板にて
「しかるべき方につけて頂く為、陛下が密かに買い戻された」
という書き込みがあったのを見た。

もし、売られたのなら、さもありなん。
そして、「国の財産」と「個人所有」の区別もつかぬ人を皇室に入れてしまったことを深く悔やむ。

雅子さんが、晩さん会に出席したことにより、ティアラの真偽が問われることになった。
同時に、雅子さんについて疑問を持つ人も多少増えたのではないかと思う。

*参考になるサイト
雅子さまワクワク☆静養カレンダー
【皇室】雅子様の「第一ティアラ」紛失事件まとめ 一体どこへ消えてしまった?
皇室ゆかりの品ヤフオク大量流出事件2008
ドス子の事件簿

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。